利用者 58 万人突破!

(2022年9月25日更新)

閉じる

Scholarship

Scholarship

[スクーラーシップ]

「Scholarship」とは、奨学金を意味する単語です。

日本の大学と同じように、アメリカでも条件を満たせば奨学金制度を利用できます。
アメリカの大学で支給される奨学金は大きく2つに分かれており、「Need-based Scholarship」と「Merit-based Scholarship」があります。

一般的には、十分な学力を備えていながら、学費や生活を補うほどの金銭的余裕がない学生に、「Need-based Scholarship」が支給され、金銭状況に関係なく、優秀な成績を修めた学生に、「Merit-based Scholarship」が支給されます。
日本人学生がアメリカの大学に留学する場合は、金銭的余裕が持てないといった状況が考えにくいため、「Need-based Scholarship」の申請は受理されづらい傾向にあります。

もし留学先の大学で奨学金を希望するなら、優秀な成績を修められるよう勉強に取り組むとよいですね。
使い方自体は簡単で、英文では名詞として活用するのが一般的です。

<例文>
「Today is scholarship payment day.(今日は奨学金の支払日だ。)」
「The university pays for me a lot of scholarship.(その大学は私に多くの奨学金を支払いました。)」

例文のように、「支払う」という意味を持つ動詞「Pay(ペイ)」を用いるとあまり感情を含まない事務的な文章になります。
より感情を表現するなら、「I got a scholarship today.(私は今日奨学金を手に入れました。)」のように「Get」を用いるとよいでしょう。

日本語としての意味はほとんど変わりませんが、奨学金を手に入れられたことによる感情が相手に伝わりやすくなりますよ。