留学くらべ〜る編集部 2017.08.25

【体験談】アメリカ・ワシントン州で看護助手免許の資格取得!1か月で資格が取れたワケとは?

【体験談】アメリカ・ワシントン州で看護助手免許の資格取得!1か月で資格が取れたワケとは?
項目 概要
名前 POさん
渡航した年月 2007年3月
渡航期間 現在永住権所有
渡航先の国/都市 ハワイ/ホノルル
渡航時の年齢 18歳

1か月未満で看護助手に?

日本ではありえない話かもしれません。
私が通った看護助手免許を取得するための学校は、「1か月で免許取得のための知識と技術が身につきます」という専門学校で、なんと本当に筆記試験と実技試験に合格できました!

「なぜそんな短期間で!?」と思う方がほとんどだと思いますが、秘密はその授業のスピード…。

カリキュラムはというと、普通の学校のように月曜から金曜日、朝は8時から始まり、午後3時に終わるという流れ。
ですが、1日でカバーするチャプターは3~5チャプターという脅威のスピードだったのです!

簡単な単語もひと苦労

すでに準修士号をハワイで取得していた私でしたが、医療用語となると、もうそれは未知の世界。

簡単な単語でも辞書をひいて覚えることから始まり、学校が始まって以来、毎日毎晩コーヒーと共に勉強に明け暮れました。

1週間目は教科書全部をカバーし、最終日は期末テスト(毎日復習テストから始まり、合格点をとらなければいけません)。

2週間目は実技練習と、最終日に実技テスト(筆記試験と実技テストを無事に合格しないと、実習には進めません)。

3週間目は病院で実習。

月曜から金曜まで、1日8時間です。

あとは州規定の試験に受かるのみ!

ALT

無事にその専門学校を終え、Certification (認定書)をもらえれば、あとは州規定の試験を受けて合格するだけ!

合格すると、無事に看護助手としての免許がもらえます。

免許は2年間働かない期間が連続で続くと無効になってしまうなど、更新のためのいろいろなルールがあるので、免許取得後も気が抜けません!

ですが、医療系のお仕事は募集が絶えず、いつも人を要しています。
「やりがいのある仕事を時間をかけずに始めたい」という方には、看護助手がおすすめです!

この記事を見た人はこんな記事も見ていますRelated information

img

img img