利用者 48 万人突破!

(2020年11月24日更新)

はじめてでも安心!小学生の海外留学
2分で始める留学実現の第1歩

H1 label
小学生の留学をするには?費用やおすすめの国

グローバル化が加速する今、早めに実践的な英語力を身につけさせたいと考えている方も増えており、小学生の英語教育・留学事情も変化しています。

小学生の留学には、春休みや夏休みを利用した短期留学から家族で参加できる親子留学、子どもだけで留学できるボーディングスクールなどさまざまな種類があり、意外と選択肢も豊富!

国際感覚を身につけられる海外留学は将来の可能性を広げるチャンスでもあるので、興味のある方はぜひ挑戦してみてくださいね。

パンフレットを見てみたい!

小学生の留学でできること

まず小学生の留学には、どのような目的があるのか考えていきましょう。
目的や目標をしっかり持つことで、留学生活をより充実したものにできますよ。

小学生におすすめの留学目的とタイミング

留学の目的 留学のタイミング
短期留学 (1週間~)
語学留学
サマースクール
ホームステイ
ファームステイ
ボランティア
親子留学
・その他(グループ留学、現地の学校生活を体験など)
・7月中旬~8月 夏休み
・3月 春休み
・年末年始
長期留学
・ボーディングスクール(全寮制の学校)への留学
・公立校への留学
・現地校体験
・各国の始業時期によって異なる
※1月や4月、9月が多い

小学生の場合、春休みや夏休みを利用した短期留学や親子留学に挑戦しやすいです。
吸収力が高い小学生のうちから生きた英語に触れることで、実践的な英語力を身につけられるでしょう。

また、高学年になれば参加できる留学の種類も増え、小学生を受け入れている公立校も見つかります。

小学生の留学経験を経て海外の学校へ進学するケースもあるので、留学を考えている方はぜひチェックしてみてくださいね!

シーズンごとの格安留学特集

春の格安留学

夏~秋の格安留学

冬の格安留学

小学生で留学するメリット・デメリット

小学生で留学するメリット・デメリット

こちらでは、小学生留学のメリット・デメリットをお伝えします。
小学生留学の注意点も含めてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

小学生留学のメリット

小学生留学には、以下のようなメリットがあります。

  • 英語力を身につけられる
  • 国際感覚を養える
  • 将来の選択肢が広がる

小学生の留学は英語力やコミュニケーション能力を身につけるだけでなく、視野を広げることにもつながります。
現地の生きた英語を学ぶことで、日本人が苦手としている実用的なリスニング力も鍛えられるでしょう。

また、語学学校やサマースクールにはさまざまな国の子どもたちが参加しているため、異文化に触れることで国際感覚の育成と同時にコミュニケーション能力の向上も期待できます。

グローバル化が進む中、海外留学を経験することは、将来の可能性を広げるチャンスとなるはずです。

小学生留学のデメリット・注意点

一方、小学生留学には下記のようなデメリット・注意点もあります。

  • ・治安や安全面が心配
  • ・親子留学の場合、費用がかかる
  • ・単身留学の場合、ホームシックになってしまう可能性がある

小学生の留学でもっとも心配なのは、留学する国の治安や安全面ではないでしょうか?
治安のよさはもちろん、入学する学校のサポートやホームステイ先の環境までしっかりと確認する必要があります。

次に、親子留学の場合は渡航費や滞在費がかさむ点も注意したいポイント。
経済的負担が大きくなるため、滞在期間や費用の安い留学先を選択するなど工夫しましょう。

また、子どもだけの単身留学では、親元を離れることでホームシックになってしまう可能性もあります。
保護者の方はお子さんの話をしっかりと聞き、エージェントと連絡を取り合いながらサポートする必要があります。

小学生の留学費用

小学生の留学費用

小学生の留学は、目的や期間によって費用が異なります。
こちらでは目的ごとに費用をまとめましたので、留学を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

留学の目的 費用
語学留学
(1週間)
約10~40万円
サマースクール
(2週間)
約15~70万円
親子留学
(1ヶ月・2人分)
約40~120万円

※滞在費+食費+授業料の費用目安

小学生留学の費用について詳しくはこちら
<小学生留学費用ぺージのテーブルをコピペ&高校生留学のようにリンクつなげる>

留学費用が安い国

小学生留学に挑戦してみたいけど、なるべく費用を抑えたい…という方に向けて、留学費用の安い国をご紹介します!
語学留学とサマースクールの2パターンをまとめましたので、参考にしてみてくださいね!

語学留学が安い国

小学生の語学留学で費用を安く済ませたいなら、マレーシアがおすすめ!

治安がよく、子どもに優しい国民性を持つマレーシアなら、安心してお子さんを留学に送り出せるでしょう。

また、そのほかにフィリピンも留学費用を比較的抑えられるのでおすすめです。
親子留学が人気のフィリピンは欧米と比較すると約半額の費用で留学でき、また、マンツーマン授業を取り入れている語学学校も多いので、しっかりと英語を学ぶこともできます。

サマースクールが安い国

サマースクール費用を抑えたいなら、オーストラリアやカナダがおすすめ!

オーストラリアは日本との時差も少なく、子どもだけの渡航でも連絡が取りやすいので安心です。
アクティビティが盛り込まれているプログラムも多く、楽しみながら留学できます。

また、カナダは教育機関が豊富にあり、予算に合わせた選択も可能です。
「サマースクールに挑戦したいけど費用が…」という方でも、条件に適したプログラムを見つけやすいでしょう。

留学費の費用節約術

留学するうえでもっとも気になるのは留学費用ではないでしょうか。
こちらでは、渡航費・滞在費・生活費の節約術をご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

渡航費を節約
渡航費を節約するためには、旅行シーズンをできるだけ避ける必要がありますが、春休みや夏休みを利用した短期留学やサマースクールは渡航費がどうしても高くなってしまいます。

少しでも渡航費を抑えたい場合は、お子さんの負担を考慮したうえで格安航空を利用したり、フィリピンなど日本からなるべく近い国を選択したりなど工夫するようにしましょう。

滞在費を節約
滞在費を節約するなら、ホテルではなく学生寮やホームステイのプログラムを利用しましょう。

親子留学するのであればホームステイ、お子さんだけの単身留学であれば、管理がしっかりした学生寮がおすすめです!

生活費を節約
小学生留学の場合、ホームステイや学生寮で食事を提供してくれるケースが大半を占めているので、食費は大きくかかりません。
生活費を節約したいのであれば、3食の食事プランが含まれているプログラムで食費を選択しましょう。

ですが、生活費は国によって異なります!
特にアメリカやイギリスなどの先進国は高い傾向にあるので、予算は多めに見積もっておいてくださいね。

小学生留学におすすめの国

小学生留学におすすめの国

こちらでは、小学生留学におすすめの国をご紹介します!
どこに留学すればよいか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

オーストラリアはアクティビティが豊富!
豊かな自然の中でアクティビティを楽しみながら、のびのびと英語を学べるオーストラリアは、小学生の留学におすすめの国!

英語圏のなかでも比較的治安がよく、小学生でも安心して留学できる環境が整っています。

また、日本との時差がほとんどなくお子さんと連絡が取りやすいことも人気の理由となっています。

小学生でも留学しやすいニュージーランド
世界でも小学生の留学に力を入れているニュージーランド。

教育水準が高いことでも有名で、小学生の単身留学を受け入れている学校もあります。
広大な自然の中でのんびりと英語を学ばせたい方におすすめの留学先です!

カナダで英語の発音を身につける
英語の発音がきれいなことでも知られるカナダでは、なまりのない英語を身につけられます。

また、多様性の国とも言われており、コミュニケーション能力や独自性を伸ばすことで人間的な成長も期待できます!

ハワイならはじめての留学でも安心
特に親子留学で人気のハワイ。
日本人スタッフが在籍する学校も多く、万全のサポート体制が整っているので、はじめての留学でも安心です。

常夏のハワイを満喫しながら授業を受けられるプログラムが多数揃ってるので、親子留学をお考えの方におすすめですよ!

アメリカで世界中の子どもたちと交流!
自由な発想で個性を伸ばせるアメリカは、世界中からさまざまな人種が集まっているグローバルな国です。
語学はもちろん、演劇や音楽などを通してさまざまな刺激を受けられるでしょう。

また、語学学校やサマーキャンプには、現地の子どもたちに加え、世界中から子どもたちが集まるので、国際感覚を身につけることにもつながります。

スイスは治安のよさでも人気!
永世中立国であるスイスは、小学生でも安心して街を歩けるほど治安のよい国です。

レベル別や少人数制での授業を採用している学校が多く、自分のレベルに合わせた環境で勉強できるので、取り残されることなくしっかりと学ぶことができます。

イギリスで本格的な留学に挑戦!
英語発祥の国と言われるイギリスでは、質の高い教育を受けられます。
単身留学の場合は、私立校への留学となるので、ネイティブな英語にどっぷりと浸かれるでしょう。

また、留学生のために集中して英語を学べる授業を設けている学校もあるので安心です。

小学生の留学によくある質問

小学生の留学で準備しておくことはありますか?

簡単な英会話を覚えておくと安心です。最初はあいさつ程度で大丈夫ですが、少しずつ英語で会話する機会を増やして英会話に慣れさせておくことをおすすめします。小さなお子さんの場合は、歌や絵本を使って飽きさせない勉強法を探してみましょう。

小学生の留学に使える奨学金制度ってありますか?

残念ながら、小学生の留学で使える奨学金制度はほとんどありません。奨学金制度は大半が高校生以上となっているため、費用面が不安なら留学ローンを検討しましょう。留学ローンは留学資金を国や銀行から融資してもらえる教育ローンの一種で、カード会社などさまざまな企業が提供していますす。

小学生の夏休みにおすすめの留学先はどこですか?

小学生の夏休み留学で特に人気なのが、オーストラリアやニュージーランドです。比較的治安もよく、自然も多いのでのびのびと英語を学べます。ただし、日本とは真逆の季節になるので、服装には注意しましょう。一方カナダは日本と同じく四季があり、気候も似ています。また、カナダの8月は美しいオーロラが見られるシーズンなのでおすすめです!

小学生の留学を受け入れている国はどのくらいありますか?

小学生の留学を受け入れている国はたくさんありますが、国によって年齢や時期などの条件に違いがあるため、あらかじめ確認しておきましょう。主な留学先として、ニュージーランド、オーストラリア、アメリカ、カナダ、イギリス、フィリピン、マレーシア、スイスなどが挙げられます。

小学生の留学は1人でもできますか?

もちろん小学生のお子さんだけで参加できるプログラムは多数あります。ただし、国によって年齢制限が設けられているので、事前にしっかりと確認することが大切です。小学生の単身留学の場合は、日本人スタッフがサポートしてくれるプログラムもあるので、安心して留学できますよ。

小学生の留学後にそのまま海外の中学校に進学することはできますか?

カナダなどの公立校は10~11歳くらいから単身留学を受け入れており、日本の小学校を卒業せずにそのまま留学先の中学校に進学するケースもあります。中学進学を見据えた小学生留学をお考えの方は、エージェントやカウンセラーにも相談してみてくださいね。

小学生の期間別留学情報まとめ

パンフレットを見てみたい!

留学エージェントのパンフレットをもらおう!

留学エージェント各社のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

留学エージェントとは?

留学エージェントとは、留学を手配する代理店です。手配だけではなく、学校選びや留学全般のアドバイス、留学中のサポートまで、留学のプロがあらゆる面でサポートしてくれます。
はじめて留学・ワーホリする方には特におすすめです。

まずは各社の資料をもらおうパンフレットを見てみたい!