留学くらべ〜る編集部 2017.04.19

カナダ人はおだやかって本当?留学前に知っておきたいカナダ人の特徴・性格

カナダ人はおだやかって本当?留学前に知っておきたいカナダ人の特徴・性格

やっぱり留学するなら現地の人と仲良くなりたいですよね! カナダ人の特徴・性格を事前に知っておけばよりコミュニケーションが取りやすくなるはず! ぜひ参考にしてみてくださいね。

>>カナダ留学について詳しくはこちら

カナダ人の日本の認識

どこの国にも特徴や性格・国民性があり、カナダ人ならではの性格や特徴を知っておくと、現地の人々とコミュニケーションが取りやすいかもしれません。

その際にカナダの人々が日本をどのように認識しているか気になりますよね。 一般的にカナダ人が日本に対して抱いているイメージをご紹介します。

日本人の良いイメージ

日本人の印象や特徴を聞いたところ、「協調性、団結力がある」「まじめ、親切」「礼儀正しい、規律・ルールを必ず守る」こういったイメージを抱いており、基本的には日本人に対して好印象であると言えます。

日本人の悪いイメージ

日本人に対して嫌だなと思うこともあるそうなのでご紹介しておきます。 挙げられた意見は「謝りすぎるところ」「はっきりしゃべらない、声が小さい人が多い」「働き過ぎ」「議論を避ける、本音を言わない」「必ず誰かと行動する人が多い」このような印象も持たれています。

特に「謝りすぎるところ」については良い印象を持たれず、逆に機嫌を損ねてしまう場合もあります。 意味もなく謝るのではなく「ありがとう」と感謝の言葉を伝えるように意識してください。

また、遠慮して自分の意見を吞み込むのではなく、しっかりと自分の意見を伝えた方が相手にとっては好印象なのだそうです。

カナダ人の着眼点

その他、日本といえば、なにを思い浮かべるのかという質問に対して「お寿司」や「テクノロジー」「安全な国」「食べ物がおいしい」「漫画、ファッション、映画、音楽などのサブカルチャー」といった意見もあり、またカナダ人が驚いたことは「夏の暑さ」「ごみが少なく清潔だ」という内容でした。

基本的には日本に対して良いイメージを抱いてくれているようなので、自分の意見を伝えること、謝るのではなく感謝の言葉を伝えることなどに注意しておけば、良い関係を築いていけるのではないでしょうか。

ALT

カナダ人の好きな日本の食べ物

日本食と言えば今世界中で人気が高まっており、ヘルシーで健康にも良い日本食は需要があるんです! なんと海外でもたくさんの日本食レストランやお店が開かれるほど!

そんな日本食の中でカナダの人が好きな日本食は何なのか気になりますよね。 カナダ人にはどんな日本食が好まれるのでしょうか?

もし日本食をカナダの方にごちそうする機会などある場合には、ぜひ参考にしてみてください。

カナダ人からも大人気のお寿司

カナダ人が好む日本食と言えばやはり一番人気はお寿司です。 実はカナダ国内にはたくさんのお寿司屋さんがあるんです。

しかし実際のところ、日本の伝統的な江戸前寿司が得意という人はあまりおらず、カナダの人は生魚が苦手な人も多いので、いわゆるカリフォルニアロールなどは非常に好まれます。

若者から支持されるラーメン

次に人気があるのが近年世界中で急速にその味が広まったラーメンです。 ラーメンだけを食べに来日するカナダの若者がいることでカナダだけでなく世界中で話題となっています。

しかし、ラーメン自体は日本発祥ではなく中国が起源となっており、日本のラーメンは独自の発達をしていることからも外国人は勘違いしてしまうケースがあるようです。

ラーメンが人気の理由としてTwitterやインターネットで簡単に細かく日本のラーメン屋情報を見ることができることにあります。 食べることに対する情熱はどの国も変わりませんね。 カナダでも最近は日本のラーメン店が数多く出店しており、ますます広がりを見せています。

外国でも人気の揚げ物

最後にカナダ人含めて外国人が好きなもの、それはフライやてんぷらといった揚げ物です。 海外でもフライドポテトなどの揚げ物が人気であることからも、サクサクの衣をまとったてんぷらはカナダ人にも大好評のようです。

ALT

細かいことは気にしないカナダ人

カナダ人の国民性は、とてもフレンドリーでおおらかな人が多く、細かいことは気にしない!といった特徴を持っています。 では、具体的にどんな人々が多いのか見ていきましょう。

カナダ人の国民性

カナダ人の特徴として温和で人懐っこく、優しくて穏やかと言う特徴を持っています。 その国民性からカナダは犯罪が少なく治安が良いと言われています。

しかし、カナダ人はおおらかで心が広く、おっとりしている人が多いため細かいところは気にしない、大雑把であるとも言えます。

時間にルーズなカナダ人

日本人は時間に厳しい国ですが、カナダ人は時間にはとてもルーズで電車やバスなど時間通りに来なかったり、宅配の荷物が指定の時間になっても届かないなどということは日常茶飯事なのです。

約束やルールなどもあまり細かくは決めずに大雑把に決めてしまうので、日本人からしてみると少し驚きですね。 時間にルーズなカナダ人は通勤にあまり時間をかけないように、学校や仕事場のそばに家を持つ人が多いようです。

人種差別のない国

カナダ人は人種差別をしない国としても有名です。 人種差別は未だに世界中で根強く残っていますが、カナダは移民によって成り立っている国家であるため、人種差別には厳しい国なんです。

多種多様な人種や文化が混ざり合う国だからこそ、それぞれの人種と文化をとても大切にしており、カナダは人種差別をなくそうとする取り組みを行っています。

意外と肥満の多い国

北欧系の白人のイメージは身長が高くてすらっとしたスリムな体系の人が多いイメージをしている人は多いと思います。 ですが、意外にもカナダ人の肥満率は高いんです。

都市にっては冬が寒く、脂質の高い食べ物を好むこともありますが、太っていても気にしないといった人が多いのかもしれません。

ALT

自然に囲まれて育つカナダ人

カナダは都会の利便さを持ち合わせながらも、雄大な大自然を持つ国でもあります。 その自然と共に暮らしているカナダの人々はとても穏やかな性格の人が多く、魅力に溢れているんです。

雄大な大自然が広がるカナダ

先進国であるカナダは都会でありながらも、少し離れれば雄大な大自然が広がる魅力的な国なんです。 カナダは自然環境をとても大切にしており、国立公園は全州、準州に設けられユネスコ世界遺産に指定されている場所もあるんです。

年間800万人が訪れる公園

バンクーバー市民が愛する公園スタンレーパークは、ダウンタウンに隣接しているとは思えないほどの自然が繁る広大な公園です。

住民が残したトーテムポールがあるトーテムポールパークやダウンタウンと海沿いの絶景を楽しめる遊歩道であるシーウォー、9,000種以上の海洋生物が暮らすバンクーバー水族館、スタンレーパークはバンクーバーのライフスタイルが間近に感じることのできる素敵な場所なんですよ♪

ALT

自然と共に生きるカナダ

いかがでしたか?

都会的な雰囲気でありながら、大自然も感じることができるところが非常に魅力的であり、カナダ人は自然と共に生きているのです。 カナダの休日の過ごし方として、晴れた日は町や山を離れてクルーズに出かけることもできます。 比較的クルージングもしやすい環境が整えられていて、深く青い海の素晴らしさには感動すること間違いなしです。

バンクーバーなどでは移動手段として鉄道以外に海上交通も使われています。 ダウンタウンとノース・バンクーバーをつなぐシーバスやフェリーが充実していて、通勤に使う人もいます。

もちろん留学生や旅行者にもとても人気があり、このように海と山に囲まれた大自然とカナダ人は共生しているのです。 公園の大きさも日本では考えられないくらいの規模で、彼らの性格や特徴をあらわしていますね。

この記事を見た人はこんな記事も見ていますRelated information

img

img img