利用者 40 万人突破!

(2019年4月24日更新)

なぜか癖になる街インドのコルカタ

インド コルカタ(カルカッタ)留学

なぜか長居したくなる街コルカタ。 インドの中でも親日的で治安が良いので初めての留学生でも安心です♪ また、アメリカ・ヨーロッパと比べて費用が格段に安いので、気合いを入れて貯金しなくてもサクっと留学できるのも嬉しいポイントです。

留学パンフレット
取りよせる

インド-コルカタ留学の特徴

  • バックパッカーの街でまったりする
  • 最後に皆で踊り出すインド映画の不思議な魅力を体感できる
  • 親日的で治安がよく過ごしやすい

コルカタはインドの中でもまったりした空気が流れています。
日本のせかせかした部分に嫌気が差している人にぜひ行ってほしい街です。

そしてコルカタに行ったら一度は言っておきたいのがサダルストリート。
世界中のバックパッカーがここに集まります。

サダルストリートに行けば、おもしろい人に出会えること間違いなし♪
人と人の距離感は日本で言う大阪に少し似ているという人もいるんですよ。

芸術活動にも力を入れています

語学留学はもちろんのこと、世界最大規模の大学と呼ばれるカルカッタ大学には20万人の学生が勉学に励んでいます。
商業や科学、工学といった部門はもちろん、芸術活動に関するコースも創設されています。

また、大学以外でも文化や芸術を学べるチャンスが多い地域です。
近代インド文化発祥の地で美術を学ぶ留学なんていかがでしょうか?

黄金のベンガルコルカタでインド映画を観る

戦乱もなく豊かな都市だったため、19世紀には「黄金のベンガル」と呼ばれていたコルカタ。
イギリス人が多数暮らしていたことから、シェークスピアをはじめとした演劇が持ち込まれました。

世界的にも有名な詩人のラビンドラナート・タゴール、映画監督のサダジット・レイなどを輩出した地。
インドの中でも文化活動がとても盛んな街なんです!

ちなみにコルカタに行ったら一度は映画を見に行ってみてください!
シリアスな展開からいきなりミュージカルのように踊りだす独特の世界観は一度見ると癖になりますよ。

親日家が多く治安も良好

コルカタには中産階級が暮らす街が形成されており、かつてのスラムのイメージは薄くなりました。
最近では治安も大きく向上した都市です!

また、ベンガル人は親日傾向が強く、日本人に対してよいイメージを持っている人も多いようです。
インド国内でも親切な対応をしてくれる人が多く、安心して留学できるのではないでしょうか。

留学パンフレット
取りよせる

インド留学で人気の都市は?

コルカタ(カルカッタ)留学のプログラム

プログラムをもっと見る

留学パンフレット
取りよせる