利用者 58 万人突破!

(2022年9月28日更新)

閉じる

GPA

Grade Point Average

[ジーピーエー]

「GPA」は、「Grade Point Average」の略です。読み方は「ジーピーエー」です。
欧米の大学や高校などで採用されている成績評価方式のことを言います。最近では日本の大学でもこの評価方式を採る大学が増えてきています。
GPAは5段階評価になっていて、0~4段階で示されますが大学によって評価が異なるので一概に最高値、最低値などを示すことはできません。ただ、平均としては2.1~2.5ほどであり、1.0以下は勉強不足ということになります。
海外留学を考える場合は、2.0以上取得しておく必要があるでしょう。これは英語のリスニング能力などとは全く関係ない成績評価なので、要注意です。
「GPA」の使い方としては、留学先の大学の入学審査の際や外資系企業への就職活動の際に提出が必要になることがあります。
最近では日本の大手企業でも「GPA」を採用判断の材料として利用している所も増えてきています。
「GPA」の計算方法は、海外留学を考えた際に必須となる条件は多数あります。
そのうちの1つが大学での成績です。その成績を表すものの1つが「GPA」になります。
「How is GPA calculated?」そうです、GPAの計算方法は良くは知られていません。なぜならば、この計算方法は各大学によって異なることが多いからです。
ここでは、一般的に使用されている計算方法をご紹介します♪
よく使用されているのが、A(優)-4、B(良)-3、C(可)-2、D(不可)-1、成績に準じた数字を出し、それぞれの単位数に掛けていきます。そして、その数を履修済みの単位で割るという方法です☆
ここで出てきた数字が、「GPA」になりますが、この数字が低くても他の入学条件で補う方法などもあります。留学を検討する際はこの部分も考慮すると良いです。