利用者 40 万人突破!

(2018年12月12日更新)

オーストラリア留学の費用について

オーストラリア留学の費用は、1か月の短期留学で約25~50万円1年間の長期留学で約220~435万円が目安です。
オーストラリアは物価が高いので、留学費用は多めに考えていたほうが安心です。
こちらではオーストラリア留学にかかる費用や節約術についてご紹介します。

パンフレットをまとめてもらえる!資料請求する

オーストラリア留学の費用目安

1か月 3か月 半年 1年
25~50万円 60~120万円 115~225万円 220~435万円

表に含まれる費用内訳:学費・居住費・生活費・渡航費
含まれていない費用:海外留学保険費・ビザ申請費・交際費・交通費・おこづかい・空港出迎え費など

オーストラリア留学にかかる費用の目安一覧

留学費用の種類 費用の目安
渡航費(往復) 6~15万円
海外留学保険費(半年) 2~18万円
諸手続き費用(パスポート・ビザ申請費など) 1.2~7万円
健康診断料 0~3万円
学費(1か月) 10~15万円
居住費(1か月) 5~10万円
生活費(1か月) 3~10万円
その他の費用(交際費・交通費など/1か月) 2~4万円

出発前にかかる費用

オーストラリアに留学する前に必要な費用としては、渡航費や海外留学保険費用、ビザなどの手続き費用などがあります。
どのくらいの費用を用意しておけばよいのか、それぞれ詳しく見ていきましょう!

オーストラリアへの渡航費(往復)

オーストラリアへの渡航費は、往復でおよそ6~15万円です。
留学期間が長くなると持ち込む荷物が増える可能性も高いので、各航空会社の荷物制限やオーバーした際にかかる費用もチェックしていくことをお忘れなく!

諸手続き費用(パスポート・ビザ申請費など)

オーストラリア留学に必要な手続きとして主に挙げられるのはパスポートとビザの申請の2つで、合計しておよそ1.2~7万円ほどかかります。

■パスポート手数料

年齢 有効期限 手数料
12歳未満 5年間 6,000円
12歳以上 5年間 11,000円
20歳以上 10年間 16,000円

パスポート取得の手数料は、年齢や有効期限によって変わります。
10年間のほうが割安で取得できるので、20歳以上の方は10年間パスポートを取得しておくといいですね♪

参照:外務省

■各種ビザ

ビザ名称 概要
ETA 3か月までの短期観光、就学ができる電子渡航許可タイプのビザ
学生ビザ 3か月以上の就学を予定している人に必要なビザ
ワーキングホリデービザ 1年間、オーストラリアで観光・就労などができるビザ ※条件を満たすことで延長も可

■ビザ申請にかかる費用

ビザ名称 費用
ETAS 無料 ※別途手数料として500~2,000円必要
学生ビザ 560ドル(約47,000円)
ワーキングホリデービザ 440ドル(約37,000円)

※1オーストラリアドル=約85円として計算しています。

参照:オーストラリア政府

健康診断料

2015年11月20日以降、日本国籍の留学生であれば学生ビザ取得時の健康診断が原則不要となりました。

ただし、医療やチャイルドケアなどを目的として入国する場合など、一部の方には健康診断が義務付けられています。
健康診断料はおよそ1~3万円で、留学の目的によっても異なります。

オーストラリアは、健康診断が受けられる病院が指定されているので、対象となる場合は早めに確認しておくようにしましょう。

オーストラリア政府指定の病院一覧はこちら

参照:オーストラリア政府

留学先でかかる費用

留学先でかかる費用は、学費や居住費、生活費などがあります。
どのくらい準備しておけば良いのかなど、しっかり確認しておきましょう!

オーストラリア留学にかかる学費

オーストラリア留学での学費は、1か月あたりおよそ10~15万円が目安です。

留学の目的 学費の目安
語学留学(1か月) 6~20万円
高校留学(1年) 80~250万円
大学留学(1年) 100~270万円
大学院留学(1年) 140~280万円

オーストラリアの語学学校の入学金は平均200ドル(約1.7万円)程度で、週ごとの学費は280~350ドル(約2.4~2.9万円)前後です。

また、高校に通う場合は1年間で10,000ドル(約85万円)以上、大学は理系の場合だと1年間で20,000ドル(約170万円)以上かかると言われています。
正規留学では奨学金制度を利用できる可能性も高いので、条件に当てはまる制度を探してみると良いでしょう。

オーストラリアでの居住費(1か月)

オーストラリアでの居住費は、1か月あたりおよそ5~10万円が目安です。

オーストラリアではワーキングホリデーなどで長期滞在をする人が多いですが、最初の数か月をホームステイで過ごし、残りの期間をシェアハウスに滞在するというケースが一般的です。

ホームステイの滞在費は1週間でおよそ250ドル(約2.1万円)ほど。
朝晩の食事がセットになっていることも多いので、自炊が苦手という方にはぴったりの滞在方法ですよ♪

また、シェアハウスは週に約100~200ドル(約0.8~1.7万円)ほどなので、1か月で6万円を目安として考えてくださいね。

オーストラリアでの生活費(1か月)

オーストラリアでの生活費は、1か月あたりおよそ3~10万円が目安です。

オーストラリアは日本に比べると物価が高いため、カジュアルなレストランでも1食1,000円以上かかることがほとんど!
滞在する都市によっても生活費は大きく異なりますが、予算は多めに見積もっておくとよいでしょう

オーストラリアの滞在で必要になるその他の費用(交際費・交通費など/1か月)

オーストラリアの滞在で必要になるその他の費用は、1か月あたりおよそ2~4万円が目安です。
もちろん生活スタイルによって大きく変動する部分ではありますが、オーストラリアを満喫するためにも余裕をもって準備しておきたいポイントですね!

オーストラリア留学の節約術

次に、オーストラリア留学での節約術をご紹介します!
物価が高いオーストラリアで留学するためには、どのような点に意識していけばよいのでしょうか?

出発前にできる節約術

まずは出発前からできる節約術について見ていきましょう!
早めに準備に取りかかることが、トータルの費用を抑えるコツですよ♪

渡航費の節約術

オーストラリアへの渡航費を節約するうえで大切なのは、旅行シーズンと重ならないように気をつけること、そして格安航空会社のキャンペーン時期を狙うことです。
ゴールデンウィークや年末年始などを避けることで、渡航費を半分以下に抑えることもできるでしょう。

また、格安航空会社のキャンペーンを利用すると、片道3万円以下で手配することも可能です。
格安航空会社はオプションなどによって費用がかさむことも考えられるため注意が必要ですが、いろんな条件をチェックしてオトクにゲットできると良いですね♪

学費の節約術

オーストラリア留学で学費を節約したいという方は、複数の語学学校の情報を確認するようにしましょう!

語学学校は、留学のオフシーズンなどに通常価格よりも安く価格を設定していたり、長期割引のキャンペーンを行っていたりします。
また、同じ学校であっても、時間帯を変えることで費用を節約することができるんです♪

また、大学や大学院への正規留学であれば、利用できる奨学金制度が多くあるのも忘れてはいけません。
オーストラリア留学の場合、「エンデバー奨学金」のように給付型(返済不要)の奨学金もあるので、費用面で留学が困難という方はぜひチェックしてみてくださいね。

奨学金制度について詳しく

居住費の節約術

オーストラリアでの居住費を節約するためには、シェアハウスでの滞在を考えて計画を立てると良いでしょう。

現地での生活に慣れるためにも、はじめのうちはホームステイがオススメですが、シェアハウスは家賃を数人で割ることができるので、居住費をホームステイの半額くらいに抑えることも可能です。

また、できるだけ居住費を抑えたいという方は、オーペアという方法もあります!
オーペアはファミリーのお手伝いをすることで、居住費や食費が無料になるという制度。
子どもたちや家族との交流を通して、英語力アップにもつながるんですよ♪

オーストラリアでオーペアができるプログラムはこちらから

留学先でできる節約術

留学先でできる節約術にはどんなものがあるのでしょうか?
こちらでは、為替と生活費の2つのポイントについてお伝えします!

為替の節約術

できるだけお金を節約したいという方は、為替についてもチェックしておきましょう!

オススメなのは、レートを定期的に確認して円高の時期に両替をすること。
学費の支払い前であれば、円高の時期を狙うことでさらに節約できるので、しっかり確認しておいてくださいね。

生活費の節約術

オーストラリアは物価が高く、外食にかかるコストがとても大きいです。

そのため、生活費の節約には自炊が欠かせません。
できるだけまとめ買いをしたほうが安く済ませることができるので、一度にたくさん買って友人たちと分け合うのもオススメですよ♪

また、交通費を節約!とお考えの方は、自転車をぜひ活用しましょう。
ヘルメット着用が義務付けられているなど、オーストラリアは日本よりもルールが明確に定められているので、事前にルールを確認するようにしてくださいね。

オーストラリアの物価

オーストラリアは物価が高く、商品によっては日本の3倍以上の価格のものも…。
特にコンビニは値段が高く設定されているので、買い物はスーパーなどで済ませることが大切です。

また、オーストラリアは物価が高い分、最低時給が18.29ドル(約1,550円)と高く設定されているというのも忘れてはいけないポイント!

オーストラリアは、週に20時間までであれば学生ビザでもアルバイトをすることができるので、現地での生活に困ったときはアルバイト探しをしてみるのもオススメですよ♪

オーストラリアの物価目安

商品 価格
500ml水のペットボトル(1本) 1~3ドル(約85~250円)
マクドナルドのハンバーガーセット 7~12ドル(約600~1,000円)
最低時給 18.29ドル(約1,550円)

※上記の金額はおおよその目安です

パンフレットをまとめてもらえる!資料請求する

オーストラリアの留学プログラムを見る

留学プログラムを選ぶポイント

留学プログラムを選ぶ際に重要となるポイントは、留学プログラムに含まれる費用内訳と、留学エージェントのサポート内容です。お金だけでなく総合的な視点で自分に合ったものを探していきましょう。

留学プログラムに含まれる費用内訳を確認

プログラムによっては食費や宿泊費などが含まれているものがあります。そのほうが楽でお得♪という人もいれば、せっかくだから自分の思うように滞在したい!という人もいるでしょう。お金だけでなく、内容の面でも満足できる留学にするために、プログラムに含まれる費用内訳を確認し、具体的にイメージして選びましょう。

留学エージェントのサポート内容を確認

留学プログラムを提供している「留学のエージェント」は、留学先の手配や留学中のサポートなどを行う代理店のことです。 現地の情報に精通していたりサポートが充実していたりといろんなメリットも♪複数のエージェントを比較するのがおすすめです!

オーストラリアの留学プログラム

プログラムをもっと見る

学べるものがいっぱいのオーストラリア留学♪

オーストラリア留学

オーストラリアは留学生に対してのさまざまなサポートを行っているので、他の英語圏に比べて手が届く範囲の費用で行くことができます。

費用が心配で…という方は、現地でのお仕事やオーペアなどに挑戦してみるのもオススメですよ♪
現地でのアルバイトなどを通して、語学や専門知識以外にも、多くの学びを得られるかもしれません!

オーストラリア留学で得た経験は、就職活動をはじめこれからの人生のあらゆる場面に役に立つはずです。
迷っている方も、ぜひこの機会にプログラムなどをチェックしてみてくださいね!