利用者 69 万人突破!

(2024年5月25日更新)

閉じる

社会人の留学に必要な費用
内訳やパターン別の目安を解説

No image
社会人留学の費用がわかる!内訳や国別の目安、ローンのことなど

社会人として経験を積んだ後、金銭的に余裕ができたタイミングで留学に挑戦する方は多くいます。

こちらでは、社会人の留学に必要な費用を国別・目的別にまとめているので、ビジネス英語や資格取得などキャリアアップにつながることを学んでみたい方や観光を兼ねた短期留学をしてみたい方はぜひ参考にしてください!

社会人の留学に必要な費用目安

社会人の留学に必要な費用の目安は、下記のとおりです。

留学の目的 費用
短期留学(1週間) 約10~40万円
ワーキングホリデー(1年) 約100~140万円
大学留学(1年間) 約200~500万円
親子留学(1ヶ月) 約40~120万円

※滞在費+食費+授業料の費用目安

社会人の留学費用は、留学の目的によって異なります。
たとえば手に職をつけることが目的の方は、英会話に加えて資格取得プログラムを受講する必要があるため学費が高くなりやすいです。

一方、就労経験を積むことが目的の方は、現地で収入を得られるためトータルの出費はかなり抑えられるでしょう。

そのため留学費用を計算するときは「どの留学スタイルを選ぶのか」や「現地で仕事をするのか」など、留学の目的や生活スタイルをはっきりとイメージすることが大切です!

社会人の留学にかかる国別の費用目安

国名 1ヶ月 3ヶ月 半年 1年
アメリカ 30~70万円 70~100万円 150~300万円 200~600万円
カナダ 30~50万円 80~100万円 100~200万円 200~450万円
オーストラリア 30~60万円 80~100万円 120~200万円 200~450万円
ニュージーランド 30~50万円 70~100万円 100~150万円 200~500万円
イギリス 40~70万円 150~200万円 200~400万円 300~600万円
ハワイ 40~70万円 70~100万円 150~300万円 300~500万円

※授業料・食費・滞在費を含めた費用の目安です。

アメリカやカナダは、ビジネスを本格的に学べる社会人に人気の留学先です。
ですが、留学費用が高く1年間で約200~600万円かかるため、北米諸国での留学を考えている方は事前に資金をしっかりと準備しておくようにしましょう。

また、オーストラリアやニュージーランドも留学費用は高いですが、この2ヶ国はワーホリ人気国で高時給の求人が多い点がポイント!
留学中に仕事もしてみたい方は、オーストラリアやニュージーランドのような外国人が働きやすい国を選ぶのもおすすめです。

留学費用を詳しくチェック! パンフレットを見てみたい!

社会人の留学に必要な費用の内訳

社会人の留学に必要な費用の内訳は下記のとおりです。

項目 費用の目安
渡航費 約2~20万円
諸手続き費
(ビザ・パスポートなど)
約2~10万円
学費
※1ヶ月あたり
約5~20万円
滞在費
※1ヶ月あたり
約0~15万円
食費
※1ヶ月あたり
約1~5万円
おこづかい
※1ヶ月あたり
約1~10万円
その他の費用
(交通費・通信費・留学エージェントの手数料など)
※1ヶ月あたり
約0~30万円

では、それぞれについて細かく見ていきましょう!

渡航費

往復の渡航費
2~20万円

渡航費は往復で2~20万円が目安です。

費用は出発地や目的地によって変わるので、航空券を探すときはどの空港を利用するのがお得か比較サイトで調べるのがよいでしょう。

特にLCCは成田空港や羽田空港、関西国際空港など大規模な空港でしか離発着をしない便が多く、地方にお住まいの方は国際空港までの移動費も計算に入れる必要があります。

また、航空券代は渡航シーズンにも大きく影響され、ハイシーズンとオフシーズンでは値段が倍以上変わることも!
そのため、費用を抑えたい方はお盆休みや年末年始などの大型連休は避けて留学に挑戦するのもよいでしょう。

諸手続き費(ビザ・パスポート・海外保険など)

諸手続き費
2~10万円

ビザ申請やパスポートの取得、海外保険の契約など諸手続きにかかる費用の目安は約2~10万円です。
また、上記以外に健康診断や予防接種などが必須の国もあるので、必要であればその分の費用も用意しておきましょう。

ビザ申請・パスポート・海外保険については、それぞれ下記をご確認ください。

ビザ申請の費用について

ビザ申請の費用は国によって変動し、無料のところや5万円以上かかるところなどさまざまです。
また、同じ目的でも、留学期間が3ヶ月以内・授業時間数が少ないなど、条件によってビザが不要になるケースもあります。

ビザの情報は国の状況などによって変更となる可能性も高く、最新情報をチェックすることが大切。
不明な点があれば留学エージェントなどに相談するようにしてくださいね。

留学に必要なビザについて詳しく見る

パスポートの発行手数料について

パスポートの発行手数料は有効期間によって異なり、5年間であれば11,000円、10年間であれば16,000円となります。

留学する際には一定期間以上(3ヶ月など)の残存日数が求められる場合もあるため、お持ちの方もいつまで有効か確認し、必要であれば更新の手続きを行っておくようにしましょう。

海外保険にかかる費用について

海外保険にかかる費用は、1ヶ月で1~3万円、1年間で15~25万円が目安です。

留学先や目的によっては、留学中の保険が指定されていることもあります。
保険の手続きは留学エージェントが対応している場合もあるので、まずは何が必要か相談してみるのもおすすめです。

海外保険について詳しく見る

学費

1ヶ月の学費
5~20万円

社会人の留学に必要な学費の目安は、1ヶ月あたり約5~20万円です。

ただし上記は語学留学をする場合の学費で、留学する目的によって費用は変動します。
・語学留学
 1ヶ月あたり5~20万円
・資格取得留学
 資格によって費用はさまざまですが、1ヶ月あたり20~50万円(滞在費・食費込み)
・長期留学
 1年間あたり180~500万円(滞在費・食費込み)

資格取得留学には習い事レベルのものからMBA取得を目指すものまで多岐に渡り、どの資格を取得するかによって費用が大きく異なります。

また、長期留学は語学学校・現地の大学・専門学校など学校の種類によって学費に差があり、授業時間数や学べる分野もさまざまです。
そのため気になる学校がある場合は、個別に学校の情報を集めていくのがよいでしょう。

滞在費

1ヶ月の滞在費
0~15万円

社会人の留学に必要な滞在費の目安は、1ヶ月あたり約0~15万円です。

主な滞在先にはホームステイ・寮・アパート・シェアハウス・ホテルがあり、一般的にホテルが最も高い傾向にあります。

留学期間が短いのであればホームステイや寮などの共同生活を体験し、数ヶ月以上の長期留学の場合はシェアハウスを利用するのもよいでしょう。
シェアハウスは学校以外での友人・知人が増えるのに加え、家賃や光熱費を安く抑えられるというメリットもあります。

また、シェアハウスより家賃は高くなりますが、一人暮らしを経験してみたい方は家具・家電付きアパートで自炊をしながら生活費を抑えるのもおすすめです!

食費

1ヶ月の食費
1~5万円

社会人の留学に必要な食費の目安は、1ヶ月あたり約1~5万円です。

食費は国によって大きく異なるため、事前に留学先の外食費や食材費を調べておくのがよいでしょう。

たとえば台湾やマレーシアなどアジア圏に留学する場合は、外食メインの生活を送っても日本より食費を抑えられる可能性が高いです。
一方、欧米圏へ留学すると、外食の比率が高くなるほど出費がかなり増えてしまいます。

食費を抑えるためには自炊を心がけたり、食費と滞在費がセットになったプログラムを選んだりといった工夫をすることがポイントです。

おこづかい

1ヶ月のおこづかい
1~10万円

社会人の留学に必要なおこづかいの目安は、1ヶ月あたり約1~10万円です。

社会人留学では親から資金を援助してもらうケースは少なく、留学資金のなかから渡航費・滞在費・食費を差し引いた残りの金額でうまくやりくりしている方が多いです。

とにかく勉強だけに集中したいのであれば金額は少なめでもよいですが、観光も満喫したいのであれば多めに持参しておくなど、自分の生活スタイルに合わせて費用を計算するようにしましょう!

その他の費用(交通費・通信費・留学エージェントの手数料など)

その他の費用
0~30万円

そのほか、留学に必要な費用には交通費や通信費、留学エージェント手数料などがあります。

ただ、学校近くの寮に滞在して交通費を抑えたり、現地でSIMカードを契約して通信費を節約したりすれば、これらの費用は安く済ませられるでしょう。

また、現地オフィスのある留学エージェントであれば、オフィス内のパソコンなどを利用する方法もあります。
「留学に必要なパソコンを持っていない…」とお困りの方は、留学エージェントのサービスを活用してみるのもおすすめです!

留学費用を詳しくチェック! パンフレットを見てみたい!

パターン別!社会人の留学にかかる費用

パターン別!社会人の留学にかかる費用

次に、社会人の留学に必要な費用を下記の3パターンに分けてご紹介します。

  • イギリスで語学留学(2週間)に参加
  • アメリカで専門学校留学(6ヶ月半)に参加
  • カナダでワーキングホリデー(1年間)に参加

語学留学のほか、専門学校への留学、ワーホリなどさまざまなパターンをまとめているので、自分の留学スタイルに近いものがあればぜひ参考にしてみてくださいね!

イギリスで語学留学(2週間)に参加
イギリスの語学学校で2週間の短期プログラムに参加した場合、費用は約15~50万円が目安です。
上記は学費・滞在費・食費を合わせた金額のため、渡航費は別で支払わなければいけません。

社会人向けの語学留学には、ビジネス英語コースを設けている学校が多くあります。
一般英語コースよりも費用は高くなりやすいですが、ビジネススキルを磨くにはぴったりでしょう。

また、語学留学には数日~1週間のプログラムもあるので、会社を辞めずに留学したい方は短期留学を検討してみるのもよさそうですね!

アメリカで専門学校留学(6ヶ月半)に参加
アメリカの専門学校へ英語とグラフィックデザインを学ぶために留学した場合、半年間でかかるトータルの費用は200万円前後です。
この金額は、語学留学より高く私立大学への留学より安い程度だと考えてよいでしょう。

アメリカはITやビジネス、アートなどさまざまな分野が盛んで、キャリアアップや手に職をつけたい方にぴったりの留学先です。
ですが、入学時に一定レベルの英語力を求める学校が多いため、アメリカの専門学校へ留学したい方は試験対策を進めておくようにしましょう!

カナダでワーキングホリデー(1年間)に参加
カナダで1年間のワーキングホリデーをした場合、事前に用意しておきたい費用は約60万円です。
ただし、これは渡航してからスムーズに仕事が見つかったケースを想定しているため、英語力に自信がない方は多めに資金を準備しておくことをおすすめします。

カナダワーホリでは渡航後に自力で仕事を探すのもよいですが、留学プログラムを利用して仕事探しのサポートを受けるのも1つの方法です。
数十万円の費用を支払う必要はありますが、履歴書の書き方や面接の練習などをサポートしてくれるので安心感がありますよ!

社会人の留学で奨学金制度は利用できる?

社会人留学で利用できる奨学金制度もありますが、そのほとんどが大学院への留学を支援するもので、応募条件もかなり厳しめです。

たとえばアメリカ留学を支援する団体に「フルブライト交流事業」がありますが、奨学金の対象者は大学教員と研究者のみ、または社会人としての経験・知識を大学院レベルの勉強に生かせる方に限定されています。

そのほかの奨学金も応募条件が厳しく、社会人が通常の語学留学で奨学金を利用するのはあまり現実的ではないと言えるでしょう。

留学ローンで資金を借りるのも1つの方法

大学院留学ではなく、通常の語学留学などで「自己資金に余裕がない…」とお困りの方は留学ローンを利用するのも1つの方法です。

留学ローンとは、国や銀行から留学費用を融資してもらえる制度のことを指します。 金利や返済計画などさまざまな面を考える必要はありますが、どうしても費用が足りない場合は借入を検討してみるのもよいでしょう。

ただ、留学ローンの場合は会社退職後に申し込んでも審査が通らない可能性が高いため注意が必要です! 留学ローンを申し込むなら、退職前に手続きを完了させるようにしてくださいね。

留学ローンについて詳しく見る

社会人の格安留学におすすめのプログラムまとめ

留学エージェントのパンフレットをもらおう!

留学エージェント各社のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

留学エージェントとは?

留学エージェントとは、留学を手配する代理店です。手配だけではなく、学校選びや留学全般のアドバイス、留学中のサポートまで、留学のプロがあらゆる面でサポートしてくれます。
はじめて留学・ワーホリする方には特におすすめです。

まずは各社の資料をもらおうパンフレットを見てみたい!