利用者 59 万人突破!

(2022年10月3日更新)

閉じる

【体験談】英語力をアップするには?オーストラリア・ワーホリのオススメ情報をご紹介します♪

2018.08.24

留学くらべーる編集部

【体験談】英語力をアップするには?オーストラリア・ワーホリのオススメ情報をご紹介します♪
\ 留学のパンフがまとめて届く /パンフレットを見てみたい!
FreeBook

何部もらっても無料!
パンフレットには留学プランや、留学エージェントの問い合わせ先が載っているので、気軽に質問すれば、留学実現がぐっと近づきます!

プロフィール

項目 概要
名前 LOVE AUSSIEさん
渡航した年月 2005年1月
渡航期間 1年以上
渡航先の国/都市 オーストラリア/クイーンズランド
渡航時の年齢 26歳

目指せシェアハウス生活!オーストラリアでの家の探し方

シェアメイト募集を探す

シェアメイトの募集方法は、人づて、新聞の後ろのページの募集欄、SNS、張り紙、クラシファイド…といろいろあります。

大体は家賃と、場所と電話番号のみの記載が多いです。
気になればその番号に電話をして、お部屋を見せてもらいに行きます。

ただ、募集は誰でもできるのです!
どんな人がいるかも分からないので、女性でしたら必ず誰かに付き添ってもらいましょう。

もし気に入らないのであれば、断ってもまったく問題ありません!
せっかく見せてもらったのに…なんて悪く思わなくても大丈夫なので、いろいろな家を見て回りましょう♪

シェアハウスを見つける裏技?

バスを使っていろいろなところに行って周辺を歩き回ると、小さいショップ、オーガニックショップ、カフェ、スーパーの掲示板などにシェア募集の張り紙が張ってあります。

オージーはめんどくさがり屋が多いので、部屋が空くと近所のカフェなどの掲示板に募集を張ることがよくあるのです。
住みたい地区が決まっていれば、その周辺の掲示板めぐりをするのもいいですね♪
これは仕事探しにも言えることです。

空きができれば、ショップ内に募集のチラシを張る…なんてことがよくありますよ。

シェアハウス

良さそうなところがあったら

住み始めてしまったら質問しづらくなる…なんてこともありますよね。

入居前には、他の住民のこと、家賃の値段、ボンド(敷金のようなもの)は帰ってくるのか、光熱費は別に必要か、インターネット代はかかるか、その他レント(家賃)以外に発生する料金はあるか…など確認しておくと、トラブルを防げます。

そして、もし引っ越す場合には何日前に知らせてほしいかも聞いておくと、出ていくときに焦らなくて済みますよ♪

オーストラリアで英語を身につけるには!英語マスターへの道3ステップ

日本人とは一緒に住まない

私は、英語が目的ではありませんでしたが、帰国後の就職活動などで、ただ旅行しただけ…とはしたくありませんでした。
少しでも英語が上達するために、絶対日本人とは一緒に住まない!と心に決めていたのです。

できるだけ日本人が多い観光地の中心から離れたところで家を探す!というマイルールを定めていました。
ですが、そのルールを守ってシェアハウスを探すことが一番の難関でした。
中学レベルの単語しか分からないのに、シェアの募集を英語で探し、オーナーに電話し部屋を見せてもらうアポを取らなければいけませんから(笑)

電子辞書で例文を書き出し、それを口にする…その繰り返しだけでかなり上達したと思います!
中学英語レベルでも、頑張ればできるんです!

それでも難しかったら

英語がネイティブの現地の人のみで一緒に住むことが叶わなそうであれば、韓国人と住むのもいいかもしれません。

韓国から来ている子達もきっと同じ立場です。
友達欲しい、英語を勉強したい、海外で生活してみたい…と思っているはず!

アジア圏の人たちは、ちゃんと相手が何を言いたいのか聞いてくれます。
食べ物の好みも似ているので、一緒に料理しながら英語を使うこともできるため身につきやすいのです。
コリアン料理も上達できるかもしれませんね♪

アルバイトをするのも上達への近道!

現地の日本料理屋さんでもいいのです。
お客さんがネイティブスピーカーなら英語を使いますから!

毎回同じフレーズでも、それをマスターしてしまえばまた新しいフレーズ、そして違う言い回し…と、どんどん覚えていきます。
英語も収入も、そして友達もできるので一石三鳥です!

友達が増えれば情報も増えるので、そこからネイティブがシェアメイトを探してるなんて情報も入ってくることもあります。
何度も引越しをすることはワーホリでは普通です。

環境が変わると会話の内容も変わるので、いろいろな英語が学べますよ♪

アルバイト

オーストラリアの広大な土地を車で移動しちゃおう!

オーストラリアの交通機関

移動手段は、主にバスです。
ですが、バスは予定時間に来ないこともあり、しかも値段も安くないのです。

それ以外にも、路面電車などがあるところもありますが、やっぱりオススメは車!

サーフィンをする人ならば、車があれば、その日の一番いいところに簡単に行くことができます♪
レンタカーでも日本ほど高くないので、中古車を買う余裕がないときは友達同士でレンタカーを借りると安く済ませられることも!

車を運転する場合は、日本で国際運転免許証を発行してもらいましょう。

中古車を買う

中古車は安くて10万円くらいからあります。
安いのは「ワーホリ車」と呼ばれ、本当に古くてすぐ壊れてしまうこともあります。
そうすると、修理代のほうが高くついてしまうことも。

逆に、まだまだ走る良い車が以前の持ち主の都合など(帰国など)で、どうしても売らなくてはいけなくなり、激安になることもあります。
少しでも車に詳しい友人がいるとすごく心強いです!

ディーラーで買う場合も、30~40万円の車で20年近く前のもの、それで20万キロ以上走っている!なんてこともよくあります。

車のお手入れ

古い車に乗ることになったら、最低でもオイルとラジエターのチェックをこまめにするようにしましょう!
乗っているときは、スピードメーカーの隣にある水温計が上がっていないか気にかけるだけでも、エンジンの致命的な故障を避けられることがあります。

あとは何だかんだで、運次第です(笑)
消耗品が壊れるかもしれませんし、何もトラブルなく、買った同じ値段で売れてしまうこともあるので大切に乗りましょう♪

車のお手入れ

オーストラリアワーキングホリデーの留学プログラム

プログラムをもっと見る