利用者 47 万人突破!

(2020年9月19日更新)

台湾
語学留学するには?2分で始める留学実現の第1歩

H1 label
台湾語学留学の費用、成功させたい人必見!

こちらでは、台湾語学留学の特徴やメリット、費用などについてご紹介しています。
「留学してみたいけど遠い地域は不安で…」「親日の国で留学したい!」という方にとって、台湾はぴったりの留学先なので、ぜひチェックしてみてくださいね!

台湾語学留学が気になったら パンフレットを見てみたい!

学べる言語

中国語 , 英語

台湾の語学留学の特徴・メリット

  • 少人数制の語学学校が多い
  • 大学付属の語学センターは年齢制限あり
  • 繁体字が学べる

旅行先として人気の高い台湾ですが、実は留学先としてもたくさんのメリットがあります!

学べる言語は中国語が基本ですが、語学学校によっては英語のレッスンを行っているところもあるため、一度に2つの語学力アップを目指すこともできますよ。
台湾の語学学校は少人数制のところも多いので、積極的にコミュニケーションを取りたい方にもぴったりですね!

また、台湾で語学留学をしたい方は、大学付属の語学センターか民間の語学学校から選択することになります。
語学センターは大学進学を目指す方も多く、高校卒業以上の年齢でないと入学することができません。
受講期間も8週間以上、3ヶ月以上と決められているため、「1週間だけ授業を受けてみたい」「高校生のうちに語学留学してみたい」という方は、民間の語学学校を探してみるようにしましょう。

台湾で話されている中国語の特徴

台湾の中国語は「台湾華語」とも言われ、中国で話されている中国語とは少し変わってきます。
大きな違いとしては、使われている漢字が台湾は「繁体字」、中国は「簡体字」と異なることですが、それ以外に発音や単語などにも違いがあります。

どちらを学んでも互いにコミュニケーションは取れるため、「広く使われている中国語を学びたい」ということであれば中国留学を検討してみるのもよいですね!

中国語学留学について見てみる

繁体字・簡体字の例

日本語 繁体字(台湾) 簡体字(中国)
いらっしゃいませ 歡迎光臨 欢迎光临
練習する 練習 练习
烏龍茶 烏龍茶 乌龙茶

台湾語学留学

パンフレットを見てみたい!

台湾留学ができるプログラム

留学プログラムを探す

台湾の語学留学に必要な費用について

台湾の語学留学で必要な費用の目安

期間 費用の目安
1ヶ月 15~40万円
3ヶ月 30~90万円
半年 60~220万円
1年間 120~300万円

※航空券(往復)・学費・滞在費・食費込みの金額

台湾の語学留学に必要な費用の目安は、1ヶ月で15~40万円、1年間で120~300万円ほどです。

台湾は日本から近いこともあり、トータルの費用を安く抑えられるのが特徴。
学費も1年間で50万円前後に済ませられるため、滞在方法によっては少ない予算でも問題なく過ごすことができるでしょう。

また、台湾の中でも台北市は物価が高めなので、台中市や高雄市にある学校を選べば費用を抑えやすくなります。

台湾には語学留学でも利用できる「教育部華語文奨学金」という奨学金制度もあるので、できるだけ安く留学したい方はぜひチェックしてみてくださいね!

台湾留学の費用についてもっと詳しく

台湾にある語学学校の学費例

語学学校名 学費の目安
国立台湾大学
付属中国語センター
・冬季:34,100台湾ドル(約12.4万円)
・春/夏/秋季:それぞれ40,000台湾ドル(約14.5万円)
国立台湾師範大学
付属中国語センター
18,000~36,000台湾ドル(約6.5~13.1万円)※3ヶ月あたり
Taipei Mandarin Center 3,000~12,000台湾ドル(約1.1~4.4万円)※1ヶ月あたり

※別途、教材費や保険料などが必要です

語学学校の学費は、1クラスあたりの人数や授業時間数によって変わってきます。
マンツーマンレッスンを扱っている学校も多いので、じっくり学びたい方はそちらを選択するのもよいでしょう。

また、台湾の語学学校は他の国よりも授業時間数が少なめです。
多いところでも週に15時間ほどなので、授業以外の時間も有効的に使えるようスケジュールを組み立てるとよいですね!

台湾語学留学

パンフレットを見てみたい!

台湾の語学留学で必要なビザ

台湾に語学留学する場合、滞在期間や目的によって必要なビザの種類が変わってきます。

ビザの種類 概要
ビザが不要 滞在期間が90日以内の場合
停留ビザが必要 滞在期間が90日以上の場合
居留ビザが必要 滞在期間が6ヶ月以上の場合
ワーホリビザが必要 語学留学後に現地で働きたい場合
※18~30歳の方のみ

台湾留学の場合、はじめから90日までしか滞在しないことが決まっているのであれば、ビザなしでの渡航でも問題ありません。
ですが、ビザなしで渡航すると現地での延長ができないため、滞在期間を伸ばす可能性があれば停留ビザを申請しておくと安心でしょう。

また、台湾のビザは「シングル」と「マルチ」のどちらかを選択できますが、シングルにすると台湾から出国した際に再度ビザを申請しなければならなくなります。
マルチビザにすれば出入国自由となるので、選択時には間違えないように注意してくださいね。

参照:査証 | 台北駐日経済文化代表処

台湾の語学留学で勉強もグルメも満喫!

国内旅行とあまり変わらない感覚で留学に挑戦できるのが台湾・語学留学の魅力!
まずは短期留学で現地の雰囲気を感じ、その後に長期留学につなげるのもおすすめです。

親日国の台湾なら、「はじめての海外で不安…」という方でも安心して過ごせるポイントが豊富にあります。
グルメも楽しめる国なので、少しでも気になる方はぜひ留学エージェントに相談してみてくださいね!

パンフレットを見てみたい!

台湾留学関連情報

留学エージェントのパンフレットをもらおう!

留学エージェント各社のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

留学エージェントとは?

留学エージェントとは、留学を手配する代理店です。手配だけではなく、学校選びや留学全般のアドバイス、留学中のサポートまで、留学のプロがあらゆる面でサポートしてくれます。
はじめて留学・ワーホリする方には特におすすめです。

まずは各社の資料をもらおうパンフレットを見てみたい!