利用者 56 万人突破!

(2022年5月18日更新)

閉じる

釜山留学の費用と格安で行く方法

釜山留学の費用│格安で留学する方法

「韓国に留学してみたいけど予算がなくて…」という方におすすめなのが釜山留学です。
釜山はソウルよりも物価が低く、安い費用で留学できますよ!

こちらでは釜山留学の費用について細かな内訳も含めて紹介しているので、韓国留学が気になる方はぜひチェックしてくださいね。

釜山留学を考え始めたら パンフレットを見てみたい!

釜山留学の費用目安

期間 費用の目安
2週間 約8.5~13.5万円
3ヶ月 約27~40万円
5ヶ月 約50~70万円

※航空券(往復)・語学学校の学費・滞在費・食費込みの金額

含まれない金額
おこづかい、海外旅行保険

3ヶ月の釜山留学にかかる費用の目安

項目 費用
合計 約44万円
航空券(往復) 1万円
語学学校 12万円 ※授業時間数:20時間/1週間
滞在費+食費(コシテル滞在の場合) 20万円
おこづかい 5万円
海外旅行保険 6万円

上記は、釜山の語学堂(大学附属の語学学校)で3ヶ月学んだ場合の費用目安です。
語学堂は学期制を採用していることが多く、1学期あたり8~10週でカリキュラムが組まれています。

首都であるソウルと比較すると学校数は少ないですが、日本からのアクセスもよく、留学しやすい環境が整っていますよ!

パンフレットを見てみたい!

出発前にかかる費用

まずは、出発前にかかる費用を見ていきましょう。

釜山への渡航費(往復)

往復の渡航費
1~4万円

釜山への渡航費は、往復で1~4万円ほどです。
日本から釜山までは直行便が多く出ており、福岡からは約1時間、東京からでも2時間半ほどと、国内の移動と変わらないくらいの時間で渡航することができるんです!

また、各航空会社がキャンペーンを行うタイミングと合えば、釜山行きの航空券が往復1万円以下で手に入ることもあります。

出発する時間などによって航空券の値段は変わってくるので、どのタイミングがよりオトクか、ぜひエージェントにも相談してみてくださいね!

パンフレットを見てみたい!

海外留学保険費用

海外留学保険にかかる費用の目安は、1ヶ月でおよそ1~3万円1年間でおよそ15~25万円です。

3ヶ月以内の留学であればクレジットカードに付帯している海外旅行保険を利用することもできますが、現地でカードを使って支払いをしておくなど一定の条件を満たしていないと利用できないタイプもあります。

保険料を抑えて留学したい方は、現地の保険に加入するという方法もあるので、エージェントに相談してみるとよいでしょう。

海外留学保険について詳しく見る

諸手続き費用(パスポート・ビザ申請費など)

パスポートの発行にかかる費用は、有効期限によって異なります。
有効期限が5年間であれば1.1万円10年間であれば1.6万円が必要です。
ただし、10年間有効なパスポートは20歳以上でなければ発行できないため、注意しましょう。

また、日本人の場合、韓国へのビザ申請は無料で行うことができます。
滞在期間に関係なく無料なので、長期留学の方にとってもうれしいですね!

韓国留学のビザについて詳しく見る

釜山留学

次に、留学先で必要となる学費や滞在費、食費について見ていきましょう。
学費や滞在費などは事前に支払うケースもあるので、語学学校やエージェントにも確認してみてくださいね!

釜山留学の学費

3ヶ月の学費
10~14万円

釜山にある語学堂に通う場合、3ヶ月あたり10~14万円が学費の目安です。

たとえば釜山大学では1学期あたりの授業料を140万ウォン(約12.8万円)、釜慶大学では120万ウォン(約11万円)とそれぞれ設定されています。
こちらは別途、入学金や教材費が必要になることもあるので、多めに見積っておくとよいですね。

また、短期間だけ韓国語を学びたいということであれば、民間の語学学校を利用する方法もあります。

  • 短期2日集中コース:20万ウォン(約1.8万円)
  • 短期10日集中コース:85万ウォン(約7.8万円)
  • 1時間単位の個人レッスン:3万ウォン(約2,700円)

など、料金や期間もさまざまなので、語学堂だと日程が合わない方はそちらを検討してみるのもおすすめですよ。

釜山での滞在費

3ヶ月の滞在費
7~14万円

釜山での滞在費は、3ヶ月で約7~14万円が目安です。

滞在方法は学校の寮やコシウォン、ワンルームなどがありますが、たとえば釜山大学は語学研修生は学生寮を使用できないと明示されています。
また、その場合、コシウォンであれば1ヶ月あたり30~40万ウォン(約2.7~3.7万円)、ワンルームは1ヶ月あたり35~50万ウォン(約3.2~4.6万円)くらいが目安とのこと。

特にワンルームは事前の保証金が必要となり、学生寮よりも高くなることも多いので、希望する学校の情報を早めに確認しておくとよいでしょう。

釜山での食費

3ヶ月の食費
3~8万円

釜山での食費は、3ヶ月で3~8万円が目安です。

韓国での食費は、滞在方法によって大きく左右します。
たとえばコシテルやコシウォンの中には、ごはんやキムチ、ラーメンなどの軽食が用意されているところもあり、自由に食べることができます。
こちらであれば食費を浮かせられるため、1ヶ月あたり1万円以下に抑えることもできるでしょう。

ただし、もちろん外食が増えると、それだけ食費もかかってきます!
留学中は韓国グルメも楽しみたい、カフェでリフレッシュしたいなど、希望のスタイルに合わせて予算を設定するとよいですね。

釜山観光

釜山の物価

韓国の中では物価が低めと言われる釜山ですが、近年では上昇傾向にあるため、外食にかかる費用などは日本と変わらないくらいの価格というところもあります。

ですが、港町である釜山には市場がたくさんあり、市場で買い物をするようにすれば食材を安くゲットすることができるんです!

また、釜山には観光やショッピングにおすすめのエリアもたくさん!
せっかくの留学を充実したものにするためにも、抑えられるところは抑えつつオトクな留学にしていきたいですね。

韓国の物価比較

項目 釜山 ソウル
ペットボトルの水(1.5L) 1,350ウォン(約124円) 1,361ウォン(約125円)
マクドナルドのセット 6,000ウォン(約550円) 6,500ウォン(約600円)
最低賃金 8,350ウォン(約770円) 8,350ウォン(約770円)

※2019年8月時点

参考:NUMBEO

釜山はソウルに比べて物価が低く、安い費用で滞在することができます。

しかも韓国は日本のように地域ごとに最低賃金が異なるということもないので、一定以上の収入が見込めます。
ワーキングホリデーのようにアルバイトができるビザを利用すれば、滞在費用をさらに抑えることができるでしょう。

韓国のワーキングホリデーについて詳しく見る

韓国第2の都市・釜山には魅力がいっぱい!

釜山は自然も多く、勉強だけでなくリフレッシュもしやすい都市!
日本から距離も近いので、気軽にチャレンジすることができますよ。

費用も抑えめで留学できるので、韓国留学に興味のある方は、ぜひ釜山も候補の1つにいれてみてくださいね!

釜山留学についてもっと詳しく

留学エージェントのパンフレットをもらおう!

留学エージェント各社のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

留学エージェントとは?

留学エージェントとは、留学を手配する代理店です。手配だけではなく、学校選びや留学全般のアドバイス、留学中のサポートまで、留学のプロがあらゆる面でサポートしてくれます。
はじめて留学・ワーホリする方には特におすすめです。

まずは各社の資料をもらおうパンフレットを見てみたい!