利用者 41 万人突破!

(2019年5月27日更新)

どこに行こう?のその前に!ワーキングホリデーの目的整理♪

2018.09.11

留学くらべ〜る編集部

どこに行こう?のその前に!ワーキングホリデーの目的整理♪

ワーホリって面白そう、私ならどこに行ってみようかな?とついつい目移りしてしまうものですが、ちょっと待って!

何のために行くんだっけ?をもう一度考えて計画を立てておくと、渡航後の生活がずっと充実したものになりますよ!

あなたはどれに当てはまる?目的別にプログラムをピックアップ!

1.語学力を伸ばしたい!

語学力

英語を習得してバイリンガルを目指したい!という方だけでなく、どんな目的を持ってワーホリにチャレンジする人も最初の壁はやはり語学の習得、ですよね。

でも大丈夫!
最初の数ヶ月はスクールに通い、その後働くというプログラムも多数用意されていますし、ワーホリにチャレンジする多くの方が取っている手段なんです。

語学留学に関するプログラムはこちらから

2.専門スキルを身につけたい!

スキル ワーホリでの経験をを何か形として残すものができたらそれは素晴らしいことですよね!
素晴らしい思い出の結晶ですし、ワーホリから帰った後も身に付けたスキルはずっとあなたを支え続けてくれるものです。バリスタに日本語教師、ワーホリしながら資格取得できるコースも多数用意されています!

資格取得に関するプログラムはこちらから

3.ゆっくり自分探ししたい!

自分探し

せっかくの海外での自由な自分だけの時間。

日本での忙しい毎日から離れて、素敵な環境の中でもう一度ゆっくり自分と向き合う時間を取ってみるのも、あなた次第でぐっと充実した時間を過ごせるはずです。

自分探しを目的とするなら、自由度の高いワーキングホリデーがおすすめ!
サポートプログラムも充実しているので、自分のやりたいことに集中できますよ♪

下記でワーホリプログラムを探すことができるので、ぜひいろいろな内容をチェックしてみてくださいね。

ワーキングホリデーに関するプログラムはこちらから

4.海外で仕事の経験を積みたい!

仕事 将来は海外に住みたい!だったり、いつか海外で本格的に働きたい!とお考えの方は、ワーホリで一度経験してみて確かめてみるのも有効な手段の一つです。

海外での仕事なら、インターンシップに挑戦してみるのも可能!
貴重な仕事経験を積んで、キャリアアップにつなげていくのもいいでしょう。

インターンシップに関するプログラムはこちらから

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここに掲載した以外にも、さらに多様なあなたの「こう過ごしたい!」に答えるプログラムが揃っています!

実際に資料を見てみて色んなプログラムを比べながら、あなたの目的にぴったりのプログラムを見つけてくださいね!