利用者 40 万人突破!

(2018年11月19日更新)

オーストラリア・ワーホリビザ最長3年間滞在可能に【ワーホリ協定国ニュース】

2018.11.07

留学くらべ〜る編集部

【2019年7月以降から実施!】オーストラリア・ワーキングホリデービザが最長3年間滞在可能へ

日本人の適用は、2019年7月から

オーストラリア政府は、2018年11月5日にワーキングホリデービザでの滞在期間を最長2年間から3年間に変更することを発表しました!
もともと、オーストラリアではセカンドワーキングホリデーの制度を実施していましたが、滞在2年目にさらに6か月間の季節労働をすることで3年目の滞在も可能となります。

この背景には、農家の人手不足を解消しようという目的があり、一部の国を対象に年齢の引き上げや、滞在期間の延長を行うことで農作業者を確保する試みです。

サードビザによる変更点

項目 変更点
対象年齢 18~30歳
最長滞在期間 1年間※条件により3年間
※2019年7月1日から
就労できる期間 同じ雇用主のもとで最長6か月間〜12か月間まで可能
※2018年11月5日から

参照:オーストラリア大使館

3年間の滞在資格する規定

①まず1年目の滞在中に、2年目のビザ申請資格を得る必要があります。
1年目の滞在が終わる前に合計3ヶ月間(88日間)指定された業種や場所で働きます。

②2年目に、指定された地域で6ヶ月間の指定業務を行います。
1年目、2年目で規定期間、農作業を行うことで3年間の滞在ビザを取得できます。

注意点としては、サードビザ申請の条件はセカンドビザ申請時と同じ内容であること。
サードビザ申請のためには、6ヶ月間の指定業務を30歳になる前に終了させる必要があります。

セカンドワーキングホリデーについてもっと詳しく

まとめ

年齢制限に関しては、カナダに続きアイルランドが35歳に引き上げとなりました。
ですが、滞在期間が1年間も延長される変更はワーホリ予定の方にとっては朗報ではないでしょうか!
「海外で働いて、遊んで暮らしたい!」と思っている方には貴重な1年間の延長ですね♪
新制度の適用は2019年7月からとなるので、また新しい情報が入り次第、随時お伝えしていきます!