利用者 58 万人突破!

(2022年9月25日更新)

閉じる

MPhil

Mastor of Philosophy

[エムフィル]

「MPhil (読み方:エムフィル)」とは、「Mastor of Philosophy」の頭文字を取った略称で、哲学修士などという解釈の仕方があります。
一般的には、研究分野に特化した修士号に関する総称で、人文・自然科学・社会科学の分野で研究リサーチに携わってきた人に対して与えられる修士号です。

一般的な大学院での履修課程の中で、「MPhil」は、2年間で取得できます。
この2年間で研究成果を発表し、成果が認められれば、3年目に「Ph.D(Doctor of Philosophy:博士課程)」へ直接進学できる道が開けます。
海外留学などをして、博士号取得のための実績をつくる人も多く見られます。
留学先では、文献を読んで考察をまとめ、論文を作成することや、理化学分野で1つの命題に関して研究を行い、論文作成することが修士号取得のカギとなります。

「I will study abroad and get MPhil. after that,I will turn back PhD 3.(海外へ留学しMPhil取得後に大学に博士課程の3年次へ戻る)」というような使い方をします。

海外の大学と提携している大学では、学士取得後に、留学のチャンスもあります。
大学院でさまざまな分野を研究している人であれば、このような進路を目指すのも魅力的です。
大学の交換留学制度や、団体が募集する制度を利用する方法など、多岐にわたりますので、海外で勉強したい気持ちがあればチャンスをうかがっていきましょう。

研究に没頭するだけの毎日だけで終わることなく、見聞を広げる良い機会にもなります。 ただ、MPhil取得だけでは、その後の資格取得などに訴求力がありません。
できる限り、修士号取得=退学ではなく、長い時間がかかっても博士号取得までの道のりを歩んでください。