利用者 43 万人突破!

(2019年10月16日更新)

サンディエゴ留学するなら!費用やメリット、体験談、基本情報など

サンディエゴ留学するなら!費用やメリット、体験談、基本情報など

「トップガン」「お熱いのがお好き」などさまざま映画の舞台にもなっているサンディエゴ。
観光地として見所満載ですが、留学のおすすめポイントもたくさんある都市なんですよ!

パンフレットもらう

サンディエゴ留学のプログラム

「自分でプランを考えられるか不安」と思っている方は、プログラムを参考にしてみるのもアリ!
大学留学やアクティビティ付きの語学留学など、さまざまなプログラムから選ぶことができますよ。

プログラムをもっと見る

サンディエゴ留学の体験談

【体験談】「アメリカと日本のエンタメ業界を繋ぐ"橋"のような人になりたい!」 夢を叶えるためのアメリカ留学

2019.02.05

【体験談】中学生のときのアメリカ語学留学で人見知りが治った!

2018.08.24

体験談をもっと見る

サンディエゴ留学のメリットと特徴

  • 歴史とノスタルジーを感じさせる街
  • スペイン語に触れるチャンスも!
  • 観光スポットが多く長期滞在でも飽きない

アメリカ有数の都市でありながら、恵まれた気候も相まって穏やかな時間の流れを感じられるサンディエゴ。
スペインやメキシコの文化を漂わせるエリアもあり、近代都市とノスタルジックな田舎を融合させたような独特の特徴を有しています。

アメリカ留学と聞いてすぐにサンディエゴを思いつく人は少ないかもしれませんが、実は知られざる魅力が詰まった都市でもあるんですよ。

歴史とノスタルジーを感じさせる街

ロサンゼルスから車で2時間程のカリフォルニア最南端に位置し、メキシコとの国境沿いにあるサンディエゴ。
サンディエゴはカリフォルニア州発祥の地でもあり、古い歴史を持っています。

中でも「オールドタウン」と呼ばれる場所は、その昔、スペインがカリフォルニアで最初に植民地としたことで有名。
その後、メキシコ領となった歴史もあるため、オールドタウンではメキシコ文化を体感できるスポットが多いんですよ!

サンディエゴの街全体は、アメリカとスペイン系の文化が融合したような雰囲気が漂っているので、異国情緒を味わうことができます。

スペイン語に触れるチャンスも!

サンディエゴは英語を公用語としていますが、スペインやメキシコと深いかかわりを持つ都市でもあるためスペイン語に触れる機会もあります。

市民にはメキシコをはじめとする中南米出身者の移住者も多いため、街中には英語とスペイン語の2ヶ国語表記がされている看板があるなど、スペイン語を身近に感じられる環境にあります。
サンディエゴ市内にはスペイン語を学べる語学学校もあるため、英語以外の新しい言語を学んでみたいという方にもおすすめですよ。

大都市ながらのんびりとした過ごし方もできる

サンディエゴの観光スポットといわれても、すぐには思い浮かばない…という方も多いのでは?
実は、サンディエゴは多数の観光スポットを有する都市でもあるんですよ。

サファリパークやシーワールドといった子どもも大人も楽しめるスポットから、メキシコ文化を肌で感じられる「オールドタウン」、マリリン・モンロー主演の映画の舞台となった「ホテル・デル・コロナド」、イタリア系移民が多く暮らす「リトル・イタリー」など、挙げればきりがないほど!

サンディエゴの風景①

さらに、サンディエゴはビーチスポットも充実しています。
高級感漂う街並みの「ラ・ホヤ」、サーフィンの聖地と言われる「オーシャンサイド」など、リゾート気分を味わえるエリアもたくさん!

勉強の合間や週末には、観光スポット巡りやビーチでリラックスなど、サンディエゴを思い切り楽しみ尽くしてくださいね。

サンディエゴの風景②

サンディエゴが気になったら パンフレットもらう

サンディエゴ留学の費用

語学留学した場合の費用目安

期間 費用の目安
1ヶ月 約30~50万円
3ヶ月 約70~120万円
半年 約140~240万円
1年間 約250~450万円

※航空券(往復)・語学学校の学費・滞在費・食費込みの金額

含まれない金額 おこづかい、海外旅行保険

語学留学のモデル費用(1ヶ月)

項目 費用
合計 約43万円
航空券(往復) 13万円
語学学校 12万円 ※授業時間数:20時間/1週間
滞在費+食費(ホームステイの場合) 13万円
おこづかい 3万円
海外旅行保険 2万円

サンディエゴに1ヶ月の語学留学をする場合、約43万円必要です。
ニューヨークと比べると、授業料は大きく変わりませんがホームステイ費はやや安めです。

また、授業料の他に出願料、テキスト代、宿泊先手配料などがかかってくるので、より具体的な見積もりを出したいときは各語学学校の料金プランをご参考ください。

サンディエゴの航空費は、同じカリフォルニア州のロサンゼルスより若干高い傾向にあります。
乗り継ぎ便になるとチケット代は下がりますが、フライト時間が3~5時間ほど増えるので自分の留学プランにあわせて選んでいきましょう。

サンディエゴの留学費用についてもっと見る

サンディエゴの物価

項目 費用
ペットボトルの水(1.5L) 1.92ドル(約215円)
マクドナルドのセット 7.75ドル(約867円)
最低賃金 12.00ドル(約1,340円) ※2019年3月時点

参考:NUMBEO

ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シアトルなどの都市に比べると、サンディエゴの物価はやや安めです。

それでも家賃は日本より高く、アパート物件で1ヶ月あたりの家賃は10~20万円ほど。
物件を借りる場合にはルームシェアをすることで家賃の節約になります。

サンディエゴはグルメスポットが多いですが、外食費は高くさらにチップが上乗せされるので、外食続きだと食費に負担がかかります。
一方で、スーパーでは多くの食料品が日本より比較的安いので、自炊中心の生活にすることで食費を節約できます。

日用品では、紙製品(トイレットペーパー、ティッシュなど)や文房具、電化製品は日本より高いことが多いです。

アメリカの留学費用についてもっと見る

パンフレットもらう

サンディエゴの基本情報

アメリカ西海岸に位置するカリフォルニア州・サンディエゴは、温暖で快適な気候と安定した治安から、「全米で最も住みたい街ランキング」にランクインしたこともあります。

また、アメリカの中では比較的大都市でありながら、大自然やリゾート気分も味わえ、1つの街でさまざまな過ごし方ができます。
このバランスのよさが、留学生から人気を集める理由の1つでもあるんですよ!

項目 詳細
都市名 サンディエゴ/San Diego
アメリカ合衆国/United States of America
カリフォルニア州/State of California
公用語 英語 ※スペイン語も使われている
面積 964.5 km²
人口 1,419,516人 ※アメリカ合衆国国税調査局の2017年度調査
通貨 米ドル($)
日本からのアクセス 成田空港から直行便で約10時間
日本との時差 -17時間 ※サマータイム時は-16時間

サンディエゴには日本人は多い?

やや多い

外務省の統計によると、2011年時点のサンディエゴの在留邦人数(現地に滞在している日本人の数)はおよそ15,000人と発表されています。
これはロサンゼルスやニューヨークと比べると少ないですが、カリフォルニア州の中では比較的多いです。

実際、サンディエゴは日系企業が進出していたり、日本食レストランや日本の食材や雑貨が買えるスーパーがあったりするなど、日本を感じられる光景も見られます。
場所によっては、日本人在住者や留学生が多く集まるところもあるようです。

「できるだけ英語環境を整えて語学を学びたい」という方は、語学学校の日本人比率をチェックする、サンディエゴ郊外での滞在を検討してみるなどの方法もありますよ。

サンディエゴの治安

アメリカの中では比較的よい

サンディエゴの治安は、アメリカの中では比較的安定しています。
ですが、日本のように夜間に1人で外出できるほど安全とは言い切れません。
ちょっとした近所の買い物でも、夜に外出するときは車を使う、複数人で出歩くなど注意が必要です。

また、ダウンタウンやビーチなど、人が多く集まる場所ではスリやひったくりが多発するので身の回り品にはしっかり注意を払っておきましょう。
危険エリアとされる地域では暴力事件などトラブルも多いので、決して近づかないようにしてください。

メキシコとの国境付近も場所によって治安が不安定なので、夜間には立ち入らないようにしましょう。

サンディエゴの気候

サンディエゴの気候

サンディエゴの気温は年間を通して温暖で、同じカリフォルニア州に属するロサンゼルスと似ています。

サンディエゴの夏はカラリとして湿気が少なく、日本の夏よりも過ごしやすいです。
ただし紫外線には要注意!日焼け対策はしっかり行っておきましょう。

冬も大きく気温が下がることはありませんが、昼と夜で10度ほど気温差が出てくる日もあるので、体温調節のしやすい服装がおすすめです。
またサンディエゴの冬は雨季にあたるので、雨具の準備があると安心です。

サンディエゴ留学のよくある質問

サンディエゴの学習環境は?

サンディエゴの語学学校は、英語はもちろんスペイン語を学べるところも多くあります。スペイン語は世界でも多くの国や人々の間で話されている言語なので、習得すれば将来の可能性がぐっと広まるかも!また、世界大学ランキングにランクインしている「カリフォルニア大学サンディエゴ校」、歴史の長さと大学規模でも有名な「サンディエゴ州立大学」をはじめ大学やカレッジも充実しています。語学留学だけでなく、大学留学で専門分野の研究を深めてみるのもよいでしょう。

サンディエゴ付近の都市で観光におすすめなのは?

サンディエゴ市内にも見所の観光スポットはたくさんありますが、「留学中にサンディエゴ以外も観光したい」という方は、ロサンゼルスがおすすめ!サンディエゴから車で2時間ほどで移動できるので、日帰り旅行もできちゃいます。また、サンディエゴはメキシコと国境を接しており、ティファナという都市へは車やトロリー(電車のような乗り物)で1時間もかからず到着します。サンディエゴとは違った街並みなども楽しめるので、滞在中に足を伸ばしてみるのもよいでしょう。ただし、治安情報は事前にしっかりチェックしておいてくださね。

パンフレットもらう

アメリカの都市を見る

パンフレットもらう

アメリカ留学関連情報