利用者 69 万人突破!

(2024年5月23日更新)

閉じる

語学留学したい方へ!かかる費用やおすすめの国
安価な学校の選び方など

No image
語学留学したい方へ!かかる費用やおすすめの国・安価な学校の選び方など

留学の中でも語学留学をしたい人は多く、非常に人気の留学目的となっています。 そこで今回は語学留学にかかる費用や安めの国・学校について調査してみました。 語学留学の費用が気になる人はぜひ参考にしてください。

まず「語学留学」とは?

語学留学とは、海外にある語学学校などの教育機関で語学を学ぶことです。

語学留学の主な目的は語学力の向上ですが、実はそれだけではありません。海外の文化に触れ、異なる視点や価値観を持つ人々と交流することで視野を広げ、自己成長を促すことも目的の一つになります。 海外への留学目的のなかでも特にポピュラーな語学留学は、コースやプログラム数も圧倒的に多いのが大きな特徴。一般的な語学学校の語学コースをはじめ、英会話やビジネス英語、試験対策に特化したコースなどがあります。語学学校では初級から上級まで語学力のレベルに応じてクラスが分けられ、自分のレベルに合った授業を受けることができるのでその点も安心ですね。 また、語学留学が可能な国や地域も多く、英語を学ぶならアメリカやイギリス、カナダ、オーストラリア、フランス語を学ぶならフランス、スペイン語ならスペインや中南米の国々、そしてドイツ語を学ぶならドイツと、学びたい言語によって行くべき留学先が変わります。 そして、1週間から年単位まで自分の好きな期間で留学でき、おけいこ留学など他の目的と組み合わせられるなど、自由度の高い点も語学留学の特徴の一つです。 特にまとまった時間がとりやすい大学生を中心に、20~30代の社会人にも人気がある語学留学ですが、なかには仕事のキャリアアップのために30~40代で語学留学を検討する社会人や、50~60代で退職や子どもの独立を機に語学留学を検討する方もいます。社会人になってからも、学びたいという意欲があれば誰でもチャレンジできるのが語学留学なんです!

語学留学が気になったら パンフレットを見てみたい!

語学留学で期待できる効果

語学留学で、どのくらい語学力が上がるんだろう…という方は、以下の表を参考にしてみてください。
こちらは英語を学んだ場合の目安です。

語学留学で期待できる効果

英語留学について詳しく見る

語学留学におすすめのエージェント


留学エージェントの選び方&おすすめ13社

語学留学の費用が安い国ランキング

欧米諸国はちょっと費用がかかりすぎるな…という方は、物価や語学学校の授業料などが安いアジア圏に目を向けてみてはいかがでしょうか。
また、ヨーロッパでも留学費用が比較的抑えられる国もあるのでよく調べてみましょう。

語学留学の費用が安い国についてもっと詳しく

1位:フィリピン

フィリピンは、英語の語学留学先として人気の国です。アジア圏ですが英語が公用語として話されているため、語学学校はもちろん、日常生活もしっかり英語環境!

語学学校はマンツーマンレッスンが主流なので、より集中して英語を学ぶのにぴったりです。授業料だけでなく物価も安いので、欧米と比べて生活にかかる費用もぐっと抑えられますよ♪   フィリピンの語学留学について詳しく

 

2位:フィジー

フィジーはオーストラリアなどと同じオセアニアに位置しますが、物価の安さなどの点から留学人気が高まっている国。
欧米と比べると、留学費用は3分の1から2分の1程度にまで抑えられるんです!

フィジーでは、幼少期から英語教育を受けることで英語を身につけていくので、留学生をはじめとする英語学習者の気持ちをよく理解してくれる国民も多いですよ。
  フィジーの語学留学について詳しく

 

3位:マルタ

ヨーロッパで費用を抑えて英語を学びたい方におすすめなのが、リゾート地としても人気のマルタ!

マルタはヨーロッパ圏でも比較的物価が安く、イギリスなどと比べると費用の負担を減らして英語を学びに行くことができます。
また、授業料と滞在費がセットになった留学プログラムが多いのも特徴です。

語学習得とあわせてバカンスも楽しみたい!という方にも魅力的な国ですよ♪   マルタの語学留学について詳しく

 

語学留学をするメリットって?

語学留学をするにあたってのメリットはたくさんありますが、こちらでは主なメリットを4つご紹介!
それぞれのメリットを理解したうえで留学計画を進めていくと、目的やプランも明確になりやすいですよ♪

何より語学力アップにつながる!
語学だけであれば日本でも勉強できますが、実際にその言葉が話されている海外の現地で学ぶのとでは身につき方が変わってきます。
何より、現地人が話すリアルな言語を耳にしながら学ぶので、より海外で通じる言葉を習得することができることが語学留学の大きなメリットでしょう。

また、語学学校だけでなく、滞在先での日々の生活のなかでも語学力が鍛えられていきます。
日常生活にあふれる言語を吸収し、生きた語学力を養うチャンスです!

仕事や生活に役立つ、実践的な語学力が身につく
語学留学で通う語学学校では、日常生活レベルの語学はもちろん、ビジネス対策やホスピタリティのための語学など、多種多様な内容を学べます。
大学に付属している語学学校では、より専門的で高度な語学が学べることも!日本だとなかなか学べない専門分野の語学も、海外であれば習得できる機会がたくさんあるのが語学留学なんです。

実践的な語学力や海外での経験は、留学が終わった後の就職活動やキャリアアップにもつながります。実際に、独立行政法人日本学生支援機構が行った「海外留学経験者追跡調査(2018年)」では、留学経験で培った語学力が仕事に役立ったと答えた人が約半数もいました。これからの人生の幅を広げられるチャンスが語学留学にはあると言えるでしょう。

参照:独立行政法人日本学生支援機構

語学を通して、国際的な視野を広められる
海外には、日本では考えられないほど多くの人種や、多様な考えを持った人々が暮らしています。
語学留学ではそのような人々と関係を築いていくなかで、自分にはない価値観や人生観に出会うことも多いです。

海外で暮らすという経験は語学を学ぶと同時に、より多角的でグローバルなものの見方を与えてくれる絶好の機会なんですよ。
新しい発見や驚きが、語学力だけではない大きな自己成長にもつながることでしょう。

コミュニケーション力が身につく!
日本では「言わなくてもわかってくれるだろう」という考えも珍しくありませんが、海外では通用しません。
語学留学では日本人がいない環境だからこそ、拙い語学力でも積極的に発言しなければいけないのです。

自ら積極的に意見を発信することが何よりも大切で、そうした積極性が身につけられるのも語学留学の大きな魅力!その過程で、表情やしぐさなど言葉以外の手段を使った非言語的なコミュニケーション能力も向上できるかもしれません。

語学力アップはもちろん、留学で培ったコミュニケーション力は帰国後にもあらゆる場面で役立つこと間違いなしです♪

今すぐ語学留学するなら パンフレットを見てみたい!

語学留学先の選び方

語学留学先を選ぶ際には、いくつか押さえておきたいポイントがあります。
こちらでは特に重要な6つのポイントをご紹介!頭のなかが整理しやすくなるので、ぜひ参考にしてみてください。

語学留学の目的を明確にする
まずは、語学留学の目的を明確にすることが重要です。

語学留学のなかで何を達成したいのか、どの程度の語学力を目指しているのかなどを理解することが、自分にぴったりの留学先を選ぶ第一歩になります。語学習得に専念したい、海外留学を経験してみたい、海外で働いてみたい、観光やアクティビティを満喫してみたいなど、より具体的に考えておくことが大事です。

語学留学の目的が明確になることで、留学期間や留学先の国・地域、語学学校もスムーズに決めやすくなりますよ!

語学留学の期間の目安を決める
語学留学の期間によって学べることや体験できることが変わるので、期間の目安を決めておくことも大事です。

語学留学の目的を達成するにはどのくらいの期間が必要なのか、または希望する期間ではどのようなことを学んだり体験したりできるのかを事前にしっかり確認しておきましょう。

語学留学で学びたい言語を決める
語学留学で学びたい言語を決めることも、留学先を決める上で欠かせないポイントです。

「語学留学とは」でお伝えしたように、英語ならアメリカやイギリスなど、ランス語を学ぶならフランスというように、留学する国によって学べる言語が異なります。

英語とフランス語が公用語のカナダのように同じ国で2ヶ国語を学べるケースもありますが、国や地域によってなまりがあるなどの違いもあるので、その点も調べておくと良いでしょう。

行ってみたい、住んでみたい国を考える
語学留学先の国は学びたい言語を決める段階である程度絞られると思いますが、行ってみたい国や住んでみたい国を考えてみるのもおすすめ!

まずは、それぞれの国の特徴やその国でできること、理想の海外生活などをイメージしてみましょう。ほかにも、海外で生活するうえでは気候や治安の良し悪し、物価といった点にも注意しておくと安心です。

目的・期間・言語と予算に合わせて留学先の国を絞る
これまでに決めた語学留学の目的や期間、言語そして予算に合わせて留学先の国を絞っていきましょう。

語学留学にかかる費用は、目的や期間、国・地域によって大きく異なります。語学留学中に働くことを禁止している国もあるので、予算を無視して決めてしまうと渡航後の生活費を圧迫してしまうなんて危険性も!

語学留学でやりたいことを重視したい方を除いては、予算とのバランスも考えて留学先の国を絞っていくことをおすすめします。

目的・期間・言語と予算に合わせて語学学校を絞る
語学留学で通う語学学校に関しても、国と同じく目的・期間・言語と予算に合わせて決めていくことが大事です。

後で詳しくご紹介しますが、語学学校と言っても種類があり、受講できるコースやプログラムもさまざま。語学学校の規模や立地、学生の人数、入学時期や条件、費用なども異なるので、複数の語学学校を比較して決めるように心がけましょう。

留学カウンセラーなど、語学学校に詳しい専門家に相談してみるのもおすすめですよ。

おすすめの語学学校が知りたいなら パンフレットを見てみたい!

語学留学にかかる費用

語学留学には、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?
かかる費用によって、留学のプランが変わってくる!という方もいると思います。
語学留学に必要な費用については、こちらで詳しく見ていきましょう!

国や目的によって語学留学の費用はさまざま

ひとくちに語学留学と言っても、渡航先や留学する期間、通う学校の学費などによってトータルの費用はそれぞれです。

たとえば、「語学のなかでも特に英語を学びたい!」と思った場合、渡航先の国だけでも選択肢は豊富!
アメリカやカナダ、イギリス、オーストラリアなど…アジア圏でも、フィリピンは英語を公用語としているので語学学校でも英語を勉強できます。

滞在する国の物価によって生活費や滞在費は異なりますし、期間が長期になるほど大きい金額が必要になります。

また、語学だけを集中的に学びに行くのか、語学と合わせて観光も満喫したり習い事に挑戦したりするのかなど、目的によってもかかる費用は変わります。
どのような目的で行くのか、どこの国で語学を学びたいのかを明確にさせると、必要な費用の目安も見えてきますよ♪

留学の主な費用についてはこちら

英語圏の語学留学にかかる費用の目安

国名 1ヶ月 3ヶ月 半年 1年
アメリカ 30~50万円 70~120万円 120~200万円 250~400万円
カナダ 30~50万円 60~100万円 110~140万円 180~300万円
オーストラリア 30~50万円 60~120万円 140~200万円 180~400万円
ニュージーランド 25~30万円 60~70万円 100~130万円 250~270万円
イギリス 40~60万円 80~120万円 150~200万円 300~400万円
ハワイ 30~50万円 80~150万円 120~200万円 250~400万円

上記では、主な英語圏での語学留学にかかる費用(授業料+滞在費+生活費)の目安をまとめています。

1ヶ月の比較的短期の語学留学であれば、30万円前後からの費用で留学が可能。
1年の長期になると、国によってかかる費用にも差が出てきます。

留学費用についてもっと見る

\

語学留学の費用を抑える奨学金制度

語学留学のみで利用できる奨学金制度は、現時点ではあまり多くありません。

ですが、都道府県や市町村などの地方自治体が運営している奨学金制度のなかには、就学機関が語学学校の留学生でも対象になっているものがあります。

たとえば、福井県アジア人材基金では、「海外の語学学校などの教育機関が提供する語学研修プログラム等」という条件を満たす留学生であれば、奨学金貸与の対象となっています。

地方自治体が運営している奨学金制度は、運営する地方自治体に居住している学生のみが対象である場合がほとんどです。
まずは、自分が住む地方自治体が奨学金制度を設けているかを調べてみましょう!

奨学金制度についてもっと詳しく

語学留学の費用を安く抑えるコツ

語学留学の費用は一見、高額に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、いくつかの工夫をすることで語学留学の費用を安く抑えることもできます。

まず、留学先を選ぶときに生活費の安い国や地域を選ぶことが一つ。たとえば、アジアの国々は欧米の国々に比べて物価が安いことが多く、生活費を抑えやすいです。また、都市部ではなく地方の学校を選ぶことでも、費用を抑えることができます。
出発する時期も大事で、4月上旬から6月中旬(GWは除く)、10月上旬から12月上旬は航空運賃が安いと言われているので、できるだけオフシーズンを狙って渡航するのがおすすめです。

また、海外生活での工夫も大事です。自炊をする、公共交通機関を利用する、学生割引を活用するなど、日々の生活の中で節約することも意識してみましょう。

ほかにも、語学学校の申し込みを一定期間をまとめて行う方法や、割引キャンペーンを活用して授業料を安く抑える方法も!
都道府県や地方自治体で留学生向けの奨学金制度が設けられているので、奨学金制度を活用するというのも一つの手です。事前に調べて必要な申請を行うことで、語学留学にかかる学費を抑えることができますよ。

費用が安い語学留学プランも パンフレットを見てみたい!

語学留学で人気の国ランキング

語学留学で人気の国をご紹介!
語学留学は一番スタンダードな留学なので、いろいろな国で学べます!

人気の国をもっと見る

語学留学で習得する言語は何がおすすめ?

世界では多くの言語が話されており、その数はおよそ3,000~7,000とも言われています!
こちらでは、話者数や公用語国数、ビジネス利用などの面から見て、習得におすすめの言語を5つピックアップしてみました。

順位 言語 おすすめの理由
1位 英語 公用語としている国が圧倒的に多い英語は、世界共通語と言われるほど世界各地で使用されています。
ビジネスでも多く利用されているので、まずは英語の習得がおすすめです!
2位 中国語 中国語は話者数で1位!
経済成長が著しい国なので、ビジネスで活用できる場面は数知れず!
日本への観光客も多いため、日本でも重宝されること間違いなしです♪
3位 スペイン語 話者数世界2位のスペイン語。
日本人にとって比較的習得しやすいという点も魅力。
公用語の国も多く、需要の高まりという点でも注目を集めています!
4位 フランス語 英語に次いで公用語の国が多いフランス語。
発音の難しさから敬遠されがちですが、だからこそ自分の強みになりますよ♪
5位 ドイツ語 特にヨーロッパでは広く話されている言語!
ビジネス、医療、音楽など、さまざまな分野で使えます♪
ドイツ語を習得すれば、世界で活躍することも夢じゃない!

語学学校にはどんな種類があるの?

語学学校にはどんな種類があるの?

細かい分類は国によって異なりますが、語学学校の種類は大きく分けて2つあります。
それぞれに特徴やおすすめポイントがあるので、目的に合わせて学校を選んでいきましょう!

私立の語学学校

私立の語学学校とは、民間の企業が運営している語学を学ぶための学校です。


設備や環境、学校の規模もさまざまで、授業のレベルも多岐に渡ります。
コース内容も、少人数制重視だったりアクティビティが豊富であったり、進学や試験対策に力を入れていたりと、各学校ごとに特色も多彩!

また、入学のタイミングや授業数などの選択も自由がきくので、目的やプランに合った学校を見つけやすいというメリットがあります。

こんな方におすすめ!

  • 会話力を重点的に上げたい
  • 留学できる期間が限られている
  • その国ならではのアクティビティも満喫したい

大学付属の語学学校

大学付属の語学学校とは、大学や専門学校、カレッジなどに付属している語学学校のことです。


付属型の語学学校の特徴は、アカデミックな雰囲気を味わいながら学習ができること!
また、キャンパス内の施設を利用することもできるので、現地の学生と交流を持てる機会もあるでしょう。

授業は一般語学コースに加え、大学進学を視野に入れたコースや試験対策なども開講されています。
進学を目指して入校する生徒も多いため、よりレベルの高い環境で学ぶことができますよ!

こんな方におすすめ!

  • よりハイレベルな環境のなかで語学を学びたい
  • 将来は大学や大学院への進学を考えている
  • キャンパスライフを体験したい

私立+付属型の語学学校もある!

大学によっては、キャンパス内に私立の語学学校を併設しているところもあります。


運営しているのは民間企業なので、コース内容や受けられるサービスは私立学校と同じです。

特徴としては、私立の語学学校でありながらキャンパスライフも体感できる学習環境!
大学内にスクールを構えているので、キャンパスの施設を利用したり現地の学生たちと触れ合ったりできるチャンスもありますよ♪

進学希望の方や、大学らしい空気を味わいながらより集中的な環境で語学を学びたい方におすすめです。

語学学校を選ぶポイント

語学留学で通える主な語学学校を3種類ご紹介しましたが、実際に学校を探してみると数が多過ぎて決められないと困る方も多いようです。

語学学校を選ぶ際の重要なポイントは、自分の留学目的に合った学校を選ぶこと!何を学んで、何を目指しているのかによって、選ぶべき語学学校やコース・プログラムが変わります。

  • 時間をかけて必ず言語を習得したい
  • 質の高い英語教育を行っていることが多い、大手の語学学校がおすすめ!
  • 短期間で楽しみながら言語を学びたい
  • アットホームな雰囲気が多い、小規模~中規模の語学学校がおすすめ!
  • 一般的な語学コース以外を受講したい
  • 特色のある学校が多い、特定の国・都市にある語学学校がおすすめ!
  • 初級レベルでも通える語学学校に行きたい
  • 日本人スタッフが在籍している、比較的小規模な語学学校がおすすめ!
  • レベルの高い環境で語学を学びたい
  • 上級者コースもある、大規模な語学学校がおすすめ!
  • 海外の大学へに進学したい
  • そのまま学部課程への進級が可能な、希望する大学付属の大学付属ESLコースがおすすめ!

また、学費も語学学校を決めるときにしっかり確認しておきたいポイントです。学費は語学学校によって大きく異なるので、予算内で通える学校を選ぶようにしましょう。

そのほか、学校の立地も忘れてはいけないポイント。都市部にある学校は交通の便が良く、多くの観光地やレジャー施設が近くにあることがほとんどです。一方、地方の学校は都市部のような利便性などは低くなりますが、静かな環境で集中して学ぶことができます。

おすすめの語学学校が知りたいなら パンフレットを見てみたい!

語学留学のコースやプログラム

語学留学では具体的にどのようなことが学べるのか、実際にあるコースやプログラムをご紹介します。

コース・プログラム名 内容
一般英語コース 最も基本的な語学コースで、読み書きや聞く、話すといった日常生活に必要な語学スキルを向上させることを目指します。
英会話コース 日常で使える英語のリスニングやスピーキング力を向上させるためのコースです。
進学準備コース 大学や大学院への進学を目指す学生向けに、アカデミックな語学力(大学・大学院でのノート・レポートの書き方、プレゼンテーションの仕方など)を指導するコースです。
ビジネス英語コース 会社でのコミュニケーションや会議でのプレゼンテーション、ビジネスレターの作成などビジネス環境で必要となる語学スキルを学ぶコースです。
試験対策コース 特定の英語試験(TOEIC、TOEFL、IETLS、ケンブリッジ検定など)で高得点を取るための語学力やコツなどを学ぶコースです。
専門英語コース 法律や旅行・医療など、専門的な職業に必要な語学スキルを学ぶコースです。

とことん語学力を伸ばしたいのであれば一般英語コース、海外での進学を目指したいのであれば進学準備コースや試験対策コース、ビジネスに通用する語学力を身につけたいのであればビジネス英語や試験対策コースというように、語学留学の目的によってこれらのコース・プログラムから選ぶことになります。

また、現在の語学力によっても最適なコースやプログラムが異なる点にも要注意。一般英語コースであれば初級レベルからでも受講できますが、ビジネス英語や専門英語コースの場合は中級以上のレベルが必要です。その点も踏まえて、自分にぴったりのコースやプログラムを選んでみてくださいね♪

語学留学の1週間のスケジュール

「語学学校ってどんな時間割なんだろう?」と気になる方は、こちらもぜひチェック!

午後はおけいこに挑戦したい!アクティビティを楽しみたい!というように、目的によって過ごし方はいろいろ。
こちらでは、語学留学のとある1週間スケジュール例をご紹介しています。

語学留学の1週間のスケジュール例

語学留学スケジュール例

理想の語学留学を実現したいなら パンフレットを見てみたい!

語学留学を成功させるためのコツ

では、語学留学を成功させるためには、どのようなことを意識すれば良いのでしょうか?
こちらでは主に5つのポイントをご紹介しているので、ぜひ現地でも実践してみてくださいね!

明確な目的を持つ
語学留学をするにあたっては、「何を達成したいのか」という目標をしっかり持つことが大切です。
目的意識があいまいだと、留学を終えたときに「何のために語学留学をしたんだろう?」と思ってしまいます。

目的意識がきちんと定まっていると、現地でのモチベーションも上がりますし、帰国後のプランに向けた行動も起こしやすくなります。
語学留学がゴールではなく、留学から何に進んで行きたいのかを明確にしてプランを練っていきましょう!

日本人だけで固まらない
日本人留学生の仲間がいることは、ホームシックを回避できる、困ったときに気軽に相談できるなどのメリットもあります。
一方で、日本人と日本語ばかりの生活を送っていては、せっかく語学留学をしていても「語学力が全然上がらなかった…」という結果になりかねません。

日本人との付き合いだけで終わるのではなく、現地人や日本人以外のコミュニティに積極的に参加することが、語学留学成功のコツです!

積極的なコミュニケーションを心がける
自分の言葉が通じるか分からない…と語学力に不安を感じる方も多いと思います。
ですが、語学留学では「失敗を恐れないでコミュニケーションをとること」が成功の秘訣!

語学力アップはもちろん、特に現地の人々とのコミュニケーションでは、生活文化を学んだり思いがけないお役立ち情報を得られたりすることも。
「こんなときはどうすればいいの?」「この情報はどこで手に入れられるの?」といった疑問は、自分から積極的にぶつけていきましょう!

語学学校選びも重要
語学留学では、自分に合った語学学校選びも大きなポイントです。

自分の語学レベルと授業レベルがあまりに違う、目的と合っていない授業を行なっている、日本人しかいないクラスに入ってしまった…。
学校選びをおろそかにしていると、自分の希望していた語学留学プランと異なった留学生活になる可能性も!

「エージェントに進められたから」「授業料が安かったから」など、安易な気持ちで選ばずに、自分の目的や希望としっかり照らし合わせて学校探しをしていきましょう。

日本で語学の基礎を固めておく
語学力向上を目指して留学をする方は多いと思いますが、留学前にはある程度の基礎力を身につけておくことも大切!

一定の基礎力があることで、授業での理解度や語学の習得度は大きく変わります。
基本的な単語や文法、フレーズを知っておくだけでも、授業や日常生活で聞き取ることのできる言葉が多くなります。

語学留学のプログラムには、留学までの英会話レッスンが無料でできるサービスがついていることもあるので、積極的に利用していきましょう!

語学留学を成功させたいなら パンフレットを見てみたい!

語学留学で注意しておきたいこと

語学留学をするにあたって注意しておきたいこと

語学留学を計画する際には、どのようなことに気をつけておけばよいのでしょうか?
ここでは主に3つの事項をご紹介しているので、渡航前にしっかり確認しておいてくださいね!

ビザの準備を忘れずに!

海外渡航をするときには、基本的にビザの取得が必要ですが、渡航期間や目的によっては、ビザ不要で出国できる場合もあります。


ビザが必要なのに忘れてしまった…となっては、出国ができなくなってしまうので絶対に忘れないようにしましょう!
ビザ情報は、各国の大使館のホームページで知ることができるので、自分の渡航条件とビザ条件があっているかをしっかり確認してくださいね。

留学に必要なビザについてもっと詳しく

海外保険の準備について

また、留学をするときには、海外保険への加入をおすすめします。


「滞在期間が短いから保険に加入するのはもったいない」という方もいるかもしれませんが、どんなに短い期間でも、また安全と言われている国でもトラブルに遭わない保障はありません。

突然の病気やケガ、事故などで留学期間をムダにしたくはないですよね。
安心、安全な留学生活を送るためにも、渡航前には保険についてもチェックしておきましょう。

語学留学の不安を解消したいなら パンフレットを見てみたい!

語学留学に関するよくある質問

語学留学でベストな滞在期間はどれくらい?

語学留学の成果がはっきり感じられるようになるまでには、3~6ヶ月ほどかかると言われています。ですが、1週間~1ヶ月程度の短期留学でも語学を使用することへの抵抗が減ったり、自分の弱点に気づいたりとさまざまなメリットがあります。現地でどのように過ごすかも大切なので、まずはエージェントに相談してみましょう。

語学留学をするのに必要な語学力はどのくらい?

どの語学力でも留学することはできます。語学学校では、初心者から上級者まで、あらゆるレベルに対応したコースを用意しています。入校時のテストによってレベル分けされるため、英語がまったく話せない…という方でも問題ありません。

語学留学の準備はいつから始めるべき?

思い立ったらできるだけ早く情報収集や準備をスタートすることをおすすめします!留学の期間にもよりますが、具体的な準備は半年~3ヶ月ほど前からでもOK。ビザや航空券の準備、滞在先の確保以外に思わぬ手続きが発生する場合もあるので、一つひとつリストアップしながら進めていきましょう。

自分に合った国や都市はどうやって決めればいい?

自分の語学留学の目的や生活スタイル、予算によって決めましょう。 とことん勉強したいという方はフィリピン、のどかな雰囲気で学びたいという方はニュージーランドといったように、各国それぞれに特徴があります。複数の国で悩んでいる方は、エージェントに相談しながら決めるというのもよいでしょう。

語学学校の授業ってどんな感じ?

語学学校は一般英語や進学準備などさまざまなコースがあり、学ぶ内容や授業の雰囲気はそれぞれ異なります。また、プレゼンテーションやディスカッションなど、学生主体となるものが多く取り入れられていることも特徴です。

語学学校にはどんな人たちがいるの?

世界中の留学生が自分たちの目的を叶えるために語学学校に集まるため、さまざま世代や年齢、国籍の人々と共に学ぶことになります。また、学校によっては国籍の割合を調整していたり、年齢を区切っていたりする場合もあります。

語学留学でおすすめの滞在方法はある?

語学留学で選べる滞在方法は主にホームステイ、学生寮、アパートなどがあり、留学の期間によっておすすめの滞在方法が異なります。たとえば、短期の語学留学の場合はできるだけ早く海外での生活に慣れることができるように、アットホームなホームステイがおすすめです。長期の語学留学であれば、最初はホームステイや学生寮で滞在し、慣れてきたらアパートで暮らしてみるというのも良いですね!

語学留学では語学以外に何が学べる?

語学留学では、語学を学ぶことだけでなくさまざまな知識や経験も得ることができます。たとえば、コミュニケーションスキルや問題解決力、適応力、そして異文化交流を通じてグローバルな視野を広げることが可能です。さらに、ダンスやダイビング、ヨガ、料理など語学+αのコースも多数あります。また、ボランティア活動や現地のイベントに参加することで、滞在する地域の文化や社会に深く触れる機会もつくれるでしょう。

語学留学の体験談

2023.10.18

【体験談】語学力ゼロで挑んだフランス語学留学。まずは飛び込む勇気が大切!

2023.10.18

【体験談】ロンドンの家賃相場はかなり高い!イギリス・語学留学で自分に合った住まいを見つけるには

2023.10.17

【体験談】韓国の語学留学で知った独特の人間関係!「オッパ」って何のこと?

体験談をもっと見る

語学留学のおすすめプログラム

プログラムをもっと見る

語学留学の新着記事

2024.02.08

カナダの語学学校一覧!おすすめの語学学校や費用・入学条件を徹底解説

2024.02.05

オーストラリアの語学学校一覧!おすすめの語学学校や費用・選び方を徹底比較

2024.01.29

【1分で分かる】語学学校とは?おすすめの国や語学学校一覧・費用相場

記事をもっと見る

「仕事のために語学を学びたい」「将来は海外で生活してみたい」…語学を学ぶ目的は人それぞれ!

学ぶ人の数だけ語学留学のスタイルがあり、留学先でどのように成長できるかもその人次第です。

語学留学はプログラム数も豊富なので、プラン立てに悩むという方はぜひプログラムもチェックしてみてください。
語学留学が気になったら、まずはパンフレット(無料)をもらって検討しましょう!

留学エージェントのパンフレットをもらおう!

留学エージェント各社のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

留学エージェントとは?

留学エージェントとは、留学を手配する代理店です。手配だけではなく、学校選びや留学全般のアドバイス、留学中のサポートまで、留学のプロがあらゆる面でサポートしてくれます。
はじめて留学・ワーホリする方には特におすすめです。

まずは各社の資料をもらおうパンフレットを見てみたい!