利用者 41 万人突破!

(2019年6月25日更新)

サクラメント留学するなら!費用やメリット、基本情報など

サクラメント留学するなら!費用やメリット、基本情報など

カリフォルニア州に位置するサクラメントは、州都として160年近くの長い歴史をもっています。
歴史の情緒豊かなサクラメントの街は、のんびりとリラックスした気持ちで留学したい方におすすめです。

パンフレットもらう

サクラメント留学のメリットと特徴

  • 物価が比較的安いため留学費用を抑えられる
  • 語学や専門分野など、学べるジャンルが多彩!
  • 歴史と緑の中でリラックスして過ごせる

留学先としてあまり知られていないサクラメントですが、実はカリフォルニア州の州都でもあります。
アメリカの古き良き街並みと緑豊かな自然に囲まれたサクラメント、その知られざる留学おすすめポイントをご紹介します!

物価が比較的安いため留学費用を抑えられる

同じ州のロサンゼルスやサンフランシスコと比べると、サクラメントの物価は比較的安いです。

アパートなどの物件も上記の都市よりは抑え気味なので、シェアハウスをすることでさらに滞在費を節約できるでしょう。
ただし、家賃が安すぎる場所は治安が不安定な場合もあるため、注意して選ぶようにしてください。

食料品など生活にかかる物価も全体的に安めですが、自炊など節約の心がけを持つことでトータルの留学費用をさらに抑えることも可能です。

語学や専門分野など、学べるジャンルが多彩!

サクラメントには、英語の他にスペイン語やフランス語、イタリア語が学べる語学学校もあります。
英語以外の言語も習得できるチャンスなので、ぜひ語学学校の情報を探してみてください。

また大学の専攻も、天文学や手話、ファッション、自動車技術、図書館情報技術などユニークな分野がたくさん!
「大学留学したいけど、興味のある専攻がなかなか見つからない…」という方は、サクラメントの大学で学びを深めたい専攻が見つかるかもしれませんよ。

気になる専攻が見つかったら、ぜひ大学留学先として検討してみてくださいね。

歴史と緑の中でリラックスして過ごせる

「つばきの街」という愛称で親しまれているサクラメントは、市内を豊かな緑におおわれています。
気候も温暖で過ごしやすく、「都会より落ち着いた雰囲気でリラックスできる場所が好き」という方におすすめの街なんですよ。

サクラメントの風景①

州都として160年近くの歴史をもつサクラメントは、「オールドサクラメント」というエリアをはじめ、街全体がノスタルジックなおもむきを漂わせています。

一方で、地域復興により若者好みのレストランやグルメショップなども増えてきています。
アメリカの歴史とトレンドが融合したサクラメントは、他の都市にはない独自の魅力が備わっているんですよ!

サクラメントの風景②

サクラメントが気になったら パンフレットもらう

サクラメント留学の費用

語学留学した場合の費用目安

期間 費用の目安
1ヶ月 約40~50万円
2ヶ月 約50~70万円

※航空券(往復)・語学学校の学費・滞在費・食費込みの金額

含まれない金額 おこづかい、海外旅行保険

語学留学のモデル費用(1ヶ月)

項目 費用
合計 約50万円
航空券(往復) 13万円
語学学校 22万円(※)
滞在費+食費(シェアハウスの場合) 10万円
おこづかい 3万円
海外旅行保険 2万円

※カリフォルニア州立大学サクラメント校4週間のプログラム(アクティビティ参加あり)費用。学校の施設利用費を含む

サクラメントの語学学校は、カリフォルニア州立大学サクラメント校の附属語学学校がおすすめ!
用意されているプログラムは、大きく以下の2つがあります。

  • 集中英語プログラム(8週間):2,500ドル(約28万円)
  • アメリカの言語と文化プログラム(4週間):2,000ドル(約22万円)

とにかく英語を集中的に伸ばしたいか、異文化体験をしながら楽しく英語を身につけたいかで選ぶプログラムが変わります。
また、英語以外にもスペイン語やイタリア語などを学べる語学学校もありますよ。

サクラメントの家賃は、同じ州のロサンゼルスやサンフランシスコよりは安い傾向にあります。
目安として500ドル(約5.5万円)から見つけられますが、安すぎるところは治安に不安があるので注意して探すようにしましょう。

サクラメントの物価

項目 費用
ペットボトルの水(1.5L) 1.54ドル(約170円)
マクドナルドのセット 8.00ドル(約890円)
最低賃金 11.00~12.00ドル(約1,230~1,340円)
※2019年3月時点。企業の従業員数により異なる

参考:NUMBEO

サクラメントの物価は、同じカリフォルニア州のロサンゼルスやサンフランシスコと比べると少し安めです。

とはいっても、マクドナルドやレストランなどの外食にかかる費用は同じように高め。
チップも上乗せになるため、外食続きでは物価が安い都市でも節約にはつながりません。

スーパーの食料品の価格を比べると、ロサンゼルスやサンフランシスコより安いものも多いので、自炊を上手く取り入れることで生活費をぐっと抑えられますよ!

アメリカの留学費用についてもっと見る

パンフレットもらう

サクラメントの基本情報

愛媛県松山市と姉妹都市として交流があるサクラメントは、歴史の趣ある街並みと豊かな緑から「文化の街」「つばきの都」の愛称で親しまれています。

かつて「ゴールドラッシュ」と呼ばれる時代に急激な成長を遂げたサクラメントは、当時の名残をとどめる建物が大切に保存されていて、古き良き街並みを味わうことができます。

その一方で、市内では芸術やアートのイベントが盛んに行われたり、グルメスポットが充実していたりと州都らしい活気にもあふれています。

落ち着いた環境で勉強に集中したい方にとって、サクラメントは好条件がそろっていますよ!

項目 詳細
都市名 サクラメント/Sacramento
アメリカ合衆国/United States of America
カリフォルニア州/State of California
公用語 英語
面積 259.3 km²
人口 501,901人 ※アメリカ合衆国国税調査局の2017年度調査
通貨 米ドル($)
日本からのアクセス <シアトル経由で渡航する場合>
成田空港からシアトルまで約9時間
(※空港で待ち時間あり)
⇒シアトルからサクラメントまで約2時間
日本との時差 -17時間 ※サマータイム時は-16時間

サクラメントの日本人比率は?

少なめ

外務省のデータによると、2014年時点でのサクラメントの在留邦人数(現地に滞在している日本人数)はおよそ2,000人。
同州のサンフランシスコやサンノゼといった都市と比べるとはるかに少ない数です。

サクラメントはメジャーな留学先ではない分、英語環境に浸って勉強するにはおすすめの都市。
「日本語が通じる環境に頼らず英語を身につけたい」という方は、サクラメントは条件が整っていると言えるでしょう。

サクラメントの治安は?

おおむね良いが、窃盗被害には注意!

サクラメントが属するカリフォルニア州の治安は、比較的安定しています。
ですが、州全体では近年、凶悪犯罪および窃盗犯罪の数値は高い傾向にあるため注意が必要です。

サクラメント警察署のデータによると、市内では強盗や車上荒らし、車の盗難の被害が特に多いようです。
建物の内外に関わらずどこで被害に遭うか分からないため、身の回りの貴重品管理をはじめ、防犯意識は常に高く保っておきましょう。

車上荒らしについては、車外から目につきやすい座席だけでなく、トランク内の荷物も狙われるケースがあります。
車内に貴重品等を置いたままにしない、駐車場所は人目の多い明るい場所を選ぶなど心がけてください。

サクラメントの気候

サクラメントの気温

ロサンゼルスと同じカリフォルニア州に属するサクラメントは、厳しい夏の暑さが特徴です。
雨は少ないためジメジメとした暑さはありませんが、風通しのよい服装で過ごし、日焼け対策もしっかり済ませておくようにしましょう。

冬は比較的温暖で、最低気温が0度を下回ることはほとんどありません。

また、サクラメントは夏であっても朝晩の気温差が大きいため、薄手の上着やパーカーなど体温調節のしやすい服を用意しておくと安心です。

サクラメント留学のよくある質問

サクラメント周辺でおすすめの観光スポットは?

サクラメント市内から足を伸ばすと、「タホ国立森林公園」「ヨセミテ国立公園」などの自然豊かなスポットが多くあります。車を使えば2~3時間ほどで行けるので、休日にはハイキングに出かけてアメリカの大自然を味わうのもオススメですよ!また、同じ州内のサンフランシスコへは飛行機やバスが通っています。こちらも1~2時間程度で到着するので、日帰り観光もできちゃいますよ。

サクラメントで運転免許は取得できるの?

サクラメントでは、滞在期間によって運転免許取得方法が変わります。外務省によると、「観光及び商用等の目的で訪米した短期滞在者」に限り日本で取得した運転免許で運転することができます。一方、学生ビザなどで長期滞在する場合は、運転免許を持っているかどうかに関わらず「カリフォルニア州内に住居を定めてから10日以内に、運転免許証の申請しなければならない」と州の法律で定められています。この場合、日本や他州の運転免許証をすでに所持していても取り直しが必要です。運転免許の取得については、外務省の公式サイトにも詳しく掲載されているのでチェックしておきましょう。

パンフレットもらう

アメリカの都市を見る

パンフレットもらう