利用者 48 万人突破!

(2020年11月27日更新)

【プロダンサーを目指す】ニューヨークの名門スクールで本格ダンス留学

【プロダンサーを目指す】ニューヨークの名門スクールで本格ダンス留学
\ このプログラムが気になったら /パンフレットを見てみたい!

世界のダンスを体験して、海外ダンサーが持つプロ意識や表現力の違いを学んだら、舞台を世界に移して活動するダンサーになれる可能性が広がります。

エージェント名ウインテック留学センター
国/都市アメリカ/ニューヨーク
目的習い事・おけいこ/スポーツ留学/バレエ&ダンス
コースについて
『ニューヨークでプロダンサーを目指す』ダンス留学プログラム 934,000円(365日)
費用に含むもの授業料
その他費用に含むもの

授業料、入学金

留学プログラム No.1078

Points

  • プロダンサー多数輩出の名門スクールでダンスに没頭できる!
  • バレエ、モダン、ヒップホップ、ジャズ、ヨガなどからクラス選択
  • ハイレベルな海外ダンサーと一緒にスキルアップ!

ニューヨークを代表するダンススタジオ

本格ダンス留学では以下の有名ダンススタジオを筆頭に学生ビザが発行されるはスクールは全てアレンジ可能です。
■Broadway Dance Center(ブロードウェイダンスセンター)
■Peridance Capezio Center(ペリダンスセンター)
■Steps on Broadway(ステップスオンブロードウェイ)

ニューヨークのダンススタジオはビザが発行される!

ニューヨークではブロードウェイダンスセンターやペリダンスセンターなどの一部のダンススタジオでは、学生ビザ発行が認められているため、ダンス留学のみで長期滞在することも可能です。卒業後はOPT(Optional Practical Training)という制度で卒業後に1年間、有給就労経験を積むチャンスも。そこで実力を示すことができればカンパニーに所属し、世界を舞台に活躍するアーティストになることも夢ではありません。※スタジオによって発行されるビザが異なるため要注意

また、ダンスでビザを取得する場合、自身の得意ジャンルだけではなく、バレエや栄養学、怪我の予防などダンス全般の科目を履修することが義務付けられています。

滞在はシェアハウスがおすすめ

留学中の滞在先というとホームステイを思い浮かべる人も多いですが、ダンス留学の場合は門限などの制約が少なく、交通アクセスのよいシェアハウス滞在がおすすめです。
ダンサー仲間とシェアハウスに滞在すれば、ルームメイトと一緒にレッスンを受けに行ったり、チームを組んだりもしやすい点も魅力のひとつです。

この留学プログラムの特徴まとめ

向いている人は?

初心者

キャリアアップ

必要な語学のレベルは?

話せなくても大丈夫

ある程度は必要

アクティビティの多さ

少ない

多い

メジャー度

人とは違う

人気

\ このプログラムがよくわかる /パンフレットを見てみたい!

関連の留学情報