利用者 45 万人突破!

(2020年2月27日更新)

ニュージーランドでゆったりとワーキングホリデー!

ニュージーランドでゆったりとワーキングホリデー!

海外で働きながら留学するワーキングホリデー。そんなワーホリのメリットはなんでしょうか?

【ワーホリでできること】

①STUDY~学ぶ~

ほとんどの人がまずは語学学校に1ヵ月~数ヵ月通います。
学校に通うことで、基礎的な後学力も身に着くし、友達もできるので情報収集にも役立ちます!

②LIVE~住む~

ワーキングホリデーで渡航する人は、ホームステイがほとんど。
実際に現地の家で生活することで、その国の習慣や、異文化を直に触れることができます。
日本や自分のことを改めて見直すいいきっかけになるはずです!

③WORK~働く~

なんといっても費用が抑えられるのが魅力。
日本食のレストランなどではそれほど高い英語力が必要ではないので、安心です。
働くことで、現地のリアルな英語に触れることができますよ!

④TRAVEL~旅する~

ワーキングホリデーという制度は、時間を自由に使えるため、旅行に最適!
長距離の旅行などゆっくりと旅できるのもワーホリの魅力です!

エージェント名ウィッシュインターナショナル株式会社
留学プログラム No.3091
国/都市ニュージーランド/オークランド
目的語学留学/ワーキングホリデー
こだわり条件英語が苦手OK/初めての留学歓迎/異文化にふれたい
コースについて
ニュージーランド留学費用目安 (料金はお問い合わせください)(365日)
費用に含むもの
その他費用に含むもの

※時期によっては料金が前後することがあります。
※年間出費は約230万円ですが、アルバイトの収入により相殺できます。

※一年間留学した場合の詳細内訳
【出費】
ワーキングホリデーサポート料金(1都市サポート) 1年間 ¥179,000~
ビザ申請料金(年間) ¥-
往復航空運賃(年間)¥150,000
海外留学保険(年間) ¥200,000
学費(3ヶ月分) ¥630,000
宿泊費/生活費 (年間)¥1,100,000

【収入】
9ヶ月間アルバイト ¥1,000,000

Points

  • 働きながら留学するから費用を抑えられる!
  • その生活に根付いたリアルな英語を体験できる!
  • ニュージーランドならでは!ファームステイを体験できちゃう

ニュージーランドで人気のお仕事を紹介!

カフェでのお仕事は人気です!

ニュージーランドでのワーキングホリデーで人気の仕事はなんでしょうか?
ここでは人気の仕事ベスト3を紹介します☆

【1位】カフェでバリスタ  難易度:★★☆

地元の方が多いカフェは、ワーホリで人気o.1のお仕事!
資格があればバリスタ、なくても接客でのお仕事があります。
お客様や仕事仲間とのコミュニケーションをとることで、英語力が鍛えられます!

【2位】ツアーガイド  難易度:★☆☆

現地の日系旅行会社でのお仕事で、日本からのお客様の対応や空港送迎アシスタントなど、
旅行が好きな方にはオススメです!
高い英語力を必要としないので、安心ですね。

【3位】レストランでのホールスタッフ/ファーム

レストランは特に日本食のお店などは、高い英語力を必要としないのでオススメです!
ウエイトレスや皿洗い、調理のアシスタントなど、海外生活にまだ慣れていないうちでもお仕事ができます。

農業国、ニュージーランドならでは!
ファームではフルーツピッキングのお仕事があります。
果樹園でフルーツを収穫、箱詰めするお仕事で、肉体労働で大変な面もありますが、
仲間との共同作業で結束も高まります!

いかがでしたか?
他にもニュージーランドには語学力とキャリアに合わせてお仕事がたくさん!
ぜひ参考にして、経験の幅を広めてください☆

ニュージーランドの大自然に触れられます!

南島にあるワカティプ湖は絶景!

ニュージーランドは、都会を少し離れれば、のどかな田園風景と羊のむれに出会える国。
治安の良さや、温暖な気候に恵まれており、
教育水準も非常に高いので勉強や観光に最適な環境がそろっています!

ここではニュージーランドの有名な都市についてご紹介いたします☆

【オークランド】

首都ウエリントンと同じ北島の北部に位置する、空の玄関口オークランドは、
経済や文化の中心地として栄えています。
「帆の街」の愛称で知られ、青い海と無数に浮かぶヨットの白い帆が印象的な街です。
都会でありながら、マリンスポーツやトレッキングなど、様々なアクティビティに挑戦できます!

【クライストチャーチ】

ニュージーランド第三の都市であり、南島最大の都市、クライストチャーチ。
庭園の美しい都市として知られ、別名「ガーデンシティ」とも呼ばれています。
中心部を流れるエイボン川やイギリス式庭園など、ゆったりとした雰囲気が魅力の街です!

【クイーンズタウン】

クイーンズタウンはニュージーランドが誇るトップクラスのリゾートタウン。
ワカティプ湖に面し、周囲をサザンアルプスに囲まれ、その四季折々の景観の美しさから
「女王にふさわしい」と称賛されたことが、この街の名前の由来となっています。

北島、南島からなるニュージーランドは、どちらもそれぞれに魅力がたくさん!
贅沢に両方まわれてしまうのも、ワーキングホリデーならでは。
ぜひそのニュージーランドの魅力に触れてみてください☆

ニュージーランドの都会も魅力的☆

デボンポートではオークランドの絶景を一望できます♪

ニュージーランドといえば、大自然も魅力的ですが、都会も観光スポットとしてオススメ!
ワーキングホリデーは時間に余裕があるから、行きたいときにすぐ行ける♪

そこでニュージーランドの玄関口、北島オークランドのオススメのスポットを紹介します!

【スカイ・タワー】

高さ328mと、南半球で最も高いオークランドのシンボル、スカイタワー。
夜にはイベントに合わせてライティングの色を変え、街を彩ります☆

【デボンポート】

マウント・ビクトリアの頂上からは、オークランド・ダウンタウンの美しい全景を見ることができます。
撮影スポットとしてもオススメです!

また、海にも囲まれているため、マリンスポーツやシュノーケリング、
そして国技ともいうようなラグビーもニュージーランドでは有名!
ショッピングにスポーツに観光、そんな都会的な魅力もニュージーランドには詰まってます☆

ゆっくりホリテイ!スローライフ型モデルプラン☆

ニュージーランドではファームステイがオススメ!

ワーキングホリデーをニュージーランドで一年間過ごすのはどういう感じなんだろう?オススメプランは?
こちらではそんな疑問にお答えして、ニュージーランドでのオススメプランを紹介したいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一年間ゆっくりホリテイ!スローライフ型モデルプラン(ニュージーランド編)

【滞在1ヶ月目~】 語学学校(3ヵ月間)

渡航後、できるだけ早く英語に慣れるため、語学研修は必須。
語学研修だけでなく、いろんな国の友達をつくるチャンス!
アクティビティにも積極的に参加して、英語に慣れていきましょう☆

【滞在2ヵ月目~】 ホームステイ(3ヵ月間)

実際にニュージーランドに住むご家庭で一緒に暮らすことで、
現地のリアルな生活、英語表現、文化を学ぶjことができます!
家族のルールを守ることは大事ですが、自分の希望もはっきりと伝えるようにしましょう♪

【滞在4ヵ月目~】 ファームステイ(3ヵ月間)

農業国ニュージーランドならでは!働きながらファームで暮らそう♪
滞在費や生活費を節約しながら、ファームでの仕事と生活を両立できます。

ファームの朝は早くからスタート。
仕事内容はファームによって異なりますが、自然や動物を相手に日頃のストレスも解消されます!

また、条件を満たせばワーキングホリデー期間の延長もできます♪

【滞在7ヵ月目~】 バックパッカーズに滞在(1ヵ月間)

北島を旅行し、その後南島へ移動!

【滞在8ヵ月目~】 ファームで働く(3ヵ月間)

動物の世話をしたり、果物を収穫したり。
肉体労働ですが、世界の様々な国から来た人との交流も楽しめます!

【滞在11ヵ月目~】 バックパッカーズに滞在、南島を旅行(2ヵ月)

ニュージーランドの大自然を満喫。
南島にはクライストチャーチやクイーンズタウンなど、観光名所もたくさん!

【滞在12ヵ月目】 帰国

日本とはまた違ったニュージーランドの大自然をのんびりと満喫して帰国できます♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このほかにもワーキングホリデーは融通が効くため自由にプランを立てることができます。
そのためにも何がやりたいか、どこへ行きたいかを明確にし、事前の準備を行いましょう!
そして楽しいワーキングホリデー留学をしましょう☆

「話したい気持ちがあれば大丈夫!」(Cさん、滞在地:オークランド)

友達をたくさんつくって輪を広げよう!

ここでは実際にニュージーランドでワーキングホリデーを経験した方の体験談を紹介したいと思います!
楽しかったこと、苦労したこと、ワーホリを検討中の方へのアドバイスなど、
ぜひ参考にしてみてください☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
名前:Cさん(当時25歳)   日本出発日:2014年5月
滞在都市:オークランド  滞在期間:1年
参加学校:Dynaspeak
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オークランドでワーホリ10ヵ月目突入!

仕事をしながら週末は、シュノーケリングやBBQ、ナイトマーケットでお祭り気分を味わったり、
公園で友達とのんびりお話しながら、KIWIスタイルで楽しんでみたり。

オーストラリアとも近いため、格安で旅行に行けました☆

不安やホームシックは、環境に慣れるまでの一ヵ月だけ。

唯一の後悔は、行く前にもっと勉強しておけばよかった・・・。

だけど、とにかく笑顔で「話したい」気持ちがあれば、なんくるないさー!

ワーホリ生活で分ったことは、住むのと観光は全然違います。
初めて円ではなく、ドルを稼ぐのも素敵な経験の一つです♪

ニュージー生活はあと一ヵ月で終わってしまいますが、新しい目標もでき、
自分自身のステップアップの為、そのまま他国へ行く予定です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・"

生活費や時給の目安など基本情報を知ろう!

のんびりスローライフ♪

ニュージーランドで生活するにはどのくらいかかるのか?アルバイトはどのくらいの時給なのか?
また、ワーキングホリデーの条件とは?

そんな疑問にここではお答えしていきたいと思います。
計画を立てる上で目安になるので、ぜひ参考にしてください!

【物価の目安】
・アパートシェア(2人) Z$150~/週
・電気・水道・光熱費(家賃込みの場合が多い)  Z$25~30/月
・コーヒー1杯 Z$4~
・ランチ Z$9~
・水(500ml) Z$2.80~

【時給の目安】
・日本食レストラン(ウェイターなど)  Z$14.75~
・土産物屋(キャッシャー、観光客の接客) Z$14.75~
・ツアーガイド Z$14.75~
・カフェ(キャッシャー、バリスタ) Z$14.75~
・フォーストフード店(キャッシャー、料理担当など) Z$14.75~

【一カ月のお給料の目安】
Z$1480~2360

※上記はあくまでも目安となり、お仕事の内容、物価の変動等により実際とは異なる場合があります。

【ワーキングホリデーの条件】
※2014年12月現在
※条件等は随時変更になります。最新情報をご確認ください

年齢:18~30歳
滞在期間:ビザの発給から12カ月以内に入国し、滞在は入国から1年間。
就学期間:6カ月以内
就労期間:制限なし
その他条件:
・旅券の残存期間が12ヵ月プラス3ヵ月以上あること
・往復航空券、もしくは帰国のための航空件を購入できる資金があること
・以前にニュージーランドのワーキングホリデービザを取得していないこと
・滞在期間中の生活費(Z$4200以上)を有すること
・子供を同伴しないこと         など

いかがでしたか?
こちらに表記したものはあくまで目安となります。
興味がわいてきたら、気になる部分はピックアップしておき、渡航前に解決しましょう!

この留学プログラムの特徴まとめ

向いている人は?

初心者

キャリアアップ

必要な語学のレベルは?

話せなくても大丈夫

ある程度は必要

アクティビティの多さ

少ない

多い

メジャー度

人とは違う

人気

関連の留学情報