留学くらべ〜る編集部 2016.08.26

元銀行員の20代夫婦が世界一周♡憧れ夫婦のKEIKIさん&PORORIさんに密着!!

元銀行員の20代夫婦が世界一周♡憧れ夫婦のKEIKIさん&PORORIさんに密着!!

いつか、世界一周ができたら...
そんな夢を抱いている方もいるのではないでしょうか?

以前、『留学くらべ~る』では、「世界を旅するカップルにときめく♡絶対見るべきSNSアカウント4選 」と称して、世界一周をしている日本人夫婦を紹介しました。 結婚を機に、夢の世界一周を実現した素敵なご夫婦のストーリーに「うらやましい」という声が続出...!

そこで今回は、1年半の旅の軌跡をブログに綴っているKEIKIさん&PORORIさんにスポットを当てて、詳しくご紹介します!世界一周を終えた今、おふたりが思うことについてコメントもいただきました。

世界一周夫婦KEIKIさん&PORORIさんって?

KEIKIさん&PORORIさんは2015年1月に世界一周への旅をスタートしたご夫婦で、「KEIKI* PORORI 」というブログを運営しています。

世界一周のきっかけは、夫であるKEIKIさんの「世界一周に行きたい!」という一言から。
銀行員としての仕事にやりがいを感じながらも、どこか物足りないと思っていたKEIKIさんは、PORORIさんを世界一周の旅へと誘います。

現在は帰国しているお2人ですが、世界一周の日々を赤裸々につづったブログは見所満載です。世界中の絶景写真を掲載しているだけではなく、現地のリアルなレポートなど見ていてタメになるような情報も載っています。
なにより、楽しそうに旅をするふたりの様子が本当に素敵なんです。

そんな、おしどり夫婦なおふたりのプロフィールからご紹介します!

ALT

KEIKIさんのプロフィール

1987年、八百屋さんの長男として東京で生まれ育ったKEIKIさん。就職を機に地方銀行へ行くことを決めますが、大学卒業前にカンボジアのボランティアツアーに参加したことで、海外に目を向けるように。

その後、カメラワークショップでPORORIさんと出会い、結婚と退職、そして世界一周を決意します。
自身のことを「目立ちたがり屋でビビり」だというKEIKIさんですが、世界一周を決意してからの行動力はかなりの男前。PORORIさんのご両親へのはじめましての挨拶で、結婚・退職・世界一周を一度に報告したそうです。

ふたりのTwitterアカウントでは、いきなり筋トレをはじめたり、スペイン語学校を登校拒否したりするKEIKIさんの姿が。そのギャグセンス(!?)に癒されます...♡

PORORIさんのプロフィール

KEIKIさんと同じ1987年に、横浜で3姉妹の長女として生まれたPORORIさん。
高校時代にオーストラリアの留学生をホームステイ先として受け入れたことで、英語に対する苦手意識がなくなったそうです。

PORORIさん自身も、大学時代にオーストラリアへの一人旅を経験することで海外移住を夢見るようになり、学生時代のバイト代のほとんどを旅費に費やすことに!
就職先はメガバンクでしたが、カメラワークショップでKEIKIさんと出会い、退職を決意します。

予想外の出来事を受け入れるPORORIさんの懐の深さには、女性のたくましさを感じます。
...かと思いきや、旅行中に前歯が欠けるなどの予想外アクシデントに遭遇したりと、PORORIさんも話題に事欠かない模様♡

PORORIさんのInstagramにも素敵なお写真が満載なので、ぜひそちらも合わせてチェックしてみてくださいね♪

ふたりの旅の軌跡

2015年1月、ふたりの旅は台湾から始まりました。台湾入国時に必要なビザの出国チケットを持たずに入国するというハプニングに見舞われながらも、何とか世界一周の旅がスタート!

そこから、489日間後、約43ヶ国を経て2016年5月に東京へと再び戻ります。帰国するまでには、怪我や病気、盗難などのトラブルもありましたが、後悔したことは何もないと思うくらい濃い日々だったようです。

では、おふたりがどのような軌跡を残していったのか、簡単にご紹介していきましょう♪

ふたりの旅の軌跡

東アジアである台湾からはじまったKEIKIさん&PORORIさんの世界一周旅行。
その後は、アジアからヨーロッパ、中南米まで、さまざまな国に滞在していきました。

KEIKI* PORORI 」のブログを参考にさせていただくと、おふたりは以下のようなルートで世界を巡っていたようです♪

東アジアから東南アジア、南アジアなどを大移動!

台湾⇒インドネシア⇒ベトナム⇒カンボジア⇒ラオス⇒タイ⇒ミャンマー⇒中国⇒チベット⇒2回目の中国⇒インド⇒アラブ首長国連邦(ドバイ)⇒イラン

アジアの次はヨーロッパに進出!

アルメニア⇒グルジア⇒トルコ⇒イスラエル⇒ヨルダン⇒ウクライナ⇒ハンガリー⇒クロアチア⇒モンテネグロ⇒2回目のハンガリー⇒ブルガリア⇒ギリシャ⇒イタリア⇒スペイン⇒アイスランド⇒ポーランド⇒チェコ⇒ドイツ⇒2回目のスペイン⇒ポルトガル⇒3回目のスペイン

ヨーロッパを満喫後は中南米や中央アメリカへ♪

メキシコ⇒キューバ⇒2回目のメキシコ⇒ベリーズ⇒グアテマラ⇒3回目のメキシコ⇒コロンビア⇒ブラジル⇒ベネズエラ⇒2回目のブラジル⇒アルゼンチン⇒チリ⇒2回目のアルゼンチン⇒2回目のチリ⇒ボリビア⇒ペルー⇒エクアドル

ALT

上の画像をクリックすると、KEIKIさんとPORORIさんが辿った足跡を見ることができます。

おふたりがなぜこのようなルートで世界一周をしたのか。それは「自分の見たいものをこの目で見るため・やりたかったことを経験するため」。やりたいことを全力でやりきるという思いで行動するため、予定になかったミャンマーへの渡航を決めたり、メキシコでチチェン・イッツァ遺跡に行ってみたり…。

そのときの思いつきや予定外の行動ができるのも、自由に行動できるバックパッカーだからこそですよね。KEIKIさんとPORORIさんの軌跡をたどって、ちょっとした世界一周気分に浸ってみてください♪

ふたりが遭遇した世界一周中の出来事

世界一周旅行中、さまざまなハプニングやイベントに遭遇したKEIKIさん&PORORIさん。
けして楽しいことだけばかりではないはずなのに、そんなことを感じさせない(というか、面白おかしく伝えようとしてくれている?)ブログの文章と写真に、こっちまで笑顔になってしまいます。

ブログ記事の中から、特におすすめのエピソードを一部ご紹介します♡

KEIKIさん、インドの洗礼を受ける

ALT

世界一周をするうえで欠かせないトラブル…そう、食事環境の合わなさからくるアレです。

普段はPORORIさんのほうが体調を崩すことが多かったようですが、インドではまさかのKEIKIさんがトイレとお友達に…。津波のように押し寄せる腹痛に、KEIKIさんは2日間断食をせざるをえなかったそう。そのときの辛さを語るKEIKIさんの証言は必見です。

しかも、断食直後の食事はまったく胃に優しそうではないカレーとのこと。さすがインドです。

≫インドで洗礼を受けた記事はこちらから♪

KEIKIさん、美人の国・ウクライナに喜ぶ

ALT

何も言わずにブログ記事を開いてみてください。

そこには「守りたい、この笑顔」と思わず呟きたくなるくらいのKEIKIさんの満面の笑みが...。
このときふたりが滞在していたのはウクライナ。美女大国らしいという噂は、どうやら本当だったようです。

PORORIさんも、「この国、めちゃくちゃ良い!!」と太鼓判を押すほどおすすめの国だったそう。ウクライナの話はブログで詳しく載っているので、チェックしてみてくださいね。

≫KEIKIさんの笑顔が見られる記事はこちらから

イラン人の結婚式に乱入したお話

ALT

「今日の夜、友達の結婚式なんだけど、行く?」

その一言でイラン人の結婚式に参加したおふたり。式の始まる時間も参加人数もあいまいな中、出席した結婚式は思いもよらない出来事だらけ!
なぜかマイクパフォーマンスやダンスをすることになったKEIKIさんですが、なんと最後には強制退去に...。

最終的には「素敵なダンスだったよ!」と慰めるPORORIさんですが、途中で「家に帰ったら絞め殺そうかと思いました。」と思うこともあったよう。KEIKIさんを温かく見守るPORORIさんの一面にもほっこりします♡

≫PORORIさんのストレートな思いを感じる記事はこちらから

4,000mの登山に成功!!

ALT

富士山を超える4,000m級の山、アカテナンゴ火山(グアテマラ)。そんな山にKEIKIさんとPORORIさん、そしてご友人のともちんさんの3人は挑みます。

PORORIさんはもともと登山が嫌いだったそう。
限界に達した体力をふりしぼり、凍えるような寒さに耐えながらも山を登りきったときには、「苦しさ」以上の何かを感じることができたようです。
ふたりはアカテナンゴ火山を登頂したのち、南米にあるロライマ山へのトレッキングにも挑戦しています。

一生記憶に残る世界一周旅行をする、というふたりの想いが伝わってくるようなストーリーです。

≫3人の山への挑戦はこの記事からスタート!

世界一周を終えて、今思うこと。

最後に、KEIKIさん&PORORIさんのメッセージをご紹介します。

 【メッセージ】

私たちは、本当に数えきれないくらいの感動的な景色に出会ってきました。

でも、実は、美しい景色を見たことよりも、そこに行くまでの移動中の会話だったり、旅の途中で出会った友人とのくだらない話だったり、困った時に助けてくれた現地の優しい人のことだったり、ここに取り上げていただいたようなハプニングばかりが思い出されます。

そして、その思い出の中に、必ず夫という存在がいます。これだけの時間と思い出をパートナーと共有できたことは、何よりの財産です

旅は決して、楽しいことばかりではありません。予想外なアクシデントだって山のようにあります。前歯が欠けたり、病院に搬送されたり、盗難にあったり、、何度泣いたかわかりません。笑

でも、日本にいると、予想外のことってなかなかないと思うんです。遊びに行くときだって、会社で仕事をするときだって、人生設計を考える時だって、こうしたらこうなるだろう。ってある程度予想して行動すると思うんです。でも、旅に出ると、想像のできないことだらけ。あえて、想像しないこと、自分の感情に素直に従うこと、それが新鮮で、楽しかったです。

確かに、キャリアなど失ったものもあるけれど、何も後悔はしていないです。世界一周をしなかった自分の人生は考えられないくらい、とっても大切な2人の宝物のような時間でした。

ALT

人生を変えるきっかけに!

いかがでしたか?

今回は、世界一周夫婦のKEIKIさん&PORORIさんをご紹介しました。数々の困難がありながらも、ともに乗り越えてきたおふたり。

――世界一周をしなかった自分の人生が考えられない。

そう言い切れるほど、1年半に渡るこの旅はかけがえのない日々だったようです。

世界一周とまでは言いませんが、海外生活では今までになかった新鮮な驚きがたくさんあります。『留学くらべ~る』ではさまざまな国の留学プログラムをご紹介しているので、少しでも海外に興味のある方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ていますRelated information

img

img img