利用者 42 万人突破!

(2019年8月21日更新)

ロサンゼルス留学するなら!費用やメリット、体験談、基本情報など

ロサンゼルス留学するなら!費用やメリット、体験談、基本情報など

アメリカではニューヨークに次ぐ第2位の都市といわれるロサンゼルス。
年間を通して温暖で過ごしやすい環境であるため、留学生に人気の都市です!
そんな魅力にあふれるロサンゼルス留学について、詳しくご紹介します。

パンフレットもらう

ロサンゼルス留学のプログラム

「自分でプランを考えられるか不安」と思っている方は、プログラムを参考にしてみるのもアリ!
大学留学やアクティビティ付きの語学留学など、さまざまなプログラムから選ぶことができますよ。

プログラムをもっと見る

ロサンゼルス留学の体験談

【体験談】ロサンゼルスでのファッション留学を生かし、帰国後セレクトショップを運営!

2019.02.14

【体験談】独身だからこそ挑戦できた!本場アメリカ、ハリウッドで長期ダンス留学

2019.02.27

【体験談】女子必見!アメリカ留学中の体型維持と美容法について

2019.03.01

ロサンゼルス留学のメリットと特徴

  • アメリカ有数の多国籍な都市!
  • ハリウッド映画の世界やセレブが間近に!
  • 大都市ながらのんびりとした過ごし方もできる

ハリウッド、ビバリーヒルズ、サンタモニカ、ベニスビーチなどの有名エリアが集結するロサンゼルス。
世界有数の大都市でありながらも、温暖で恵まれた気候のためか街にはリラックスした雰囲気も漂っています。
日本人滞在者の割合は多いですが、語学学校をはじめとする教育機関は豊富に集まっているため、学びの場としてもおすすめ。 勉強も観光も充実させられるのがロサンゼルス留学です!

アメリカ有数の多国籍な都市!

多様な人種が暮らすアメリカの中でも、ロサンゼルスは特にインターナショナルな出会いが経験できる都市です。

語学学校なども、世界中から留学生が集まり国際色豊かな環境で学ぶことができます。
また、ロサンゼルス市内にはチャイナタウンやコリアタウンなど、異国文化を感じられるスポットも多く点在しています。

1つの国にいながら世界中の人たちとつながりが持てたり、さまざまな国の文化に興味を持つきっかけができたりと、価値観や人生観を大きく変える可能性がロサンゼルスには秘められています。

ハリウッド映画の世界やセレブが間近に!

ロサンゼルスといえば、エンタメの聖地ハリウッドやセレブの街として名高いビバリーヒルズを思い浮かべる方も多いでしょう。

ハリウッドには、多数の映画ロケ地やアカデミー賞の授賞式が行なわれる「ドルビーシアター」、世界的に有名な「チャイニーズ・シアター」をはじめとする数多くの映画館などがあります。
また、「ウォーク・オブ・フェイム(Walk of Fame)」の授与式典ではハリウッドスターを間近で見られるチャンスも!

セレブの街・ビバリーヒルズには、有名ブランド店が立ち並ぶショッピングモールや高級ホテル、世界的なスターたちの豪邸エリアなどがあります。
運がよければ、憧れの有名人にばったり遭遇…なんてことがあるかも!
ビバリーヒルズの街に一歩足を踏み入れたら、セレブ気分を存分に味わうことができるでしょう。

ビバリーヒルズ

大都市ながらのんびりとした過ごし方もできる

ハリウッドやビバリーヒルズの他にも、魅力的なエリアはたくさんあります。

ベニスビーチやサンタモニカビーチは、ロサンゼルスの中でも代表的なビーチスポット。
マリンスポーツはもちろん、サイクリングロードやスケートパークなどのアクティビティ設備や、ランチ・ショッピングのお店も充実!

勉強の合間にビーチでのんびりしたり、アクティビティを存分に楽しんだり…と、バカンスのような過ごし方もできますよ。

エリアごとに多彩な楽しみ方ができるのがロサンゼルスの魅力です!

サンタモニカ

ロサンゼルスが気になったら パンフレットもらう

ロサンゼルス留学の費用

語学留学した場合の費用目安

期間 費用の目安
1週間 約20万円
1ヶ月 約40~45万円
6ヶ月 約180~185万円

※航空券(往復)・語学学校の学費・滞在費・食費込みの金額

含まれない金額 おこづかい、海外旅行保険

語学留学のモデル費用(1ヶ月)

項目 費用
合計 約46.5万円
航空券(往復) 10万円
語学学校 15.5万円 ※授業時間数:20レッスン/1週間
滞在費+食費(ホームステイの場合) 14万円
おこづかい 5万円
海外旅行保険 2万円

ロサンゼルスの語学学校の授業料は、1ヶ月あたり15万円前後が目安です。
授業数やどのコースに通うか、あるいは学校によっても料金差が開いてくるため、気になる語学学校の料金プランはきちんとチェックしておきましょう。

語学勉強以外のことにもチャレンジしたいなら週20時間コース、とにかく語学をしっかり身につけたいなら週24時間コース、アクティビティも取り入れたコースなど、目的によってさまざまなコースから選ぶことができます。

語学学校では、主にホームステイと学生寮(レジデンス)の滞在スタイルを提供しています。
寮の場合は基本的に食事がつかないので、食費は別で用意する必要があります。

ロサンゼルスの物価

項目 費用
ペットボトルの水(1.5L) 1.95ドル(約220円)
マクドナルドのセット 7.89ドル(約880円)
最低賃金 12.0~13.25ドル(約1,340~1,480円) ※2019年3月時点

参考:NUMBEO

アメリカの主要都市は物価が高い傾向にありますが、ロサンゼルスも例外ではありません。

ロサンゼルスでの滞在で1人暮らしを検討する場合、エリアにもよりますが1ヶ月の家賃は最低10万円~と考えておくとよいでしょう。
シェアハウスをすれば10万円以下で済ませられることもあります。

また、生活費の節約どころの食費ですが、外食をするとファストフードやフードコートで600~1,000円、日本食店やファミレスなどでは1,000~2,000円ほどかかります。

外食が続くとあっという間に食費が膨らんでしまうので、スーパーで安く購入できる食材を使って自炊を積極的に行いましょう。
ロサンゼルスは観光スポットも多いので、上手にやりくりして遊びたいときに思い切り遊べるようにしたいですね!

アメリカの留学費用についてもっと見る

パンフレットもらう

ロサンゼルスの基本情報

アメリカではニューヨークに次いで人口が多いロサンゼルス。
ロサンゼルスはスペイン語で「天使たち」の意味を持ち、天使の街という素敵な呼び名がついている都市でもあるんですよ!

ハリウッドやビバリーヒルズなどの有名エリアも多いロサンゼルスには、ビジネスマンや観光客、留学生が世界から集まってきます。
さらに、アメリカ国内でも特に多様な人種が暮らす街でもあるので、さまざまな人たちと出会う機会もあるでしょう。

全米屈指の有名大学・カリフォルニア州立大学をはじめ大学や語学学校などの教育機関も充実しているので、学びも観光も異文化体験も存分に経験できるはずです!

項目 詳細
都市名 ロサンゼルス/Los Angeles
アメリカ合衆国/United States of America
カリフォルニア州/State of California
公用語 英語
面積 1,302 km²
人口 3,999,759人 ※アメリカ合衆国国税調査局の2017年度調査
通貨 米ドル($)
日本からのアクセス 羽田空港・成田空港から直行便で約10~11時間
日本との時差 -17時間 ※サマータイム時は-16時間

ロサンゼルスの日本人比率は?

多め

ロサンゼルスは、世界でもっとも在留邦人数(現地に一定期間住んでいる日本人数)が多いというデータがあります。
市内には日本人コミュニティも存在するので、場所によっては日本人を見かける機会も多くあります。

留学生の人気渡航先でもあるため、語学学校によってはクラスの日本人の割合が多いところも。
初めての海外で日本人がいるのは安心ポイントでもありますが、「せっかくの留学だから英語環環境に浸りたい」という場合は、各学校の日本人比率も参考にしてみると良いでしょう。

気になるロサンゼルスの治安について

日々の注意を怠らないで!

外務省によると、近年は比較的治安も安定してきているとのことですが、それでもスリや置き引き、車上荒らしなどの被害は後を絶ちません。
観光名所や空港など、人が多く集まる場所では特に貴重品の管理を厳重に行うよう心がけてください。

また、ロサンゼルス市内には浮浪者や薬物利用者などが集まる危険エリアもあります。
そうしたエリアでは犯罪も多発する傾向があるので、近づかないようにしてください。

外務省では各地の治安情報や安全対策情報などを発信しているので、留学前に必ずチェックしておきましょう。
事前の準備や心構えが、安全な留学生活を送るためのポイントです!

ロサンゼルスの気候

ロサンゼルスの気候

東京とほぼ同じ緯度に位置するロサンゼルスは、年間を通して温暖で降水量も少なく、カラッとした過ごしやすい気候が特徴です。
冬でも最低気温が10度前後なので、寒さが苦手な人にもロサンゼルスの気候は嬉しいですね。

ただし、1日の中でも気温差が激しいときもあります。
「昨日は半袖だったのに今日はコートが必要」という日もあるほど!
脱ぎ着しやすい上着などで上手に体温調節を行ってください。

また、春から夏にかけては日差しも強くなるので、サングラスや帽子、日焼け止めなども忘れず用意しておきましょう。

ロサンゼルス留学のよくある質問

ロサンゼルス留学はどんな人におすすめ?

多様な文化が交わるロサンゼルスは、「異文化体験を楽しみたい」という方におすすめです。語学学校にもさまざまな国から留学生が集まりますし、市内には多彩な国の芸術やグルメが楽しめる観光スポットも多く点在しています。留学期間中は積極的に外へ飛び出し、いろいろな人たちとの出会いや交流を大切にしてみてください。また、ロサンゼルスには観光名所も集中しているので、「遊ぶときには思いっきり遊ぶ!」と公私の切り替えをしっかり行い、ロサンゼルスを存分に満喫してくださいね。

ロサンゼルスとニューヨークはどちらがおすすめ?

ロサンゼルスもニューヨークも、アメリカ留学の中でも人気の滞在先!はじめての留学先としてはどちらもおすすめですが、ロサンゼルスはニューヨークよりも年間を通して温暖で気温差も少なく、過ごしやすいという特徴もあります。また、ニューヨークは交通機関が発達しているので車がなくても生活に困りませんが、ロサンゼルスは車社会なのでバスの本数が少ないなど交通手段の面では不便に感じることも。刺激的な日々を送りたい方ははニューヨーク、ゆったりとした環境で過ごしたい方はロサンゼルス、と決めるのもよいでしょう。

ロサンゼルスはどれくらい人種多様なの?

2017年の国勢調査によると、ロサンゼルスに住む人々の人種は大きく「ヒスパニック系(約49%)」「白人(約28%)」「アジア系(約11%)」「黒人(約9%)」に分かれます。ロサンゼルスはメキシコの国境とも近く、ヒスパニック系のメキシコ人が多く住んでいて、スペイン語を聞く機会も多いです。人種のるつぼといわれるアメリカの中でも特に多国籍な人たちが集まっているのがロサンゼルスです。多様な言語や文化に触れる経験も、留学生活の醍醐味ですよ!

ロサンゼルスでできるアクティビティを知りたい!

ロサンゼルスではディズニーランドやユニバーサルスタジオをはじめ、海上クルーズやハリウッドツアーなど、様々なアクティビティが体験できます。また、ロサンゼルスから少し足を伸ばせば、グランドキャニオン国立公園やヨセミテ国立公園の大自然から、ビーチが絶景の街・サンディエゴ、世界のエンタメの中心地ラスベガス、「世界一美しい街」と称されたサンフランシスコなど、個性的な都市も周囲にありますよ。

パンフレットもらう

アメリカの都市を見る

パンフレットもらう

アメリカ留学関連情報