利用者 42 万人突破!

(2019年9月22日更新)

【体験談】独身だからこそ挑戦できた!本場アメリカ、ハリウッドで長期ダンス留学

2019.02.27

留学くらべ〜る編集部

【体験談】独身だからこそ挑戦できた!本場アメリカ、ハリウッドで長期ダンス留学

プロフィール

項目 概要
名前 @kalen0430(Instagramアカウント名)
年齢 22歳
出身地 神奈川県川崎市
留学先 North hollywood LA(ロサンゼルス)
期間 2ヶ月間(2019年1月15日から3月15日)

日本にいた頃は、建設業の事務をしていました!
趣味はダンスとカラオケです!ダンスは小学校1年生のときにはじめて15年目になります。
ダンスをはじめた理由は歌が得意だったので、踊れるようになれば芸能人になれると思ったから!笑
大会などは特に経験はなく、趣味で続けています!

尊敬している好きなダンサーは、RIEHATA(リエハタ)さん。
強くメッセージ性の強いダンスが大好きです!
流行りのムーブもRIEさんの動画を見て学びます。
いつもポジティブで、太陽みたいにみんなをハッピーにしてくれる人間性、そして母親でもありながら、ダンサーとしてもコレオグラファー(振付師)としてもすべてを楽しみながら頑張っているところ、ファッションもカッコよくて流行りを取り入れつつ、自分のスタイルは崩さないところ。
とにかくすべてが大好きです!!

ダンスの本場、ハリウッドへダンス留学

留学のきっかけを教えてください!

独身のうちに、好きなことに好きなだけ時間を使ってみたかった。
RIEHATA(リエハタ)さんのダンスを見て、自分もどれだけできるのかやってみたかったんです。
単純に日本の雰囲気よりもアメリカのほうが好きだから、アメリカに長期で行ってみようって決めました。
外国の友達も作りたかったし、人生経験にもなればいいなって!
そんな感じで2017年5月の夜、急に渡米を決意し航空券を購入しました。

ダンスは、どこで学んでいますか?

日本では、独学でした。
じつは1年半前にヘルニアになってしまいドクターストップがかかっています。
今回の留学では、腰が使い物にならなくなってもいいという覚悟で毎日クラスを受けていますね。
ですが不思議なことに、アメリカに来て以降、痛みがほぼない状態が続いています!!

アメリカに来てからは、Millennium Dance Complex (ミレニアム・ダンス・コンプレックス)とEXPG STUDIO(イーエックスピースタジオ)とMovement LIifestyle(ムーブメントライフスタイル)のクラスに行くことが多いです!
10回券をまとめて購入すると、安く通うことができます!
どこのクラスも、1レッスン平均15ドルほどで受けることができますよ。

その中でも、Josh Williams(ジョッシュ ウィリアムズ)、King Guttah(キング グッタ)、Denzel Chisolm(デンゼル チソルム)のクラスは必ず受けています!
彼らがどこで何時にレッスンするのかチェックしてスタジオに行く感じです!

また、気分転換に友達に誘われたりしたら違う講師を受けてみることもあります。
ダンスに関してはクラスを受けることはもちろん、最近は友達とクラブに行って踊りながら新しいmove(振り付け)やカッコイイ人の動き方を真似して持ち帰っています^^

ダンスをするためにアメリカに来てよかった!ということはありましたか?

ダンスをするために来てよかったと思ったことは、ダンサーだけのシェアハウスに滞在でき、プロのダンサーや他国で活躍する講師、いろんなジャンルのダンサーと友達になれたこと!
毎日刺激的ですし、高いモチベーションをキープできて勉強になります。
一緒にダンスのクラスに行くことで、さらに仲良くなったりします!

あとは、言葉が通じなくてもダンスでみんなと一緒に楽しめること!
男女も歳も国も関係ないダンスは、本当に楽しいと毎日思っています!
家でも練習したりビデオを見せ合ったりしているとアドバイスをくれたり褒めてくれたりするのでバイブス(感情、気持ち)が常に高くいられます。

アメリカ留学の準備

資金はどれくらい貯めましたか?

10ヶ月で100万円貯めました。気合いです!笑

留学前の英語のスキルはどれくらいでしたか?

海外に行く前は「Hi!」、「Hello!」と、挨拶を交わすくらい。
聞き取りもできないし、意思も伝えられない。
テキストで勉強したことで、「Can you〜?」くらいは言えるようになりました。
LAに着いてからは2週間で外国人と1日2人きりで話せるようになりましたが、おバカ英語でカタコトです。
でも、日本で少しでもテキストなどをやってよかったです。後悔したことはありません!

アメリカで英語を話すことに対しての姿勢について教えてください

英語を話すために大切にしてることは、間違った英語を使っても、恥ずかしくないと思うこと。
誰だって最初からペラペラなわけではないので、今のうちに「笑われてもいいから話しまくって間違えまくろう」と思ってます!
若者はスラングをよく使うので、スラングをマネするのが好きです!

もし私が携帯をいじってるときに話しかけられたら、必ず携帯を一度置いて目を見て話します。
ただでさえ英語が下手なのにわかったふりをして、頷いてるのは失礼だと思うので。
わからないなりに、あなたのことを理解しよう、わかろうとしようとしていますという姿勢が相手に伝わるようにしています。
単語を聞き取って大体言ってることがわかるときは話が成り立ちますが、本当に何を言ってるかわからないときはわかったフリをせず聞き直しま す。
そうすると大体私の友達は WhatとかWho とか大事なキーワードを強調してわかりやすく言ってくれます!
伝えられないこともまだまだあるのでそんなときは単語をGoogleで調べますが 「ごめんね!言いたいことがあるけどわからなくて調べるから少し待って!」 と伝えてから携帯を持ちます。
伝わらなくてもジェスチャーや、「こんな感じの〜〜」って感じで話すとわかってくれることが多いです! あとは写真を見せたりします! どんなに伝わらなくても落ち込んだことはないです!
頑張ろうとも思わないです!
調べてでも伝わったこと、それで会話が進んだことが嬉しくて単語を覚えたりします!

行った人にしかわからない!アメリカの実情

空港での入国審査でトラブル!

アメリカへ入国する際に通訳がつきました。
こんな理由の流れだったんですが。

審査官:「2ヶ月も何をするの?」
私:「観光」
審査官:「どこに住むの?」
私:「North Hollywood」
審査官:「ダンスするの?」
私:「はい。」

最初からダンスをすることを言わなかったことに対して、何故かベラベラと怒られたのですが、早口でよくわからなかったので通訳を呼んでもらいました。
最終的には、お互いに伝えたいことを伝えてやっと入国できました。

日本にはないチップ文化のエピソード

マツエクをつけに行ったのですが、あまり気に入らず二度と来ないと思ったのでカード支払いの際に「No tip」を押したら「では現金でtipをください」と言われ、相手の圧力に負けて払ってしまいました。
「Yes / No」は、はっきり伝える、嫌なら嫌と伝えることが必要だと思いました。 なぜ気に入らないのかも伝えられたらよかったのですが、言葉が出てこなくて断念してしまった自分が悔しかったです。

英語で断れない!買い物で困ったエピソード

アメリカに着いて2日目で、ショッピングモールへ行きました。
ポップストアのような期間限定でできたお店にヘアオイルが売っていたのですが、そこで勧誘されて無理矢理買わされたことがとても悔しかったです。
きちんと断りたかったけど怖かったのと、言葉が出てこなかった。
「早く金出せ!」みたいなことを言われて「買えない!」って言ったのにせがまれてしまい、帰してくれなかったのが怖かったです。
アメリカはカード社会なので、「カードあるだろ!?」みたいなことも言われて「今日、日本に帰るからお母さんに使うな!」って言われてるって伝えたものの無理でした…

日本人が知らないアメリカの麻薬事情

たまたま行ったクラブがfree weed(※)のクラブで、小さい箱の中で100人くらいがweedを吸っていたので匂いが苦手な人だったらキツイだろうなと思いました。(クラブは基本weed臭いです!!)
勧められることも絶対ありますが、自分の身は自分で守らなきゃいけないので、断れる自信がないなら行かないほうがいいと思います。
お酒もバーで作ったものを直接貰わないと、何を入れられるかわからないので常に警戒するべきだと思います。

※weed…日本ではマリファナと言われますが、アメリカでは「葉っぱ」の意味で「weed (ウィード)」と言われます。
タバコとは違う匂いがするので、匂いで判断ができます。たとえ海外で合法であっても、自分自身が日本人であるので違法であることを忘れてはいけません。

@kalen0430 のおすすめファッションスポット!

とってもおしゃれな@kalen0430さんのおすすめのお店を教えて下さい!

Americana(アメリカーナ)とSharman Oaks(シャーマンオークス)のmacy's(メイシーズ)が入ったショッピングモールと、メルローズのフリマはよく行きます!
でもフリマの方が好きです!
いろんな商品と一期一会ですし、人とかぶらないものが買えるのがいいです!

お店はブランドが好きというより、可愛いものがありそうなお店に片っ端から入るタイプです!
クラブは1oak(ワンオーク)とavalon(アヴァロン)とpoppy(ポッピー)に行ってます!
あとはプライベートパーティーに招待されたら行きますが、小さい箱(クラブの大きさ)なので友達も増えて楽しいです!

今後、留学やワーホリをする方へ

今後、留学やワーホリに行く方にアドバイス、またはメッセージをお願いします。

海外旅行保険にしっかり入ること!
人から薬や食べ物をもらわないこと! 知らぬ間にweed入りのクッキーを食べるなんてこともあります!(学生やパーティ参加者で見かけます。)
自分の身は自分で守りましょう!
自信がなければ夜は出歩かないほうがいいです!
わりと変な人が多いので!ウハウハする気持ちはわかりますが、気を抜いていると財布や自転車を盗まれるので常に警戒することが大切です!

留学くらべーるから

さて、いかがでしたか?

彼女の芯のある発言や行動力が心に響いた方もいるのではないでしょうか。
特に、恥ずかしがらずにとことん相手の真似をして英語を話そうとする姿勢からは、彼女の持つ子供のような無邪気さが垣間見えるような気がします!
大人になると、自信のないことを恥ずかしがらず口にすることって日本語でも難しいときがありませんか?
相手へのリスペクトを欠かさない姿勢、一歩一歩前進し、小さなことも自分の成長に自然とつなげているカレンさんの素敵なアメリカ留学体験談でした!

記事で投稿している画像でわかるように、おしゃれで綺麗な体型のカレンさん!
アメリカに留学して体型を維持するってそうとう!いや、かなり!大変なんですよ!笑
実は、そんな体型維持に関しても彼女は努力し成功した経験があるんです。3月ごろまで留学中のカレンさんの体型維持の秘密や3月ごろまで続く留学の様子を知りたい方は、ぜひ彼女のInstagramを覗いてみてくださいね!

カレンさんのInstagramはこちらから→Instagram @kalen0430

留学くらべーるって、どんなことをしてくれるの?

留学くらべーる

ここで弊社についてご紹介させていただきますね!
留学くらべーるは留学する際に必要な手続きなどをお助けする「留学エージェント」と思っているほうが多いのですが…

「留学したい、海外に行きたい!留学エージェントを使いたいけど、会社数が多すぎてどこを使えばいいかわからない!」
そんな方のために、留学エージェントを比較している会社です。
最近は、旅行について調べるときに比較サイトってたくさんありますよね!そんなイメージを持っていただけるとわかりやすいかもしれません♪

留学くらべーるでは、数多くの留学エージェントから出ているおすすめの留学 / ワーホリプログラムをご紹介しています。 弊社のサイトをみれば短時間で、簡単にあなたに適したプログラムを調べることができますよ!

数多くの留学エージェント一覧

エージェントから探す

自分にあった留学プログラムを探す!

留学くらべーるでは、金額、期間、年齢、国など自分の好みの項目に絞って留学を探すことができます。 さまざまな留学エージェントが紹介するプログラムは1000以上の数!
ぜひ、自分にあった留学、ワーホリプログラムを見つけてみてくださいね★

プログラム

あなたにあったプログラムを探す

留学した国/都市

アメリカバレエ&ダンスの留学プログラム

プログラムをもっと見る

資料請求の流れ

  • Lady 01STEP1

    条件を選んで、
    パンフレット申し込み

  • Lady 02STEP2

    各社からパンフレットが届く

  • Lady 03STEP3

    留学エージェントを比較する

パンフレットもらう

留学くらべーるとは

「留学の実現に向けた、はじめの一歩のお手伝い」をコンセプトに、留学を手助けするための情報提供やパンフレットの手配(無料)を行っています。

詳細をみる
Pick up

留学お役立ちコンテンツ