利用者 58 万人突破!

(2022年9月25日更新)

閉じる

Personal Statement

Personal Statement

[パーソナルステイトメント]

「Personal Statement(読み方:パーソナルステイトメント)」とは、志望動機書を指します。
留学に関しては、入学出願の際に小論文形式で大学への志望動機を英文で綴ることが求められます。
「Essay(エッセイ)」と表現されることもありますが、同じ意味です。

この「Personal Statement」では、なぜこの学校を選んだのか、といった志望動機を伝える手段だけではなく、これまでの人生の中でどのような生活を送ってきたのか、この留学でどのようなことを学び、どのように成長したいかなどもまとめていくと、訴求力が高まります。
アメリカでは、この文章を最重視して選考していくため、日本語で文章を作成したのちに英文に訳すなど、時間をかけて丁寧に書きこんでいくことが大切です。
手書きでもワープロソフトを用いたタイプ文でもかまわないので、推敲を重ねていきましょう。

使い方は、「I am puzzling over to create Personal Statement.(志望動機書づくりに頭を悩ませている)」などです。

留学希望者の多くがこの小論文に頭を多く使っていることでしょう。
一般的な文章量は、A4サイズの用紙1~2枚程度、文字数にして2,000文字程度でしょうか。
MBAなどの経営や経済に関する修士号取得目的であれば、求められる文章量も多くなる傾向があります。
半年ほど時間をかけて作成したという声もあります。

お役立ちツールとして、インターネット上には「Personal Statement」の例文なども記載されているので、上手に取り入れながら、自分らしい文章をつくっていきましょう。
留学先では文献を読むこと、考察をまとめることなど、すべてが英語で課せられます。
こういった力を勉強の場でも発揮できるかどうかも見られているので、語学力や英語での表現方法などを同時に学びましょう。