利用者 59 万人突破!

(2022年10月6日更新)

閉じる

Fellowship

Fellowship

[フェローシップ]

「Fellowship」とは、博士課程の大学院生の中で優れた成績を誇る生徒に与えられる奨学金を指します。
読み方は、「フェローシップ」で、単語の出だしに最もアクセントがつきます。

「Fellowship」は広い意味で親睦や親交、協力などを意味しますが、大学などの教育機関では奨学金の意味として使用される機会が多くなっています。
この奨学金は、「Financial Aid(フィナンシャルエイド)」や、「Shcolar ship(スクーラーシップ)」と呼ばれる学費援助のための奨学金とは異なり、優れた知能をさらに研究に活かすための研究費用として支給されます。

また、大学院で研究を兼ねて働くことで、授業料や生活費を補うといった目的で支給される場合もあります。研究を兼ねて働く大学院生は、「Special Researcher(特別研究員)」と呼ばれています。

「Fellowship」を奨学金として表現したい場合は、英文の中で「Fellowship」が奨学金だとわかるよう、前後の単語にも注意する必要があります。
例えば、「I hope to get fellowship.」のような使い方では、「親交を手に入れたい(深めたい)」と、「奨学金を手に入れたい」という2通りの意味が読み取れます。奨学金としての意味で相手に伝えたい場合は、やや言葉足らずな英文となります。

「Fellowship」を、奨学金という意味で相手にはっきり伝えたい場合は、「I hope to get fellowship for study.」のように「Fellowship」が奨学金だとわかるような単語を付け加えると親切です。 この使い方なら、「研究(勉強)のための奨学金を手に入れたい」という英文になります。