利用者 41 万人突破!

(2019年6月17日更新)

ノルウェー大学留学の費用、成功させたい人必見!

ノルウェー大学留学の費用、成功させたい人必見!

オーロラ、豊かな自然、福祉国家、北欧独特の家具…といったイメージが強いノルウェー。
大学留学先としてはまたメジャーではありませんが、留学生におすすめのポイントもあるんですよ♪

パンフレットもらう

ノルウェーの大学留学の特徴

ノルウェーの大学留学の大きな特徴として、国公立大学の学費が無料ということが挙げられます。
留学生であっても、この学費無料の制度は適用されます。
費用を考える上では、とても大きなメリットですね!

一方で、ノルウェーは物価や税金が高いため、生活費は多めに見積もっておくと安心です。
ノルウェーの大学留学ではアルバイトが認められているため、生活費や語学力向上のためにチャレンジしてみるのもいいですね!

ノルウェーの公用語はノルウェー語ですが、大学では英語で受講できるコースもあります。
学びたい分野を学ぶとともに、トライリンガルを目指せちゃうかも!?

ノルウェーで大学留学ができるおすすめプログラム

プログラムをもっと見る

ノルウェーの大学留学に必要な費用について

ノルウェーの大学留学で必要な費用の目安

期間 費用の目安
1か月 20~50万円
3か月 50~100万円
半年 80~180万円
1年間 140~340万円

ノルウェーの大学留学にかかる費用の目安は、1年間で140~340万円です。

ノルウェーでは国公立大学の学費が無料なので、主な費用の内訳は渡航費や滞在費、生活費が中心になります。
また、学費は無料ですが、学期手数料として各学期ごとに300~600クローネ(約4,200~8,400円)ほどが必要です。

ノルウェーの大学は、学士・修士・博士のいずれの課程でも基本的には学費が無料で、留学生に対しても国籍を問わず適用されます。

学費は無料といっても、滞在や生活にかかる費用は大きいので予算は計画的に準備するようにしましょう!

ちなみに私立大学の学費はどのくらい?

大学名 学費
Dronning Mauds Minne 2,200クローネ(約3.1万円)※その他諸費用あり
VID videnskabelige højskole 学士課程:2,930~8,230クローネ(約4.1~11.5万円)
マスター課程:2,530~33,330クローネ(約3.5~47万円)
Ansgar College AS 95,310~99,310クローネ(約133~140万円)

私立大学の学費は、学校によって大きく異なります。
上記の大学はいずれも学期ごとの学費で、授業料の他に、学期ごとに払う学期料金や旅行費などが含まれています。

ノルウェーで生活するのにかかる費用はどのくらい?

世界的にも物価・税金が高いことで知られるノルウェー。
滞在先が学生寮かアパートか、あるいはホームステイかによっても異なりますが、滞在費と生活費で1か月あたり10~15万円ほどがひとつの目安です。

1人暮らしのアパートの場合、家賃は1か月5万円以上の物件がほとんど。
一方で、学生寮を選ぶならば、1か月3~4万円代の部屋も探すことができます。

また、ノルウェーで外食をとる場合、ランチでも200クローネ(約1,800円)前後
食事が外食ばかりになってしまうと、生活費があっという間にかさんでしまいます。

スーパーなどを積極的に活用し、自炊中心の生活を心がけるといいでしょう。
ノルウェー生活を機に、料理の腕を上げてみるのもいいかもしれませんよ♪

ノルウェーの大学留学でアルバイトはできるの? 

大学留学ではアルバイトが禁止されている場合もありますが、ノルウェーの大学留学では週に最大20時間までのアルバイトが許可されています。

学費が無料とはいっても、生活費がかさむノルウェーでは学生でもアルバイトができるのは嬉しいですね!
ただし、学生ビザでアルバイトを続けるためには、「学業を疎かにせずしっかり励まなければならない」という条件のもと、就労を許可してもらう必要があります。

アルバイトは収入があるだけでなく、習得した語学を実践できるチャンスです。
ノルウェーの大学留学をお考えの方は、ぜひアルバイトについても検討してみてくださいね!

ノルウェーの最低時給はいくらくらい?

ノルウェーでは一般的な最低時給は定められておらず、時給は働き先によって異なりますが、一般的には時給100クローネ(約1,400円)が目安となります。
また、特定の職種や18歳未満の労働者に対しては、労働監督によって最低賃金が定められています。

ノルウェーのアルバイトは時給が高めである一方、所得税が大きく引かれます。
大学留学でアルバイトをお考えの方は、ノルウェーの仕事形態をしっかり確認しておくようにしましょう。

また、ノルウェーで募集されているアルバイトは、カフェやレストラン・ビザ屋などのウェイトレスやキッチンスタッフ、清掃スタッフ、季節労働などが挙げられます。

ノルウェーの大学留学で奨学金はもらえるの?

ノルウェーの大学留学では、日本やノルウェーからの奨学金を受けることができます。

日本では、一例として以下のような団体が奨学金制度を設けています。

  • 日本学生支援機構(JASSO)
  • 日本ノルウェー協会留学生助成
  • スカンジナビア・ニッポン・ササカワ財団助成金

また、ノルウェーの各大学でも利用できる奨学金制度を紹介しているので、留学する大学のサイトはしっかりチェックしておくようにしましょう!

奨学金に関して詳しくはこちら

ノルウェーの大学留学関するその他詳しい情報

ノルウェーの大学に関して、疑問はさまざま!
こちらでは、ノルウェーの大学の特徴や必要な語学力などについてまとめているので、留学を検討している方は参考にしてみてくださいね。

ノルウェーの大学について

ノルウェーの大学は「国公立大学の学費が無料」であること以外に、大学受験が書類審査のみの学校がある点が特徴として挙げられます。

学校や専攻によっては試験が必要となるところもありますが、願書とともに指定の学歴証明書、語学力証明書などを提出し一定の語学力が認められると、書類審査のみで入学が可能な場合もあります。

また、ノルウェーの大学では「ボローニャ・プロセス」というヨーロッパの制度に従って、

  • 学士課程:3年間
  • 修士課程:2年間 
  • 博士課程:3年間

と、日本とは異なった在学期間になっています。

学年度としては1年間が2学期制で、秋学期が8月中旬~12月中旬、春学期は1月中旬~6月中旬となっている大学が多いです。

ノルウェーの大学留学に必要な語学力は?

ノルウェーの大学では、学校によっては求められる語学力が決められている場合が多いです。

たとえば、オスロ大学の学士課程では英語力が求められる他、ノルウェー語を習っていない生徒のために1年間ノルウェー語を学ぶプログラムが用意されています。
一方、修士課程では英語のみで受講できるコースも多くあります。

大学やコースによって求められる語学力は異なってくるので、留学準備を進める際には各大学で決められている語学力の条件を参考にしてくださいね。

オスロ大学で求められる英語レベル

学位 最低スコア
学士コース ・IELTS5.0
・TOEFL60
マスターコース ・IELTS6.5
・TOEFL90

ノルウェーの学校風景

ノルウェーの大学留学で必要なビザについて

ノルウェーに90日を超えて滞在する場合は、滞在許可が必要です。
大学留学の場合は、留学用の滞在許可を申請することになります。

留学に際しては、ある程度のまとまった資金があることが条件になります。
ノルウェーへの大学留学を視野に入れている方は、早めに資金の準備を始めるようにしましょう。

また、滞在許可の申請に関しては、ノルウェー移民局(UDI)のサイトに詳細が掲載されているので、参考にしてみてくださいね。

ノルウェー移民局(UDI)の公式サイトはこちら

ノルウェーの留学用滞在許可の申請に必要な書類

項目 概要
パスポートとパスポートのコピー それぞれ必要
カバーレター 家族(親)などの署名が必要
パスポート用写真 背景が白色のもの。2枚必要
入学許可証 指定された教育機関からのもの
充分な資金を証明するもの 年間111,657クローネ(約157万円)相当の資金があることを証明するもの
滞在場所を示す書類 ノルウェーでの滞在地を記した書類
チェックリスト ノルウェー移民局(UDI)のサイトにあるチェックリスト

自然豊かなノルウェーで、一味違った大学留学をしてみよう!

いかがでしたか?

国公立大学の学費が無料であったり、留学生でもアルバイトが許可されていたりなど、実はさまざまなおすすめポイントがあるノルウェーの大学留学。
「ノルウェー語なんて勉強したことない…」という方でも、英語で受講できるコースはたくさんあります。

大学留学をお考えの方は、大自然に囲まれたノルウェーでの留学も視野に入れてみてはいかがでしょうか。
また、ノルウェー留学や大学留学に興味をもった方は、エージェントへの相談や資料請求などもしてみてくださいね♪

パンフレットもらう