利用者 58 万人突破!

(2022年9月25日更新)

閉じる

Senior

Senior

[シニア]

「Senior」、読み方は「シニア」になります。日本語でのシニアはお年寄りや年長者の意味合いが強いですが、アメリカでの「Senior」は、4年制大学の最上級生(4年生)という意味になります。
たいていの場合、アメリカの高校も大学同様に4年制であることが多いのです。このような場合の1年生を、「Freshman」、2年生を「Sophomore」、3年生を「Junior」、4年生を「Senior」と呼びます。
アメリカに関して言うところの「Senior」は、4年制の大学、すなわち総合大学がここにあたります。総合大学は州立、公立と私立になりますが、まず学費が大きく異なります。
州立の場合は、その州に住んでいると学費が安くなるようになってますが、留学生などは多少学費が高くなっています。また、その州に住んでいると入学の優先権も得ることができます。
私立大学の場合は学費は高くなりますが、小~中規模のため、学生へのケアが手厚いのが特徴です。ちなみに、「Senior high school」はアメリカでいう高校生にあたります。

就職活動などが始まり、色々な企業説明会などに参加するうちに留学がしたいと考えるようになる人は少なくありません。
大学4年生で、就職活動もせずに留学なんかしていいのかと悩んだり、このまま未練を残したまま就職しても辞めたくなるのではないかなど悩みは尽きません。
そんな時はまず、自己分析をしてみることが大切です。自分はなぜ留学がしたいのか、ただ就職活動から逃げたいだけなのか、留学をしたら何をしたいのか、どんな自分になりたいのかなどを考えてみます。まとまらない時はノートに思ったことを書いて、そこからまとめてみると分かりやすいです。
そして重要なことは留学から帰国した際にどんなキャリアへ進んでいくのかを明確に持つことです☆
例えば、TOEIC700点以上取って外資系の企業に就職するような目標や、そのまま現地の企業へ就職するなどのキャリアプランを立てておくことで、留学による経験が就職活動でも有利となります。シニアとして大学留学の際には、くれぐれもなあなあな状態で留学をしないようにすることが大切です♪