利用者 69 万人突破!

(2024年5月21日更新)

閉じる

【1分で分かる】語学学校とは?おすすめの国や語学学校一覧・費用相場

2024.01.29

留学くらべーる編集部

【1分で分かる】語学学校とは?おすすめの国や語学学校一覧・費用相場
\ 留学のパンフがまとめて届く /パンフレットを見てみたい!
FreeBook

何部もらっても無料!
パンフレットには留学プランや、留学エージェントの問い合わせ先が載っているので、気軽に質問すれば、留学実現がぐっと近づきます!

この記事では、語学学校がどんなところかや語学留学におすすめの国・おすすめの語学学校などを紹介していきます。

必要な費用やよくある質問も調査したので、語学学校について詳しく知りたい人は参考にしてください。

語学学校とはどんなところ?

語学学校のイメージ

語学学校とは、日本の学生が各国の言語を学ぶために海外の学校に入学することを指します。 基本的には学生が多いですが、社会人も留学できる語学学校もあります。 社会人にも対応しているかどうかは、行きたい語学学校をよく調べておくと良いでしょう。

語学学校で学ぶこと

語学学校ではその国の言語以外にも専門知識や専門職業について学ぶこともできます。ただし本当に語学学校によってバラバラです。 基本的な語学を学ぶ学校を選んだ場合、隣の人と教え合う「ペアワーク」や「グループワーク」を行ったりととにかく話せるようになるための講義が多いです。

大学留学との違い

「大学留学」は語学学校と違い、現地の学生が通う普通の大学に入学することを指します。語学を学びに来ている人が多い語学学校とは違い、授業も現地の言葉で通常通り行われているので非常に難易度が高くなります。 英語に自信がある人は大学留学を選ぶ方もいますが、英語に自信がない人は大学留学で授業についていくのはとても大変です。

語学留学でおすすめの国

次に語学留学で人気・おすすめの国を紹介していきます。

語学留学でダントツ人気なのは「カナダ」と「アメリカ」です。カナダはアメリカよりも治安が良い上にバンクーバーと言う大都市も自然もあるので、多くの人の課題を解決しやすい国です。 また、さらに治安が良く住んでいる人が穏やかなのは「オーストラリア」で、海外にいながらゆったり語学を学びたい人に向いています。

そして費用を気にする人におすすめなのは「フィリピン」で、リゾート地なので楽しく安価で語学学校を楽しめる国です。

好きな国を選ぼう パンフレットを見てみたい!

おすすめの語学学校一覧

おすすめの語学学校一覧

留学スタッフがおすすめする人気国の語学学校をまとめてみました。

カナダの語学学校

  • EC Vancouver(バンクーバー)
  • Simon Fraser University(バンクーバー)
  • George Brown College(トロント)

バンクーバーはカナダで一番栄えていて交通も便利です。トロントは次に人気な都市で、もう少しゆったりしたところが良い人におすすめとなっています。

アメリカの語学学校

  • Boston University(ボストン)
  • Kaplan International Languages(ニューヨーク)
  • New York Institute of Technology(ニューヨーク)
  • Georgetown University(ワシントンD.C.)
  • The University of Tampa(フロリダ)

アメリカは大都市が多いのでおすすめの語学学校も多数存在しています。 さまざまなところに語学学校があるので、自分に合う土地柄であり、学びたいことが合致している語学学校を選ぶと良いでしょう。

オーストラリアの語学学校

  • Lexis English(シドニー)
  • International House(シドニー)
  • BROWNS English Language School(ゴールドコースト)

オーストラリアの語学学校はやはりシドニーがメインですが、ゴールドコーストも自然豊かでロケーションを重視する人にはおすすめです。

フィリピンの語学学校

  • 3D ACADEMY(セブ島)
  • Cebu Blue Ocean Academy(セブ島)
  • CIA(セブ島)

フィリピンはどんどん語学学校が増えており、CIAは2022年にオープンした新しい語学学校です。 また、フィリピンはほとんど語学学校がセブ島に集まっているので、初心者はセブ島に留学するのがおすすめです。

おすすめの語学学校 パンフレットを見てみたい!

語学学校にかかる費用相場

ここでは、語学学校に行くことによりかかる費用の相場・目安を紹介します。

語学留学の費用種類 費用相場
渡航費(往復) 10~20万円
語学学校の学費(1ヶ月) 10~30万円
海外留学保険費(半年) 6~18万円
諸手続き費用(パスポート・ビザ申請費など) 5~10万円
健康診断料 2~4万円
居住費(1ヶ月) 3~10万円
生活費(1ヶ月) 3~10万円
その他の費用(交際費・交通費など/1ヶ月) 3~5万円

語学学校自体にかかる費用は、1週間で3〜13万円くらい・1ヶ月で10〜30万円ですが、その他にもたくさんの費用がかかります。 また、フィリピンなどの安価な国の語学学校は1ヶ月で10〜12万円で入学できますが、アメリカやカナダになると25万円くらいが相場で、50万円かかる語学学校もあります。

選ぶ地域や語学学校で費用がとても左右するので、予算に合わせて考えることも大切でしょう。

留学に必要な費用は?格安で行ける国や費用をご紹介!

語学学校に関するよくある質問

語学留学をするのに必要な語学力はどのくらい?

どの語学力でも留学することはできます。語学学校では、初心者から上級者まで、あらゆるレベルに対応したコースを用意しています。入校時のテストによってレベル分けされるため、英語がまったく話せない…という方でも問題ありません。

留学するには何から始めたらよい?

留学をするにあたって最初にすべきことは、「留学の目的・期間を決める」こと!目的が決まったら、次に留学する期間を検討しましょう。特に、休学留学を考える場合、休学期間が長いほど帰国後の進路設計に大きな影響が出る可能性も!留学後のことも念頭に入れながら、目的にあった期間を選ぶことが大切です。

語学学校の学費の支払いはどうすればいい?

支払い方法は各エージェント、語学学校によって異なるため、パンフレットをご確認するか、各エージェントにお問い合わせください。クレジットカードでの決済、現地での支払い、口座振り込み、分割払いなど、さまざまなパターンがあります。

語学学校にはどんなコースがあるの?

会話中心のものから、ビジネスや大学進学を目的とした専門的なものまでさまざまです。日常会話から始めたいという方や、レポートの書き方を学びたい、細かな表現を理解できるようになりたいという方まで、いろんな目的に対応しています。

語学学校の授業ってどんな感じ?

語学学校は一般英語や進学準備などさまざまなコースがあり、学ぶ内容や授業の雰囲気はそれぞれ異なります。また、プレゼンテーションやディスカッションなど、学生主体となるものが多く取り入れられていることも特徴です。

語学学校は意味ないって本当?

「語学学校に行っても意味がなかった」と答える人の大半は留学のスケジュールが曖昧で、自分の課題を解決できなかった人に多いです。事前にしっかり目的と目標を持って語学学校に通うと、意味があるものと思えるでしょう。

語学学校についてまとめ

今回は語学学校について詳しく紹介しましたがいかがでしょうか。 おすすめの国やおすすめの語学学校・語学学校にかかる費用まで理解できたと思います。 今回の語学学校についての情報を参考に、ぜひ自分にあった語学学校を選んで留学してみてください。

カナダ語学留学の留学プログラム

プログラムをもっと見る