利用者 41 万人突破!

(2019年6月25日更新)

ニューヨーク留学するなら!費用やメリット、体験談、基本情報など

ニューヨーク留学するなら!費用やメリット、体験談、基本情報など

「眠らない街」と称され、世界経済の中心とも言える大都会ニューヨーク。
さまざまな人種が交わる都市でもあり、語学だけでなく、多様な文化や考えに触れることができます。
刺激的な経験をしたい、人間としても成長したいという方は、ぜひニューヨーク留学も候補の1つに入れてみてくださいね!

パンフレットもらう

ニューヨーク留学のプログラム

まずは、どのような留学プログラムがあるかチェックしてみましょう。
実際のプログラムを見ることで、ニューヨークでの生活がイメージしやすくなりますよ!

プログラムをもっと見る

ニューヨーク留学の体験談

【体験談】現地の空気を体感!アメリカ留学で回った3都市をご紹介します

2018.08.27

【体験談】スイーツとダイエットを両立!アメリカ・ダンス留学は身体の維持も大切です!

2018.08.24

【体験談】アメリカでダンス留学!心構えやダンス学校情報などをお届けします♪

2018.08.24

ニューヨーク留学のメリットと特徴

  • 地下鉄が24時間運行!車が不要で留学生も安心
  • 語学以外にもファッションやダンスなど専門的なことを学べる学校が豊富
  • エンターテイメント性の高さは世界一!?勉強も遊びも思いのまま!

世界一の観光地であり、世界経済の中心である大都市ニューヨーク。
留学だけでなく、旅行やビジネスで訪れる人も多く、エネルギーに満ちあふれています。

また、ニューヨークは一度滞在しただけでは回りきれないくらいの見どころがあり、リピーターが多いという特徴もあります。

もちろん短期留学でもさまざまな刺激を受けることができますが、長期で留学すればニューヨークのディープな魅力に気づけるかもしれませんね!

地下鉄が24時間運行!車が不要で留学生も安心

ニューヨークは地下鉄が24時間運行しており、移動に困ることがありません。
アメリカは車社会というイメージもありますが、ニューヨークに限っては車を持っていなくても問題なく生活できるので、留学生にとってはありがたいですよね!

また、ニューヨークではUber(配車サービス)も多く利用されているので、タクシー代わりに使ってみるのもおすすめです。
Uberであればチップも不要なので、チップ文化に慣れていない留学初期でも安心して利用できますよ。

Uber(ウーバー)について詳しく見てみる

語学以外にもファッションやダンスなど専門的なことを学べる学校が豊富

ニューヨークには語学学校も豊富にあり価格や授業時間数など幅広い選択肢がありますが、さらにダンスやファッション、アートといった専門分野に気軽に挑戦できるプログラムも多く用意されています。

アーティスティックな感性を刺激されるニューヨークは、語学の勉強だけじゃもの足りない!ニューヨークならではの経験を積んでみたい!という方にもおすすめです。

エンターテイメント性の高さは世界一!?勉強も遊びも思いのまま!

ニューヨークの風景

ニューヨークは、マンハッタンやブルックリン、ブロンクス、クイーンズなどエリアごとの特色があります。

マンハッタンでは経済の中心を感じ、ブルックリンでは多国籍な環境に触れるなど、ニューヨークでないとできないような刺激的な経験が待っていること間違いなしです!

ニューヨーク留学

また、留学するなら、学校以外のプライベートな時間も楽しく過ごしたいですよね!
ニューヨークは、ブロードウェイ・ミュージカルやNBA、野球観戦など、プライベートもとことん満喫できる環境です。

ちょっと疲れた…というときでも、自然あふれるセントラルパークやアートを鑑賞できるメトロポリタンミュージアムなどリフレッシュできるスポットもたくさんあります。
ほどよく気分転換しながら、留学生活を楽しんでいきましょう!

ニューヨークが気になったら パンフレットもらう

ニューヨーク留学の費用

語学留学した場合の費用目安

期間 費用の目安
1週間 約18~25万円
1ヶ月 約25~55万円
6ヶ月 約160~250万円

※航空券(往復)・語学学校の学費・滞在費・食費込みの金額

含まれない金額
おこづかい、海外旅行保険

語学留学のモデル費用(1ヶ月)

項目 費用
合計 約55万円
航空券(往復) 13万円
語学学校 15万円 ※授業時間数:20時間/1週間
滞在費+食費(ホームステイの場合) 18万円
おこづかい 5万円
海外旅行保険 2万円

ニューヨークの語学学校は、1ヶ月あたり約10~20万円で通うことができます。
ただし、上記は授業時間数が1週間で20時間のときの料金です。
たとえば午前中は語学学校、午後は観光を楽しむといったように授業は半日のみのプログラムなので、フルタイムの場合はさらに費用がかかると考えておきましょう。

また、観光も満喫したい方は、予算を多めに考えておくのがおすすめです!
ニューヨークの有名観光スポットをオトクに巡れる「ニューヨークシティパス」もありますが、それでも1.5万円ほどかかってしまうので、余裕をもって用意してくださいね。

ニューヨークの物価

項目 費用
ペットボトルの水(1.5L) 2.45ドル(約270円)
マクドナルドのセット 9ドル(約1,000円)
最低時給(※) 11.10~15.00ドル(約1,240~1,680円)

※2019年3月時点での最低賃金です。また、金額は地域や業界によって異なります。

参考:NUMBEO

国際金融都市とも言われるニューヨーク。
物価は高く、特にアパートなどの家賃が高く設定されています。

また、飲食店も料金が高いですし、さらにレストランやタクシーでは支払う金額の15~20%ほどをチップとして渡すことになります。

出費を避けるためにも、できるだけ節約したい方はスーパーなどでまとめ買いして外食を避けるようにしたいですね。

アメリカの留学費用についてもっと見る

パンフレットもらう

ニューヨークの基本情報

世界最大の国際都市とも言えるアメリカ・ニューヨーク。

ブロードウェイ、タイムズスクエア、ウォール街、自由の女神などなど、「見てみたいものがたくさん!」という方も多いでしょう。
年間を通して、さまざまなイベントも行われているので、新鮮な気持ちで毎日の生活を送れるかもしれませんね!

また、ニューヨークは公共交通機関がとても発達しています。
最初の頃は慣れないかもしれませんが、バスや地下鉄も比較的わかりやすく、「Metro Card」というバス・地下鉄兼用のカードもあります。

「Metro Card」はチャージ式の「Pay-Per-Ride」や、7日間もしくは30日間乗り放題の「Unlimited」など利用頻度に応じて選択できるので、積極的に利用してみてくださいね。

項目 詳細
都市名 ニューヨーク/New York
アメリカ合衆国/United States of America
ニューヨーク州/State of New York
公用語 公用語として定められてはいないが、英語が最も多く使われている
面積 783.8 km²
人口 8,622,698人 ※アメリカ合衆国国税調査局の2017年度調査
通貨 米ドル($)
日本からのアクセス 羽田空港・成田空港から直行便で約13時間
日本との時差 -14時間 ※サマータイム時は-13時間

ニューヨークの日本人比率は?

多い

ニューヨークは「人種のサラダボウル」と呼ばれるほど、さまざまな人種が集まっている都市です。
もちろん日本人も多く住んでいるので、はじめての留学という方でも安心して過ごすことができますよ。

また、ニューヨークは日本食を扱っているお店も多く、慣れ親しんだ味にも触れやすい環境です。
特に長期留学では日本食を食べることでほっと一息つける場合もあるので、留学時にはぜひ利用してみてくださいね。

ニューヨークの治安は悪い?

注意が必要

ニューヨークの治安は以前よりも良くなってきたと言われており、犯罪件数も年々減少していますが、観光地での強盗やスリ等も多く、日本と同じような感覚で過ごすのはとても危険です。

また、昼間は安全だと思っていても、夜になるとガラッと雰囲気が変わる危険なエリアも多いので、深夜の地下鉄、一人歩きはなるべく避けましょう。
一般的に危険だと言われているブルックリン、ブロンクス、ハーレム周辺などには特に注意し、学校等で、危険な場所など情報収集するのがおすすめです。
せっかくの留学を嫌な思い出にしないためにも、自衛の意識はしっかり持って行動したいですね。

ニューヨークの気候

ニューヨークの気候

ニューヨークは日本のように四季があり、気温の差がはっきりしています。
夏は暑く、冬は寒いので滞在時期に合わせた持ち物を用意をしておくことが大切です。

特に、マンハッタンのようにビルが多く立ち並ぶエリアだと、発生したビル風で実際の気温以上に寒さを感じることもあります。
ニューヨークと言えばタイムズスクエアでのカウントダウンイベントも有名ですが、冬の留学をお考えの方はしっかり防寒対策をしておきましょう!

ニューヨーク留学のよくある質問

ニューヨーク留学はどんな人におすすめ?

ニューヨーク留学は、「語学だけでなく、自身の人間性も高めていきたい」と思っている人にとてもおすすめです!ニューヨークにはいろいろな人種の人が住んでいます。留学すれば多様な文化や言語に触れることができ、感性も磨かれること間違いなしです!語学やコミュニケーション能力とともに、将来に役立つ力を手に入れることができますよ。

ニューヨークでのおすすめ滞在方法は?

ニューヨークでは「フラットシェア(マンションなどを数人で借りて生活する滞在方法)」が人気を集めています。1人暮らしのアパートという方法もありますが、ニューヨークは物価が高めなので交通の便が良い場所は家賃が高額となります。その点、フラットシェアは、1人部屋で、生活スペースは共同といった作りなので、プライベートを守りながら費用を抑えて滞在することができますよ。シェアする相手がどこの国の人になるかはわからないので、場合によっては英語だけでなく他の言語にも触れられますね!

ニューヨークでできるおけいこが知りたい!

ニューヨークでは、ダンス・ファッション、ボイストレーニング、ジャズ音楽などのエンターテイメント分野を習うことができます。世界最先端のエンターテイメントを学べるので、専門留学で来る人だけでなく、趣味としておけいこを考えている人にもとっても人気がありますよ。授業やレッスンも英語で行われるので、おけいこを楽しみながら英語を学べるのも魅力の1つです。また、ネイルやメイク、ピラティス、ヨガ、料理といった分野もあるので、様々な技術を身につけることができますよ。

ロサンゼルスとニューヨークはどちらがおすすめ?

ニューヨーク同様、ロサンゼルスも留学先として人気の高いエリアなので、日本人も多く滞在しています。はじめての留学先としてはどちらもおすすめですが、ロサンゼルスはニューヨークよりも年間を通して温暖で過ごしやすいという特徴もあります。また、ニューヨークは交通機関が発達しているので車がなくても生活に困りませんが、ロサンゼルスは車社会なのでバスの本数が少なかったり交通機関が不便な部分もあります。。常に刺激を感じていたい方はニューヨーク、ゆったりとした環境で過ごしたい方はロサンゼルス、といったように決めるのもよいですね。

パンフレットもらう

アメリカの都市を見る

パンフレットもらう