利用者 40 万人突破!

(2018年12月12日更新)

【体験談】憧れの地ニューヨークへ、語学留学でファッションデザイナーが手に入れたもの

2018.09.06

留学くらべ〜る編集部

福岡からファッションの専門学校に通うため上京し、現在、東京でファッションデザイナーの仕事をする田中 彩華さん。

3か月間のニューヨーク語学留学を経て、ファッションデザイナーとして活躍の幅を広げることに成功しました。どのような留学だったのか、インタビューで詳しい話を教えてもらいました。

プロフィール

項目 概要
名前 田中 彩華さん
渡航した年 2015年1月
渡航先の国/都市 アメリカ/ニューヨーク
渡航時の年齢 25歳

自己紹介をお願いします!

出身は福岡です。
6歳の頃からファッションデザイナーになりたい夢があったので、
18歳で東京に上京しVANTANデザイン研究所という専門学校でファッションを2年間学びました。
卒業後はH&Mで販売員を経験後、転職しファッションデザイナーとして働いています! 個人でスマホケースをデザインし販売したり、ファッションコンサルも行ってます。

語学留学でニューヨークに行かれたそうですが、何歳の頃に行きましたか?

25歳のときです。18歳のときに上京して、7年経った頃ですね。
節目として25歳までに絶対お金を貯めて行きたいと目標にしていました!

留学先にニューヨークを選んだ理由はなぜですか?

元々海外に興味はあったんですが旅行じゃなく『海外で生活をしてみたかったんです!』 知り合いもいない、言葉も通じない国でどこまで自分1人でやりとげるかチャレンジしてみたかった。
映画鑑賞が好きなので、『セックス・アンド・ザ・シティ』、『ゴシップガールl』や
『プラダを着た悪魔』の影響で海外で生活するならファッションの刺激も受けるだろうと思い絶対ニューヨークと決めてました!
2月にファッションウィークもあったのでその時期にもあわせて行きました♡

セックス・アンド・ザ・シティ

憧れのニューヨークで住んでみて印象は変わりましたか?

はい!自分の目で見てその国を感じることは大切ですね。
ファッションのイメージが強い反面、治安にすごく不安がありました。

【夜は危ない!】とか、【行ってはいけないエリア】は殺されてしまうぐらい危ないんじゃないかとか...アメリカは銃社会ですし、日本でも射殺の事件を目にすることがあったので。

でも危ないエリアに住んでいる知り合いもいましたし、今は昔ほど危険ではなく安全になってきているって言ってました。
深夜の時間に外を歩いたり電車に乗る事こともできたので、危ない目にあうこともなく映画の世界のようなイメージはなくなりました!

タイムズスクエア

1日のスケジュールを教えてください。

時間 概要
7~8時 起床
8~11時 学校
12時~ フリー時間

ランチしたり、お酒を飲みに行ったり、お洒落な洋服屋さんをまわっていました。
せっかくニューヨークに来たので、英語の勉強だけでなく自分の仕事に活かすためにも街の風景やお洒落な店をみてたくさん吸収できる時間の使い方ができました!

通っていた語学学校はどんな学校ですか?

ZONI(zoni language center)にSemi-intensiveといったプログラムで3か月間通っていました。
レベル分けが細かく、自分に合ったレベルから始められました。
生徒の割合はアジア人の割合が多かったですね。(韓国・タイ)
先生がみんなフレンドリーで、クラスみんなでピクニックをしたり座学だけでなくアクティビティも豊富で楽しかったですよ。

zoni

この学校を選んだ理由はなんですか?

値段も安すぎず高すぎず、クラス分けも多く授業カリキュラムなどのバランスが良い学校だと言われ、立地も都心で通いやすそうだったからです。

学校まで家から歩いて通える距離だったこともポイントでした。
エンパイヤステートビルの隣でタイムズスクエアからも歩ける距離です。(東京で言えば、六本木ヒルズの近くに住んでいるイメージです。笑)
ブルックリンの距離感も分からず、ニューヨークに行く前は電車に乗ることも怖いと思い家と学校の距離が近い場所を選びました。

日本人の友人は、ブルックリンに住んでいたのですが広めの家と利便性も良く1か月の家賃は私の払っていた13万円の半分の6万円でした。
これはニューヨーク留学の失敗の1つですね。笑

ニューヨークで一番充実したことはなんですか?

友達がたくさんできました!あと、ニューヨークでできたモデルの友達のおかげで、
ファッションウィークの時にショーが見れました。
1週間のファッションウィークでは、お昼にショーがあり、夜は街の至る所でPartyやっててお祭り騒ぎだったんです。
ショーも見に来ている人もゴージャスで最高の空間を味わえました!!

ファッションショー

ニューヨークでは何を得ましたか?

人見知りがなくなりました!
ニューヨークにいたのは、たった3か月でしたが環境と経験は大きかったのだと思いました。
私をよく知る友達も「変わったね!」と私の変化に驚いていました。

帰国後、デザイナーの仕事の他に個人でファッションコンサルをはじめました。
『ファッションに自信がない方々・変わりたいと思っている人へ向けて、ファッションの楽しさ・可能性を発信したい』と思いInstagramなどSNSでの依頼をいただいた方などにコンサルさせていただいてます。

コーディネートを載せているのでよかったら見てみてください!

@ayaka0303のInstagram

@ayaka0303のInstagramを見る

今後、留学やワーホリに行く方にアドバイス、またはメッセージをお願いします。

何事も準備8割!しっかり準備ができていれば怖いことなんてないはず。
行った後どうなりたいか、何を得たいのかが明確であるほど有意義なものになると思います。

最後に留学した際の金銭面について教えてください。

項目 概要
準備した金額 200万円
飛行機代(往復) 15万円
家賃 約40万円(13万円 / 1か月)
学費 30万円(3か月)
海外保険 5~10万円(AIU保険)

留学くらべーる公式Instagramでも公開中!

素敵なニューヨーク留学エピソードをありがとうございました^^!
「語学留学」を使って、自分自身の憧れの国に触れることで日本では成長できないような経験ができた彩華さん、とっても素敵ですね♪

ニューヨークから帰国後は、英語で話す抵抗感もなくなったみたいで海外にもよく行くようになったそうです!
田中 彩華さんの記事に載せていないオシャレなニューヨーク留学の画像は
留学くらべーる公式Instagramをチェック☆

Instagramアカウント

自分にあった留学を見つけるためにエージェントはかかせない!

留学くらべーるでもニューヨークへの留学ができるオススメのコースを紹介してます!

【格安のニューヨーク長期留学プラン!】半年以上滞在したい方にお勧め!

留学に必要な予算や期間、自分にあった留学を見つけたい方、
『仕事は辞めれないけど、一度は留学したい。。。』
少しでも不安がある方は、エージェント探しから始めてみるのもオススメ♪
留学のプロとじっくり相談しながら、ぜひ自分の希望する海外留学を叶えてくださいね!