利用者 42 万人突破!

(2019年9月18日更新)

【体験談】好きな時に働いて、好きな時に旅をする!旅行好きにオススメのカナダ・ワーホリ!

2019.06.27

留学くらべ〜る編集部

【体験談】好きな時に働いて、好きな時に旅をする!旅行好きにオススメのカナダ・ワーホリ!

プロフィール

項目 概要
名前 @miyuusuga(Instagramアカウント名)
年齢 26歳 / 渡航時 25歳
渡航先の国 / 都市 カナダ / バンクーバー

自己紹介をお願いします

横浜出身の横浜大好きっ子です。
高校卒業後の約1年間はフリーターをしていましたが、危機感を覚え、その後某脱毛サロンに就職し3年3ヶ月勤務していました。

脱毛サロンを退職後、セブ島に1ヶ月留学。
帰国後は、数ヶ月フリーターとしてで過ごした後、正社員でコールセンターにて勤務しました。
コールセンターは、有給100%を目指してる会社だったためシフトの融通が利き、1年に6回は海外旅行に行く生活をしてました。
旅行のために働く! という考えで生きていたので、休みの日はあまりお金を使わない遊びを心がけていました。

また、お酒が飲めないので基本外食はしません。友達と遊ぶ時はランチで、夜ご飯は基本的に家で食べていました。
現在はコールセンターを退職しており、2018年の5月末からカナダのバンクーバーにワーキングホリデービザで滞在しています。
最初の3ヶ月間は語学学校に通い、現在はバイトをしながら旅行にも行き、まったり過ごしています。

ワーホリのきっかけを教えてください!

もともと、小さい頃から親の仕事の都合でアメリカのロサンゼルス(以下、LA)へ行く機会があり、小学2年生の頃から漠然と「LAに住みたい!」と思っていました。(当時のクラス文集に、みんなが沖縄やハワイに行きたいと書いていた中、1人だけLAと書いていました)

留学したい気持ちはぼんやりとありましたが、社会人になり、いろんな世界を見てみたいという気持ちにシフトしていきました。
でも、やっぱりLAに行き、英語を話せるようになりたいし、どうにかしてアメリカに住む夢に近づきたいと思い…その気持ちが芽生えた7ヶ月後にはワーホリでカナダに来ていました。

カナダでワーホリスタート!まずは現地の語学学校へ!

通った語学学校について教えてください!

inlingua バンクーバー校に12週間(約3ヶ月間)通いました。 南米系、メキシカンの人が多くとにかくにぎやかな印象でした。
授業の内容はクラスメートとのディスカッションがメインで、話す機会が多かったです。
発音矯正の授業はひたすら難しい音を言って、舌がつりそうになったこともありました(笑)
もともと「英語を話せるようになりたい!」と思っていたので、会話重視の学校を選びました。

旅行の時に話していた英語スキルから変化はありますか?

ワーホリ前に旅行で海外に行っていた時は、とにかく単語で話して気持ちで伝える!
あとはどうにかなる!という精神がかなり強かったと思います(笑)
今でももちろんペラペラではないですが、単語を言いまくるのではなく、少しずつ会話をすることができるようになった気がします。
たとえばニューヨークに旅行した時、メトロが複雑でわからなかったので隣の券売機にいたおじさんに話しかけて道を聞いたり、Uberウーバーの運転手さんとたわいもない会話をしたり、店員さんと話したりすることができるようになりました。

ワーホリ中に学校に通えないといった方に、何かオススメの勉強法はありますか?

様々な方法はありますが、「とにかく話せるようになりたい!」という方はシャドーィングがよいと思います。
そして、外国人が住むシェアハウスであれば、いつでも英語に触れられるので、シェアハウスもオススメです!

学校で、苦労したことはありますか?

学校に通ってる時、授業で1つのテーマについて話し合うことがよくありました。
そこでラテン系の友達はみんな自分の意見を持っていて堂々と話していたのですが、それに対して、自分を含む日本人はまず自分の意見がなく、戸惑いました。

「どう思う?」って問われても、「えっ、どうも思わない…」としか答えられないんですよね。

昔から「なんでもいいよー」が口癖だったので、自分の意見を主張できないんです。
英語でうまく伝えられないうえに自分の意見がなくて戸惑うことは日本人なら誰もが一度は経験あるかなと思います。

学校選びで失敗したなと思うことはありますか?

語学学校の申し込みが12週間以上からしかできない、という縛りがありました。
語学学校は人によって合う合わないがありますし、ほとんどの語学学校はトライアル(お試し入学)ができます。

まず、4週間通って充分であればそこで学校を卒業してもいいですし、学校が合わなければ変える選択もできたと思います。
ですので、はじめから12週間と決めずに、手数料を払ってでも4週間にすればよかったと後悔が残りました。

ですが、受付にいる方たちがすごくよい人達で居心地はよかったです。
何も用事がないのにおしゃべりだけしに行くこともありましたし、バイトを探すときも相談にのってくれたり、おすすめのご飯屋さんを教えてくれたり、とても頼りになりました。

カナダのワーホリ準備や生活費用について

旅行に慣れていても、エージェントは必要でしたか?

現地での口座開設のサポートや学校相談などで使いました。
私は使ってませんが送金サービスを利用している友達も何人かいました。

ワーホリに行く前に、どれくらい準備する費用がかかりましたか?

初期費用(語学学校代、1ヶ月のホームステイ、保険、航空券)以外には30万円程しか持ってこなかったので、集めたというよりは、これしかなかったというのが正解かもです。

現在の生活費用

項目 費用
家賃 $590(47,790円)
携帯 $45(3,645円)
定期 $95(7,695円)
ネットフリックスなど $20(1,620円)
食費 $200(16,200円)
交際費 $150(12,150円)
合計 $1101(90,282円)

1カナダドル(約82円) ※2019年6月現在

ホームステイとシェアハウス、どちらがいいと思いましたか?

私は、最初の1ヶ月はホームステイをしていました。
3食付きで1ヶ月約7〜8万円くらいだったと思います。

ホームステイのメリットは必ずご飯が3食あることです!
疲れて家に帰ってきてもご飯が置いてあるし洗濯も1週間まとめてやってくれるので本当に楽ちんでした。

ですが、お風呂の時間が22時までなど、家によってルールがあるので自由な生活をしたい人には向いてないと思います。
シェアハウスはお風呂の時間に決まりがあるところもありますが、ホームステイに比べたらかなり自由度は上がります。
ただすべて自分でしなくてはいけないので、ホームステイの時は勉強に使えた時間が料理や洗濯、掃除でなくなることは間違いないと思います。

その後、シェアハウスに引っ越しました。
少し駅から離れていたので1ヶ月の家賃が$490(39,690円)でした。
現在は家賃が$590(47,790円)の家に住んでいます。

旅行好きには、ワーホリがオススメ!

カナダにいる間に旅行には行かれましたか?

バンクーバーにいる間は、シアトル、LA、NYへ旅行に行きました。
カナダーアメリカ便はLCCも飛んでおり、とても安い航空券が多いです。
そのため、日本では考えられない値段でアメリカ旅行をすることができます!
またバンクーバーとLAは時差がないので、変な時間に眠くなる…なんてこともなく国内旅行の感覚でした!

旅行好きにとってカナダのワーホリビザは夢のようなビザだと思います! 好きな時に働いて好きな時に旅する…これを可能にしてくれました!
特に北米、中南米エリアに旅行したい人には大変魅力的だと思います!!
デメリットは、行きたい場所の航空券が日本発より安すぎるので旅行先の選択肢が広がりすぎて困ったことです(笑)

海外に住んで旅行との違いは感じましたか?

自分が一番最初に驚いたことは、バスを下車する際にみんな運転手さんに向かって「thank you」と言うことです!
しかも結構大きめの声で!これは本当にびっくりしました。

あとはハグする機会がかなり多いことにびっくりしました。
バンクーバーもLAもですが、北米特有の全然知らない人にすぐ話しかける文化はすごく好きですね。
みんな気さくでまったくシャイな部分がなく、羨ましく思います。

準備してよかったこと、後悔したことなどありますか?

ワーホリは現地で働くことのできるビザなので、そこまでしっかり貯金はしないで渡航しました(笑)

海外は歯科治療が保険適用外のケースが多いので、日本で行っておいてよかったです。
後悔したことは、やはりもっとしっかり英語の文法や基礎を身につけておくべきだったことです。

今後の生活や、帰国後の夢、計画などありますか?

まだ漠然とLAに住みたいという気持ちはあります。
ですが、世界には日本のことを大好きな人がたくさんいることも知れたので、日本に住む場合は、その人たちが日本に来た時に助けてあげられるような仕事に就きたいと思っています。

今後、留学やワーホリをする方へ

価値ある留学にするためには、どういった準備や行動をすべきだと思いますか?

とにかく勉強しとくに越したことはないです!
話すにも、最低限中学レベルの文法が理解できてないと難しいと思います。
あとは恥ずかしがらないこと!「母国語じゃないんだかなら間違って当然!」の気持ちで挑む!

アドバイスやメッセージをください!

留学やワーホリを迷ってる方がいたらこれだけは言いたいです。
今すぐ行ってください!!
一度きりの人生、いつ死ぬかもわからないのに、迷ってる時間がすごくもったいないと思います。

人生が変わりますよ、なんてそんな無責任なことは言えませんが、自分の人生のかけがえのない時間になることは明らかだと思います。
ワーホリは簡単に海外で働けるビザです。こんな素敵なビザを使わないなんてもったいないと思います!

留学くらべーるから

いかがでしたか?

幼い頃から、ミユさんのように海外移住の憧れが強い方も多いのではないでしょうか?
でも現実はビザや金銭、仕事、語学力の問題などで諦めてしまっている方がほとんどでは?

「語学力がパーフェクトでもない」「旅行に行き過ぎて貯金も多くはない」と、ミユさんと同じ理由から一歩踏み出せない方もいるかもしれませんが、海外に飛び出した。
彼女は日本にいるよりワクワクした毎日を送っていますよね!

好きな時に働いて、好きな時に大好きな旅行にも安くいくことができる。

プラス思考になれない今の自分、そして環境も変えられるのが、ワーキングホリデーです!
小さな勇気ときっかけですべてがはじまります。

幼い頃の夢を、叶えてみませんか?
彼女の自分の気持ちに正直な部分や、人生を楽しんでいる姿を参考にしてみてくださいね!

貴重な体験談のご提供ありがとうございました!

留学くらべーるって、どんなことをしてくれるの?

留学くらべーる

ここで弊社についてご紹介させていただきますね!
留学くらべーるは留学する際に必要な手続きなどをお助けする「留学エージェント」と思っているほうが多いのですが…

「留学したい、海外に行きたい!留学エージェントを使いたいけど、会社数が多すぎてどこを使えばいいかわからない!」
そんな方のために、留学エージェントを比較している会社です。
最近は、旅行について調べるときに比較サイトってたくさんありますよね!そんなイメージを持っていただけるとわかりやすいかもしれません♪

留学くらべーるでは、数多くの留学エージェントから出ているおすすめの留学 / ワーホリプログラムをご紹介しています。 弊社のサイトをみれば短時間で、簡単にあなたに適したプログラムを調べることができますよ!

数多くの留学エージェント一覧

エージェントから探す

自分にあった留学プログラムを探す!

留学くらべーるでは、金額、期間、年齢、国など自分の好みの項目に絞って留学を探すことができます。 さまざまな留学エージェントが紹介するプログラムは1000以上の数!
ぜひ、自分にあった留学、ワーホリプログラムを見つけてみてくださいね★

プログラム

あなたにあったプログラムを探す

留学した国/都市

カナダワーキングホリデーの留学プログラム

プログラムをもっと見る

資料請求の流れ

  • Lady 01STEP1

    条件を選んで、
    パンフレット申し込み

  • Lady 02STEP2

    各社からパンフレットが届く

  • Lady 03STEP3

    留学エージェントを比較する

パンフレットもらう

留学くらべーるとは

「留学の実現に向けた、はじめの一歩のお手伝い」をコンセプトに、留学を手助けするための情報提供やパンフレットの手配(無料)を行っています。

詳細をみる
Pick up

留学お役立ちコンテンツ