利用者 42 万人突破!

(2019年8月19日更新)

世界最先端?インド・バンガロールで留学

インド バンガロール留学

インドで最も日本人が住みやすい街バンガロール。 夏はクーラーいらずで、冬は暖房いらずのとても住みやすい気候です。 インドのシリコンバレーと呼ばれておりIT企業の数がとてつもなく多いです。 インターンシップにいくなら迷わずバンガロールで決まりです。

パンフレットもらう

インド-バンガロール留学の特徴

  • 日本人が多いので何かあっても安心♪
  • 気候のよいガーデン・シティ
  • 技術系大学が多数!教育の盛んな都市です

初めてのインドもしくは初めての留学にバンガロールはぴったり!
バンガロールはインドの中でも特に日本人が多い地域なので、女性ひとりで行く場合も安心。

ただしインド人が順番を守らないのはバンガロールでも一緒(笑)
カリカリしすぎると長く続かないので、いい意味でインドに染まってのんびりやっていくことを心がけましょう♪

治安は良好!女性でも安心です

海外での生活において気になるのは治安。
特にインドと言えば治安が悪いことで有名なんじゃ…と思っていませんか?
そんな方にこそバンガロールがおすすめ。
バンガロールはインド国内で考えるとかなり安全な地域です。

女性の方が1人で歩いても事件に巻き込まれるリスクは少ないですが、トラブルが起きないよう、荷物は手放さないなどの対策を立てることは大切です。

涼しくて過ごしやすいデカン高原

バンガロールはインドの高原にあり、他の地域よりも気候が穏やかで涼しい傾向にあります。
語学留学を目的にインドへ訪れる方もいますが、デリーやコルカタなどの地方は暑いという意見も。
バンガロールであれば他の地方よりも涼しい気候のなかで学ぶことができます。

一方で、寒い季節もあまりなく、比較的温暖で年間を通じて快適です。
雨季がはっきりしているのもバンガロールです。
5月から10月までは降水量も非常に多く、雷雨も頻繁に発生します。
ただし、雨によって暑さが緩和されるという意味では一概にデメリットとは言えないかもしれません。

大学がたくさん!進んだ勉強できる

バンガロール医科大学やセント・ジョン医科大学、バンガロール薬科大学など、理系の大学が多いです。
近年はIT系が盛んと言われるインドですが、古来よりアーユルベーダは世界三大医療に数えられており、海外から来た多くの留学生が進んだ医学を勉強しています。
他にも経営学部を学べるインド経営大学院など、教育が進んでいる地域なんです!

パンフレットもらう

インド留学で人気の都市は?

バンガロール留学のプログラム

プログラムをもっと見る

パンフレットもらう

インド留学関連情報