利用者 43 万人突破!

(2019年11月12日更新)

『難病SLEで女30歳☆カナダへワーキングホリデー』のブロガーHarumiさんに直撃インタビュー!カナダのワーキングホリデーについて聞きました★

2018.08.22

留学くらべーる編集部

『難病SLEで女30歳☆カナダへワーキングホリデー』のブロガーHarumiさんに直撃インタビュー!カナダのワーキングホリデーについて聞きました★
\ 留学のパンフがまとめて届く /パンフレットもらう
FreeBook

何部もらっても無料!
パンフレットには留学プランや、留学エージェントの問い合わせ先が載っているので、気軽に質問すれば、留学実現がぐっと近づきます!

今回は記念すべき、カナダのブロガーさんインタビュー第1弾!インタビューに答えてくれたのは、カナダのワーホリについてブログを書いているHarumiさんです!

難病を発症しながらもワーキングホリデーでカナダに行くことを決めたHarumiさん。
自分のような難病患者の方にも希望を持ってもらいたいという思いから、ブログを開設したそうです。

渡航先をカナダに決めた理由や現地でのお仕事のお話など、ワーキングホリデーに関するいろいろなことを聞いたので、ぜひご覧ください♪

ブロガーさんのご紹介

カナダのワーキングホリデーに関するブログを2014年11月からスタートしたHarumiさん。
ブログではワーキングホリデーの準備の様子から綴られています。

Harumiさんは2015年1月にワーキングホリデーを開始し、現在もカナダに渡航中です。
ブログではカナダのワーキングホリデーに関するお役立ち情報満載です☆

ぜひブログもチェックしてくださいね~! ALT

Harumiさんのブログはこちらから『難病SLEで女30歳☆カナダへワーキングホリデー』

ワーキングホリデーを決めた理由について

ワーキングホリデーをなぜ選んだのですか?

姉がワーホリをしていて、私も海外に出て英語を習得したい、他の国をみてみたいと思っていたからです。

なぜカナダを選んだのですか?

小さい頃、イギリス英語を習っていたので、最初はイギリスで考えたのですが、審査が難しそうだったので、なるべくナマリの少ないカナダなら聞き取りやすいのかと思い選びました。 カナダの風景

語学学校や仕事について

語学学校には行きましたか?学校はどうでしたか?

はい、行きました。

楽しかったです。
最初はESLに通い、いろんな国のお友達ができて、アクティビティも一緒に楽しむことができました。

その後、帰り際にまた1ヶ月だけ、最後にみっちりお勉強の学校に通いました。

ワーキングホリデー中、お仕事は何をされましたか?お仕事を通して学んだことも教えてください。

美容師です。

日本人経営の美容室でしたが、お客さんは9割イングリッシュスピーカーでした。
もちろんお客さんとお話ししなければいけないので、とても英語のリスニングとスピーキングの練習になりました。

髪型の要望も、日本人とは少し違う点があったり、法律の違いで薬剤も多少違うものを使うことができたり、美容の面でもたくさん学べたことがありました。 美容師の仕事

お仕事で苦労した点は何でしたか?

もちろん、英語です。
髪型は、日本語でも意思疎通が難しいうえ、要望しているスタイルが「今のお客様の髪の現状だとできない可能性が高い」ときもあり…。

否定的なことをお客様を傷つけず、納得していただくように(もちろん英語で)説明しなければならなかったため、苦労しました。

しかし、そのおかげで、短期間で英語力が一気に伸びたと思います。

学校やお仕事以外で何かしたことはありますか?それはどうして行ったのですか?

たくさんの場所へ旅行にいきました。
世界中に興味があり、カナダにいるうちに行けるところに行きたかったからです。

滞在中の苦労や楽しかったことについて

滞在中、一番苦労したことは何でしたか?また、その苦労をどう乗り越えましたか?

一番苦労したのは英語です。
来たばかりの時は何もわかりませんでした。
ただがむしゃらに人より勉強し練習しました。

勉強

滞在中、一番うれしかったこと・楽しかったことは何でしたか?

世界中にたくさんの友達ができたことです。
ESLの生徒は多国籍ですし、私は学校の寮に住んでいたこともあり、そこでたくさんの友達ができました。
これからは、その友達に会いに色んな国に行くことができる事も楽しみです。

最後に、ワーキングホリデーについて聞きました!

あなたにとってワーキングホリデーとは何ですか?

自分の常識が小~さい事を痛感する1年。

わかっているようで、日本の外にでてみないとわからない世界がある。
日本は本当に島国で、いかに私たちが狭い視野の中で生きているか痛感する。

特に私の場合、特殊な「難病」をかかえてのワーホリとなりました。
カナダに来る前、ネットで難病持ちのワーホリを調べたところ、何もヒットせず…。

ブログは、私が挑戦して記録にのこし、たまたまこれを見た他の難病患者にも希望をもってもらいたい、という思いもあります。

いかがでしたか?

カナダのワーキングホリデーブロガーさんにインタビュー、第1弾をお送りしました!

語学学校や美容師というお仕事を通して英語力を身につけたHarumiさん。
病気と上手く付き合いながらワーキングホリデーを楽しむ姿に、多くの方が勇気づけられるのではないでしょうか。

Harumiさん、インタビューにご協力いただき、ありがとうございました!

今後、『留学くらべ~る』ではブロガーさんのインタビュー記事を随時お届けしていきます★
ブロガーさんはワーキングホリデーで素敵な体験をされている方ばかりです!ぜひ今後も注目してくださいね!

Harumiさんのブログはこちらから『難病SLEで女30歳☆カナダへワーキングホリデー』

カナダワーキングホリデーの留学プログラム

プログラムをもっと見る