利用者 40 万人突破!

(2018年12月12日更新)

【体験談】失恋からワーホリを決意!自然あふれるおしゃれな町、バイロンベイで自分の生き方を見つけました!

2018.11.13

留学くらべ〜る編集部

プロフィール

大信田 千尋さん

項目 概要
名前 大信田 千尋
渡航した年 2017年9月〜2018年9月
渡航時の年齢 31歳
資金額 約100万円
渡航先の国 / 都市 オーストラリア / バイロンベイ

自己紹介をお願いします♪

東京で生まれ、神奈川で育ちました。
帰国後は、カフェで働きながらウォーキングのインストラクターをしています。
ナチュラルに旅しながら暮らす「ナチュラルトラベラー」という理想のライフスタイルを叶えるため奮闘しており、今は月に1回旅をすることを目標にしています!
また、今後ウォーキングを通して、健康で美しい女性を増やす活動にも力を入れていきたいと思っています!

オーストラリアワーホリまでの経緯

オーストラリアワーホリまでの経緯

ワーホリに行くきっかけは、ありましたか?

ワーホリに行くきっかけとなったのは、『失恋』でした。
大好きな彼との別れがきっかけとなり、「新しい環境で生活したい!新しい挑戦がしたい!」と思いすぐに準備をはじめました。

ワーホリの準備について教えてください!

アクティブウーマンという留学エージェントで、留学先の相談から出発日までのサポートをしてもらいました。
英語ができない私には難しい「ビザ申請」「学校入学手続き」「ホームステイ手配」を代行していただきましたが、完全無料サポートのエージェントなので、お金は一切かかっていません!

ワーホリへ行くこと自体は急に決めたのですが、貯金は前々からしていたので、ある程度まとまった額は用意できていました。
そのおかげで、すぐにワーホリ行きを決断し出発することができました!

オーストラリアの語学学校について

Byron Bay English Language School

項目 概要
学校名 Byron Bay English Language School
期間 4ヶ月
金額 約6,900ドル(約55.2万円 / 1ドル=約80円で計算(2018年)

授業内容 / コース

私は「一般英語コース(フルタイム)」を選択しました。
授業はテキストを元に「読む、書く、話す、聞く」の能力を高めたり、コミュニケーションに重点を置いたりといった内容でした。
レベルは初級から上級の5段階に分かれていて、私はエレメンタリー(初級)で入学し、プレインターミディエイト(準中級)で卒業しました。

生徒の国籍は、ヨーロッパが最も多く、次にアジア、南アメリカといった割合です。
学校の雰囲気はとてもフレンドリー!
無料のアクティビティもたくさんあるので友達も作りやすい環境でした。

英語のスキルは変わりましたか??

クラスメイト

英語の勉強は高校卒業以来していませんでしたし、学生時代から英語は苦手だったので、語学学校へ留学する前は中学1年生レベルのスキルしかありませんでした。
ですが、語学学校を卒業後は簡単な日常会話を話したり聞き取れたりできるようになりました。
ただ、英語のドラマなどを見てもっと耳を英語に慣れさせておいたら、成長のスピードも違ったかなと思います。

ちなみに、海外ドラマを見て耳を慣れさせること(私はFirendsを今も観ています)以外に、YouTubeの『バイリンガール英会話』というチャンネルを見るのも、実用的な英語を学べるのでかなりオススメです!

ライフスタイル(タイムスケジュール、仕事、休日)

タイムスケジュール

出勤が朝早い場合、午前中には仕事が終わるため、午後は友達とビーチに行ったり、買物をしたり、料理やホームパーティをしたり好きなことに時間を使えました。
休日はサーフィンをしたりカフェでゆっくりしたりドライブしたりとても充実していました。

オーストラリアの時給は高いので、週に4日以上働けば生活していくことは充分可能です。
特にバイロンベイではクリーナーの仕事の時給が高かったです!
仕事とプライベートのバランスがよいこの働き方がとても気に入っていました。

日本では同じ働き方をしようとしても、時給が低いので生活ができませんし、正社員での雇用は労働時間が7~8時間と時間を作ることが難しいので、日本ではできないライフスタイルでした。

仕事はどのような経験をされましたか?

ベビーシッター

語学学校を卒業する前に仕事探しをはじめ、友人の紹介でマッサージセラピスト、ベビーシッター、クリーナーなどの仕事を経験しました。
バイロンベイは働き口が少ないと聞いていたので、学校を卒業後はゴールドコーストなど別の場所に移ろうと思っていました。
ですが、バイロンベイに住めば住むほどに魅力にハマってしまい...
「バイロンベイで仕事を見つけて、まだここに住みたい!!」と思うようになりました。
初めは苦戦しましたが、最終的に仕事を見つけることができました。
働き口が少ない中で仕事に就くことができたのは、「とにかく何でもやってみよう!」そんな意気込みがよかったのかもしれません。

1年間バイロンに住んでみて、基本的に「選ばなければ仕事は見つかる」という印象ですが、仕事探しのオススメは9月からです!(4月~7月あたりは本当に仕事がありません!笑)
また、タイミングもとても大事で、タイミングがよければすんなり決まるし、悪ければなかなか決まらないといった感じでしょうか。

マッサージの給与は歩合制なので、お客さん1人につき1時間で平均32ドル(約2,560円)でした。

仕事 給与
マッサージ 1,300〜1,600ドル(約10.4〜12.8万円)※1ヶ月あたり
クリーナー 23ドル(約1,850円)※1時間あたり

※1ドル=約80円(2018年)で計算

自然溢れるおしゃれな町、バイロンベイ

自然溢れるおしゃれな町、バイロンベイ

バイロンベイってどんなところ?

オーストラリアのバイロンベイという都市。
日本ではよく知らない人もいると思います。

私が1年住んでみて感じた『バイロンベイ』は、とにかく自然に溢れた町で、海も星も綺麗ということ!
時期によっては雨が多いバイロンベイですが、雨が止んだ後に見える虹はとても大きくて、運がよければ『ダブルレインボー』が見られることもありました!

自然とスポーツを一緒に楽しめる

ビーチでヨガ

公園やビーチではよくヨガをしている人を見かけます。
バイロンベイにはヨガを好きな人が多く、気軽に初心者も楽しめる環境です。
私も語学学校に通っていたときは5ドルで受けられるクラスに通ったり、ビーチヨガを楽しんだりしていました。
自然の中でするヨガは最高に気持ちが良いです!!

バイロンベイビーチでサーフィン

海が綺麗で、サーフィンをする人には最高に楽しめるオーストラリア。
バイロンベイのビーチでは、イルカが見られるんです!
実際に私もサーフィンをしているときに見ることができました♡
本当に夢のような体験でした!
シーズンによってクジラや海ガメも見ることができます。

おしゃれなカフェがたくさん!

バイロンベイにあるおしゃれなカフェ

オーストラリアやニュージーランドではポピュラーな「フラットホワイト」というメニューがあります。
カフェラテと似ているのですが、カフェラテよりも「ミルクの量が少なめ」、「きめ細かく泡立てられたミルクを使用」「エスプレッソの味が強め」という違いがあるようです。
コーヒーはもともと飲まなかったんですが、「フラットホワイト」はカフェで飲めば飲むほどお気に入りになりました♡

オーガニックやエコで溢れる、環境に優しい町

オーガニックやエコで溢れる、環境に優しい町

町全体が「Eco」に対して意識が高い都市でもありました。
「マイボトル」や「エコバッグ」を常に持ち歩いている人も多く、ほとんどのカフェがマイカップ持参を推奨しています。

改めて、帰国して感じたことは日本はプラスチックで溢れているということです。
渡航前から「Eco」に関心がありましたが、オーストラリアに行き、より関心が深まりました。
小さなことでも、私にできる地球に優しいことを続けていきたいと思います!

人も、雰囲気もすべてHAPPY!!

HAPPYな人の多いバイロンベイ

バイロンベイに住んでいる人は、みんな「ナチュラル」で「フレンドリー」!
通りすがりに目が合えば気軽に「Hello-!」と挨拶をしたり、微笑んだり。
思わず笑顔になっちゃうような、Happyな町です。

ファッションはビーサンに水着、Tシャツ!
女性はナチュラルメイクやノーメイクの人が多く見られます。
決して手を抜いているわけではなく、カッコよくて綺麗でおしゃれな人が多いんです♡

今後、ワーホリをする方へ

ワーキングホリデーを終えて

私はこの留学生活で、日本よりも時間に余裕がある生活ができたことで、何も考えずに自然の中でぼーっとする時間が日常に必要だなーと思いました。
忙しい毎日を送っているとついつい忘れがちですが、少しでもただただリラックスして壮大な自然とつながる。
それだけでさまざまなストレスはどこかに飛んでいく気がしますし、自分の悩みなんて何てちっぽけなんだろう…と思えます。

でもこれは時間に余裕がないとなかなかできないことだと思うのです。
時間がある豊かさは、心の豊かさとも繋がっている気がします。
この留学生活が、改めてその大切さを私に教えてくれました。

海を見ながらボーッとできる環境

メッセージを一言お願いします!

私は留学の経験を通して、国を問わずたくさんの出逢いによって視野が広がり、これから行ってみたいところややってみたいことなど、数えきれないくらいのワクワクやときめきを得ることができました。

現在「ナチュラルに旅しながら暮らす」理想のライフスタイルや旅日記、普段の気づきや発見をLINE@で配信しています。
旅や自然好きの人、同じような夢を持った方などと繋がれたら嬉しいです。
興味を持っていただけたり、共感していただけたら、ぜひLINE@へのご登録をお願いいたします^^

千尋さん

感想や質問もLINE@ からお待ちしております^^

私は留学へ行き、仕事も家探しも「全てタイミング」だと思いました。
絶対こうすると決めて行くのもよいですが、あまり決めすぎてしまうとせっかくのチャンスを逃してしまうこともあります。
まずはたくさんの出逢いを大切に何でも挑戦してみることをおすすめします!
また、何をするにも年齢は関係ないと思います!
自分の気持ちに正直に本当にやりたいことを思いっきり楽しんでください!

千尋さんのようなワーホリに憧れる方にはこちらがオススメ!

千尋さんの渡航時の年齢は31歳で、まさに『ギリホリ』。
ワーホリへ行く勇気がでない同年齢の女性は数多くいるのではないでしょうか?

ですが、チャレンジして一歩踏み出すことで、明確なビジョンを見つけることができた千尋さんに勇気をもらえた方はたくさんいると思います!
千尋さんのようなワーホリライフに憧れた方は、ぜひワーホリについて情報収集してみてくださいね♪

ワーキングホリデーについて詳しく知りたい方はこちら

ワーキングホリデーは、長期間の海外生活になるため保険や仕事準備することや知っておくべき情報はたくさんあります!
エージェントのサポートが付いたお得なプログラムもあるので、ぜひ詳細を見てみてくださいね。

留学、ワーホリのために情報収集は資料請求がオススメ!

留学くらべーるでは資料請求が何部でも無料!

留学くらべーるでは、数多くの留学エージェントをご用意しています!
資料には費用の詳細、実際の学校の授業や写真なども載っています。
一度に、いくつでも資料のお取り寄せができます。 さまざまなプログラム&エージェントを並べて比較検討できるので、なるべく費用を抑えたい、英語ができなくても大丈夫なプランが知りたい、より充実した留学生活を送りたいといった方も、希望の留学スタイルを叶えられるはずです♪
資料請求は無料なので、ぜひ一度気になるプログラムがないかチェックしてみてくださいね!