利用者 40 万人突破!

(2018年12月16日更新)

アメリカ留学の費用について

アメリカ留学の費用は、1か月の短期留学でおよそ20~70万円、1年間の長期留学でおよそ150~620万円かかります。
ここでは、アメリカ留学の費用詳細と、どうすれば留学費用を安くおさえられるか、留学費用の節約テクニックをご紹介します!

パンフレットをまとめてもらえる!資料請求する

アメリカ留学の費用目安

1か月 3か月 半年 1年
20~70万円 40~170万円 80~320万円 150~620万円

表に含まれる費用内訳:学費・居住費・生活費・渡航費
含まれていない費用:海外留学保険費・ビザ申請費・交際費・交通費・おこづかい・空港出迎え費など

アメリカ留学にかかる費用の目安一覧

留学費用の種類 費用の目安
渡航費(往復) 10~20万円
海外留学保険費(半年) 6~18万円
諸手続き費用(パスポート・ビザ申請費など) 5~10万円
健康診断料 2~4万円
学費(1か月) 5~30万円
居住費(1か月) 3~10万円
生活費(1か月) 3~10万円
その他の費用(交際費・交通費など/1か月) 3~5万円

出発前にかかる費用

アメリカ留学出発前にかかる費用は、アメリカへの渡航費、海外留学保険費、ビザ申請など諸手続きの費用が主となります。
初めて海外へ行く方、初めて留学する方は、手探り状態になってしまって、どんなポイントがあるのかわからないですよね。
それぞれについて詳細をご紹介していきます!

アメリカへの渡航費(往復)

都市によって、航空会社によってアメリカの渡航費には差が出てきますが、相場は往復でおよそ10~20万円くらいです。

海外留学保険費用

アメリカ留学での海外保険は、AIU保険や日本の保険会社が行っている海外旅行保険などがあります。
AIUでは半年なら費用は10万円~、1年になれば20万円~といったものがあり、その保障内容などによって30万円くらいまでの見積もりになります。

アメリカでは医療費がかなり高く、裁判もかなり多い(すぐに訴えたり訴えられたり)ので、アメリカ留学では個人賠償などの保険がついているものを選んだほうが安心です。
できるだけ日本でしっかりと話を聞いて契約を行い、日本語でのサービスがある保険を選びましょう。

海外留学保険についてもっと詳しく

諸手続き費用(パスポート・ビザ申請費など)

アメリカ留学に必要な手続きとして主に挙げられるのはパスポートとビザの申請の2つで、合計しておよそ5~10万円ほどかかります。

■パスポート手数料

年齢 有効期限 手数料
12歳未満 5年間 6,000円
12歳以上 5年間 11,000円
20歳以上 10年間 16,000円

パスポートは有効期限や作成時の年齢によって費用が変わります。
10年間有効なパスポートは割安なので、20歳以上であれば10年間有効なパスポートを作成することをオススメします。

参照:外務省

■各種ビザ

ビザ名 概要
F-1ビザ 最も一般的な学生ビザで、アメリカの認定大学、私立高等学校、認可された英語プログラムなどで教育を受ける場合に必要です。週18時間以上の授業を受けるときにも必要です。
M-1ビザ アメリカの機関で非学術的、または職業的な教育や研修を計画している場合に必要になるビザです。
VWP(ビザ免除プログラム) 授業が週18時間未満で滞在期間が90日以内の場合、ESTAの申請と、帰路航空券予約済みであればビザが免除になります。

■ビザ申請にかかる費用

項目 費用
ビザ申請料金 160ドル(約17,000円)
SEVIS費用 ※学生ビザ申請者のみ 200ドル(約21,400円)
入学許可証発行手数料 ※学校によって変わります 100~500ドル(約10,700~53,400円)
ESTA 14ドル(約1,500円)

※1米ドル=約107円として計算しています。

参照:米国ビザ申請在日米国大使館・領事館

健康診断料

アメリカ留学のための健康診断にかかる費用は2~4万円が目安です。
基本的な健康診断であれば1万円弱から利用することができますが、留学先からの指定があれば、さらに費用がかかる可能性があります。

また、通常の健康診断料に加え、英文診断書の作成費用として1万円ほど用意しておくと良いでしょう。

健康診断にかかる費用は各クリニックによって異なり、急な予約が難しい場合もあります。
英文診断書の作成には時間がかかり、早く作成するために追加料金が必要となるケースもあるので、お住まいの地域のクリニック情報を早めにチェックするようにしてくださいね!

留学先でかかる費用

留学先でかかる費用は、学費、居住費、生活費や交通費などの雑費が主となります。

アメリカ留学にかかる学費

アメリカの学費は1か月あたりおよそ5~30万円が目安です。

留学の目的 学費の目安
語学留学(1か月) 5~25万円
高校留学(1年) 100~400万円
大学留学(1年) 100~400万円
大学院留学(1年) 150~500万円

語学学校に通う場合、だいたい月に5~25万円程度の学費がかかります。

大学や高校など、現地の学校に通う場合は、費用は大きく異なります。
特にアメリカの大学に通う場合の学費は高額で、1年間で州立大学だと150万円程度、私立大学の場合は350万円程度が目安になります。
しかし、高額な分、奨学金制度も充実しているので利用することをオススメします。

アメリカの居住費(1か月)

アメリカの居住費は1か月あたりおよそ3~10万円が目安です。

都心部になるほど家賃は上がりますが、郊外に行けば3万円から借りられる部屋もあります。 ただし、治安と家賃は比例するので要注意です! 事前に安全な場所か確認しておきましょう。

また、ホームステイなら光熱費・食費込みで月10〜20万円くらいが目安となります。

アメリカでの生活費(1か月)

アメリカでの生活費は1か月あたりおよそ3~10万円が目安です。

留学中の食生活によって生活費は左右されます。
食べるものによっては3万円ほどですみますし、外食などを高い頻度で続けていれば月に10万円ほどになることもあります。

アメリカの滞在で必要になるその他の費用(交際費・交通費など)

アメリカの滞在で必要になるその他の費用は、1か月あたりおよそ3~5万円が目安です。

学校からの距離や留学の目的によっても大きく変わってきますが、プライベートも充実させたい!ということであれば、多めに用意しておきたいところですね♪

アメリカ留学の節約術

アメリカ留学の中でも特に大学などは学費が高く、留学費用は少しでも節約したいところですよね。
そこで節約できるポイントをまとめてみました。

出発前にできる節約術

アメリカ留学の出発前には、渡航費、学費、居住費の節約ができるポイントがあります。
ぜひご検討ください♪

渡航費の節約術

アメリカへの渡航費を節約するためには、可能であれば、オフシーズンの安い時期(1〜3月前半&GWを除く4〜6月)を狙うのがおすすめです。

気温が低く観光には向かないことや、日本の長期休暇にかぶらないことが理由らしいです。
その時期の渡航費の相場はおよそ7〜10万円ほどで、全体的にお得な金額に落ち着きます。

ちなみに、大学生や社会人の休みとかさなる年末年始や3月後半、ゴールデンウィークやシルバーウィークなどの大型連休、子どもの夏休みとかさなる7~8月は、観光でにぎわうため渡航費は高くなる傾向にあります。
なるべく避けるようにしましょう。

学費の節約術

アメリカ留学の学費を節約する方法ですが、大学留学の場合、奨学金制度(スカラーシップ)を受けることができます。
100~200ドル程度の小額の奨学金援助もあれば、中には全額支給という奨学金制度も存在するくらいです。 アメリカ出身ではない留学生でも、奨学金を受け取ることが可能です。

ただし、成績・文化交流などで優れた結果を出す必要があり、その成果によって支給してもらえる金額も大きく変動します。
まさしく、自分の頑張り次第で評価されるのです。

アメリカ留学で奨学金をもらうには?

居住費の節約術

アメリカ留学での居住費を節約するためには、治安と家賃相場のバランスを見て程よい地域を事前に絞りこむか、ホームステイなどの滞在方法を検討しましょう。

日本と同じようにアメリカも都心部になるほど家賃は上がります。
ニューヨーク都心部の家賃の相場は毎月1,000ドルが最低ライン。
日本円にして10万円以上を超えることもあります。

郊外に行けば3万円から借りられる部屋もあるようですが、治安と家賃は比例するので要注意です!費用だけではなく、事前に安全な場所か確認しておきましょう。

ホームステイなら光熱費・食費込みで月10〜20万円ほどなので、予算を立てやすくなります。
また、ホストファミリーとの生活で、海外のリアルな日常を体験できるのも魅力ですよ♪

留学先でできる節約術

留学先では、為替による節約、生活費の節約ポイントがあります。ぜひご検討ください♪

為替の節約術

為替は留学費用に大きく影響します。
円高のタイミングを狙うことができれば、節約できるのでおすすめです。

逆に円安の場合には留学期間が長ければ長いほど費用がかさんでしまうので注意が必要です。

生活費の節約術

アメリカ留学での生活費を節約するためには、自炊して食費を節約するのがおすすめです!
アメリカでの食事の費用は、1食で平均1,000円程度。
ただ、ちょっといいレストランに行くと、4,500円以上は必要に!

外食も値段と味は比例しがち。
アメリカでいいものを食べるなら、日本よりもちょっと費用はかかりそうです。

さらに、アメリカはチップ制度があることを忘れてはいけません。
チップの相場は、合計金額の15~20%程度。
高級レストランの場合はチップも必然的にはずみます。

季節や都市にもよりますが、食材は日本と同じくらいか、安くなるものもあります。
余計な外食は控え、自炊をすることで節約しましょう。

アメリカの物価

アメリカと日本の物価はさほど変わりませんが、アメリカは食料品や飲料がスーパーでもファストフードでも大容量なため日本よりも倍安いと言っていいかもしれません。

ただし、ラスベガスやニューヨークなど土地代の高いところでは日本と同じで家賃が高いので、アメリカ人でもルームシェアなどをしている場合が多いようです。

また、気をつけたいのは「チップ文化」。
アメリカではレストランに入ると担当のウェイターにチップを渡さなければいけません。
そのため外食は日本よりも高くかかってしまうという場合もあります。

アメリカの物価目安

商品 価格
500ml水のペットボトル(1本) 0.2~1.6ドル(約20~170円)
マクドナルドのハンバーガーセット 4.5~8ドル(約500~800円)
最低時給 7.25ドル(約780円)

※上記の金額はおおよその目安です

パンフレットをまとめてもらえる!資料請求する

アメリカの留学プログラムを見る

留学プログラムを選ぶポイント

留学プログラムを選ぶ際に重要となるポイントは、留学プログラムに含まれる費用内訳と、留学エージェントのサポート内容です。お金だけでなく総合的な視点で自分に合ったものを探していきましょう。

留学プログラムに含まれる費用内訳を確認

プログラムによっては食費や宿泊費などが含まれているものがあります。そのほうが楽でお得♪という人もいれば、せっかくだから自分の思うように滞在したい!という人もいるでしょう。お金だけでなく、内容の面でも満足できる留学にするために、プログラムに含まれる費用内訳を確認し、具体的にイメージして選びましょう。

留学エージェントのサポート内容を確認

留学プログラムを提供している「留学のエージェント」は、留学先の手配や留学中のサポートなどを行う代理店のことです。 現地の情報に精通していたりサポートが充実していたりといろんなメリットも♪複数のエージェントを比較するのがおすすめです!

アメリカの留学プログラム

プログラムをもっと見る

自由の国アメリカを思いっきり満喫♪

アメリカ留学

アメリカ留学はプログラムによって金額が全然違ってくることがおわかりいただけましたか?
留学の目的は人それぞれ。「なんとなく行ってみたいから」でもいいんです!

世界各国から大勢の人種が集まるアメリカなら、あなたの価値観を変えるような大きな体験ができるかもしれませんよ♪

アメリカ留学トップへ