留学くらべ〜る編集部 2017.03.24

【体験談】高校3年時にアメリカ留学!受験よりも、友達よりも優先した先で得たもの

【体験談】高校3年時にアメリカ留学!受験よりも、友達よりも優先した先で得たもの

高校留学に興味はあるけど、なかなか踏み出せなくて…という方、必見!
今回は、高校3年生のときに1年間アメリカに留学をしたリリさんの体験談をご紹介します。

リリさんは現在も留学真っ最中!
何で高校3年生で留学!?受験とかあるんじゃないの!?とびっくりする方もいるかもしれませんが、リリさんの体験談を読むときっと納得できるはず!

リリさんがアメリカの高校に通って感じたこと、カリフォルニアに留学する魅力など、たっぷり語ってくれているのでぜひご覧ください!

プロフィール

項目 概要
名前 リリさん
渡航した年 2016年8月
渡航先の国/州 アメリカ/カリフォルニア州
渡航時の年齢 18歳

高校3年生での留学!?

高校3年生として海外に1年間留学をする人は、そう多くはないのではないでしょうか?

高校3年とは人生の進路を決める大事な年。
そんな年に受験を放置して海外に留学するなんて何を考えているんだ、と当時は教師や塾講師だけでなく友達からも多くの非難を浴びました。

ですが、高校3年生での留学には失うものよりも得るもののほうが多くあるのです!
アメリカで8ヶ月過ごして分かったメリットは、

①高校3年生は行事がたくさん!
ほとんどの教育課程を終えている最終学年は楽しい行事がたくさん用意されています。
私の高校ではクラスパーティーが学期ごとに行われ、卒業旅行や卒業パーティー(時間を区切ってディズニーランドを貸し切り)など、高校3年にしか体験できないことが体験できます。

②将来の視野が広がる
高校3年生は進路を決める大切な年だからこそ、日本の大学受験から一度解放されることによって自分の可能性を広げることができます。
私の学校にはcollege dayがあり、3〜4つの大学に泊まりがけで見学に行くことができます。
この体験で触発されないわけがない!
海外の大学に行くことがより現実的になります! 

ALT

英語が伝わらなかったらどうしよう…大丈夫!日本人の多いカリフォルニア!

初めての海外留学で、何かあった時に助けを求めることができなかったらどうしよう…。
そんな不安が頭をよぎることがあるのではないでしょうか?

でも大丈夫!
カリフォルニアには多くの日本人が住んでいます。

直接日本人に出会えなかったとしても親戚に日本人がいたり友達に日本人がいたり、日本に親しみの深いアメリカ人が多く、理解が早いです。

英語しゃべれないから留学が怖い。
そう思うのが一般的です。

ですが考えてみてください。
日本の教育を終えただけで英語を喋れる人がどれほど少ないか。

みんな最初はカタコトの英語で必死にコミュニケーションをとっているんです。
一度日本人というものを経験した外国人は日本人がいかに英語を話せないかを知っているので、親身に話を聞いてくれます。

英語ができないものを当たり前とされている環境に留学するほど心強いものはありません!
また、ロサンゼルスにはリトル東京があり、日本の必需品を入手することもできます。

食品から化粧品まで日本のあらゆるものを売っているので、好き嫌いの多い人でも安心して留学できますね!

ALT

より良い生活を送るためにはホームステイ?それとも寮?

留学には泊まるところが必要です。
私は完全に個人だったのでよく分からないのですが、団体を通しての留学であれば団体側からホームステイ先を提供してもらえるようです。

とある団体を通してやってきたドイツ人の友達は、初めの数週間は団体長の家に泊まり、学校に通い始めてからホームステイ先を自力で探していました。
この方法はステイ先を見つけるまでにかなりの努力が必要ですが、最も良い方法だと思います!

高校に通い始めると、何が自分に必要か、誰と交流を深めたいか、自分に必要なものが見えてきます。
そこで自分で家庭を選択できるというのは効率的ですよね♪

また、寮のある高校もあります。
高校留学となると免許を持っていない人が多いですが、寮であれば学校の終了時間が延びてしまっても時間を気にせずに学校生活を送ることができます。

ホームステイだと送迎の時間に気をとられて放課後をゆっくり過ごせないこともあります。
また、寮だと何より友達が近くにいるというのが大きいですよね!

ALT

英語での授業…勉強は大変!?

ここからはアメリカの高校の授業についてご紹介します。
当たり前ですが授業はすべて英語です。
初めの1ヶ月は授業の30%しか理解できていなかったために、毎日6時間以上を勉強に費やしました。

ですが時が経つにつれて理解度が上がると、授業自体に特に問題はありません。
授業の科目にもよりますが、一般的な授業であれば日本の高校よりはるかに簡単でした。
授業に対する心配はしなくていいものだと思います!

成績に関しても、宿題やプロジェクトなど、比重が事細かく決まっており、期末テストで点が取れなくても悪い成績をとることはありません。

学校や教科にもよりますが、そもそも基本的に日本のような期末テストは存在しません。
期末はプレゼンテーションやプロジェクト、筆記試験もありますが、日本のように暗記ばかりの制度は存在しません。
ですので、安心して高校生活を送ることができます。

ALT

運命の出会いここにあり!ジェントルマンが大量発生するアメリカ♡

1年も留学するのであればかなりの確率で運命の相手に出会うことができます♡
なにより相手が積極的なのが日本との違いだと感じました!

また、恋愛とは関係なくすべての人がジェントルマンであることはなによりの幸せです。
何かを落とせばさっと拾ってくれたり、ドアを開けて待っていてくれたり、重いものを代わりに運んでくれたりと、見知らぬ人でさえやってくれます。

さらにうれしかったことは、アメリカはみんなが大きく、背が高いということ!
アメリカでは痩せなきゃ!というストレスから解放されるだけでなく、どんなに高いヒールでも履くことができます!

なんたる幸せ。自由の国ここにあり!

ALT

アメリカ留学で、自分の視野を広げよう!

いかがでしたか?

アメリカの高校に留学をしているリリさんの体験談をご紹介しました!
リリさんの体験談を読むと、アメリカの高校がいかに魅力的なのか、リリさんにとって大きな影響を与えているのかがすごく伝わってきますよね♪

高校3年生という貴重な時期だからこそ留学する意味があるのだ!と全力で語ってくれたリリさんに、「私も留学してみたい!」と背中を押された方もいるのではないでしょうか?

今から1年間の留学は厳しいかも…という方は、まず短期間から挑戦してみるのもオススメです!
高校生という今しかできない経験に向けて、ぜひ一歩踏み出してみてくださいね!

この記事を見た人はこんな記事も見ていますRelated information

img

img img