利用者 59 万人突破!

(2022年10月3日更新)

閉じる

Attendance

Attendance

[アテンダンス]

「Attendance」は、授業に出席することを指す単語で、「出席する」という意味の動詞、「Attend(アテンド)」が名詞形に変化した単語です。
「Attendance」は、主に出席回数や出席することの大切さを表す際に使用されます。読み方は「アテンダンス」で、テンの部分に最もアクセントがつきます。
アメリカでは授業への出席をとても重要視しているため、無断欠席が3度以上続いたり、あまりにも遅刻が多かったりする場合は成績が大きく下がる傾向にあります。

また、アメリカでは最終的な成績が卒業に大きく関わるので、スムーズな卒業を目指すのなら無遅刻無欠席が望ましいです。
日本では数回の欠席や遅刻によって卒業できなくなるケースはありませんが、アメリカでは誰もが知っている知識なので頭に入れておきましょう。
万が一留学中に欠席や遅刻をした場合は、学期中の欠席回数や遅刻回数をメモしておくと良いかもしれませんね☆
成績に大きく関係する、「Attendance」については、学生同士の会話で盛り上がる機会も多々あります。
出席についての話題で覚えておくと便利なフレーズとして、無遅刻無欠席を伝えたい場合に使える、「I have perfect attendance.」があります。
これを言えば周りからも賞賛されること間違いありません♪
また、自分の出席について顧問に尋ねる場合は、「Is my attendance going well?」のような使い方も可能です。
留学では試験の得点と同様に、出席回数にも気を配る意識が何より大切です。