利用者 59 万人突破!

(2022年10月6日更新)

閉じる

【体験談】カナダのワーキングホリデーで家探し!賢く探して、充実のワーホリライフを送ろう♪

2018.08.24

留学くらべーる編集部

【体験談】カナダのワーキングホリデーで家探し!賢く探して、充実のワーホリライフを送ろう♪
\ 留学のパンフがまとめて届く /パンフレットを見てみたい!
FreeBook

何部もらっても無料!
パンフレットには留学プランや、留学エージェントの問い合わせ先が載っているので、気軽に質問すれば、留学実現がぐっと近づきます!

カナダで家探しってどうすればいいの?とお悩みの方、必見!ここでは、ワーキングホリデーでカナダに渡航したドドンパさんの体験談をご紹介します。

ドドンパさんはカナダのトロントに移住し、現在もカナダにお住まいです。住んでいるからこそ分かるお役立ち情報なので、ぜひチェックしてくださいね☆

プロフィール

項目 概要
名前 ドドンパさん
渡航した年 2013年3月
渡航先の国/都市 カナダ/トロント
渡航時の年齢 24歳

絶対に知っていないと損!家探しのサイト情報

サイト

カナダでの家探しはネットが主流です。主なサイトは「kijiji」と「craiglist」。こちらの2つのサイトがカナダで最も利用されているようで、生活に関してのクラシファイドの情報が掲載されています。

どちらも地元カナディアンが使っているので、英語環境の家探しをしたい人にはぴったり!ただしすべて英語表記です。
ダウンタウンに偏っており、探しやすいのもポイントです。

英語が不慣れな人には、カナダに住む日本人のクラシファイドのサイトである、「emaple」もしくは「jpcanada」のサイトが強い味方です。「emaple」はトロント、「jpcanada」はバンクーバーにそれぞれ特化している傾向にあります。

条件に合う家はこちらの方が断然探しやすいです。日本語表記で安心で、私は主に「emaple」を使って部屋を探し、掘り出し物件を見つけました!ちなみに私が見つけた物件は、ブラジル人とのシェアハウスでした♪

体験者が教える物件下見の際のポイント

ポイント

なかにはかなり掲載情報と食い違うところもあったので、下見へ行き自分の目で見て決めた方がいいです!そして家賃に何が含まれているかなども漏れなく聞いておきましょう。

水道光熱費はだいたい含まれていますが、Wi-Fi代やランドリー代などは見落としがちです。また、シェアハウスは日本の一般的な家に比べ汚いことを覚悟しておいてください!

特に見学の際は女性は1人ではなく友人と一緒に見学へ行くことをおすすめします。自分の身の安全を守るためでもありますが、自分以外の目があることで気付く点も多かったです。

いい物件はかなり競争率が高く、決まってしまえばアポ取り消し…ということも何度かあったので、とにかく気になる物件があればすぐに見学へいくことをおすすめします★

気になる家賃の相場は?

家賃

ワーキングホリデーでの毎月の大きな出費となる家賃。トロントはシェアハウスの相場が約$400〜$700(約35,000円~50,000円)程度と言われています。

ちなみにトロント市内を走るメトロパスという定期券が毎月$140(約12,000円)かかるので、

●ダウンタウンに住むか
●電車賃はかかるけど家賃を安く済ませるか

が家探しのポイントになります。

ホームステイは$700〜$900(約60,000円~75,000円)が相場と言われています。ホームステイの場合この値段で食事もついてくるので、英語力を身につけながらご飯も食べられるので良かったです。ですが、門限やハウスルールがあって気を使うこともかなりありました。

私は3回の引っ越しの末、最終的にダウンタウンで月$400(約35,000円)のシェアハウスに住むことできました!

シェアハウス・ホームステイどちらも経験するのがおすすめ!

滞在方法

せっかくカナダへ来たのなら、おすすめしたいのはホームステイ数週間~1ヶ月、数ヶ所のシェアハウスで過ごすプランです。
初めての異国での暮らしに戸惑うかと思いますが、カナディアンがどんな風に暮らしているか経験して、さらに英語に慣れるためにもホームステイはおすすめです。

語学学校や交通機関など徐々に土地に慣れて来たらシェアハウス探しを始めるのがいいかと思います。知識があれば危険とされているエリアや不便な場所を避けることができるので、慣れてきてから探すようにしましょう。シェアハウスでルームシェアをすれば月$300(約25,000円)~と安価にダウンタウンに住むのこともできます!

契約はどんな流れ?

契約

家が決まったら、大家さんと契約をします。カナダでの賃貸はシェアハウスであれば初めと終わりの2ヶ月分の家賃をデポジットとして払い、住まいに関する同意・契約書を交わします。

私の場合は引っ越した日に鍵をもらい、家賃は小切手か現金で支払い、領収書をもらうという流れでした。退去したい時には2ヶ月前~1ヶ月前に意思を伝えます。

一方、ホームステイではシェアハウスと同じような所もありますが、2、3週間からでもステイOKで、融通が結構効きました。支払いはシェアハウスと同じです。退去の場合は1ヶ月~2週間前程度に伝えるくらいで大丈夫でした。

トロントおすすめのエリア

おすすめエリア

ダウンタウンに住むのであればおすすめしたいのはコリアンタウンです☆日本食の買えるスーパーや飲食店が多くてとても住みやすかったです!自転車さえ持っていればダウンタウンを走り回ることができ、メトロパスも買わずに済んで節約になりました。部屋が少々汚くても許せる範囲ならかなりおすすめのエリアです!

また、エグリントンやフィンチ周辺にも日本食の買えるスーパーがあり、ダウンタウンからは少し離れますが割と綺麗な部屋が多いです!住み方はそれぞれですが、賢い家探しをしてワーホリ生活をもっと充実させてくださいね♪

カナダのワーキングホリデーをとことん楽しもう!

いかがでしたか?

ドドンパさんはクラシファイドを利用してブラジル人とのシェアハウスを見つけました。実際に住んだからこそ分かるおすすめのエリア情報はすごくありがたいですね!
お気に入りの家を見つけたら、ワーホリライフがさらに楽しいものになること間違いなしです★

もしワーキングホリデーやカナダについて分からないことが他にもありましたら、エージェントへのお問い合わせや資料請求もご利用ください♪不安な点は解消して、ワーキングホリデーに臨んでくださいね!

留学した国/都市

カナダワーキングホリデーの留学プログラム

プログラムをもっと見る