フラワーアレンジメントまるわかり!人気ランキング・費用・体験談など【留学くらべ〜る】

利用者338,685人突破!(2017年12月11日更新)

カート

0

フラワーアレンジメントを検討しているなら
準備や渡航中のサポートがあるエージェントがおすすめ!

フラワーアレンジメントのイメージ画像

フラワーアレンジメント

アレンジする人によってさまざまなセンスの光るフラワーアレンジメント。
国によってアレンジのスタイルが異なるのも面白いところなので、自分にあった留学先を探してみましょう♪

\フラワーアレンジメントの無料パンフをまとめてもらえる/

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

フラワーアレンジメント留学の特徴/メリット

・スキルアップにコトバはいらない?
・日常的なコミュニケーションは語学学校で
・生花の資格が役立つかも!?

フラワーアレンジメントに必要なのは、美意識とデザインセンス!
スキルアップが主な目的なら、コトバはあまりしゃべれなくても大丈夫。
日常会話のコミュニケーションができれば大きな問題はありません!
でも、コトバがわからないと困るシーンもあるので、心配なら留学エージェントに相談してみましょう♪
事前に語学学校へ行くのもいいかも!?

★海外でも認められる生花
フラワーアレンジメントを学ぶとき、生花の師範資格を持っていると留学がスムーズになります!
一見すると違う分野に見えるかもしれませんが、海外のフラワーアレンジメントの講師が生花の資格を勉強していることもあるんです。
日本の資格ですが「花へのアプローチの仕方が分かっている」とプラスに評価されますよ♪
持っている人はぜひ活用しましょう!

★アートが盛んなアメリカへ
アメリカ・ニューヨークは世界中からいろいろな花が集まります!
最先端のデザインを勉強したいのならGoodです!

★現代フラワーデザイン発祥のイギリス
現代フラワーアレンジメントはイギリスが発祥といわれています。
伝統と気品あふれるフラワーデザインを勉強しちゃいましょう!

★斬新な発想のニュージーランド
花と葉を使ったダイナミックなフラワーアレンジメントはニュージーランド流。
自由な発想を学びたいならおススメです♪

★他とは違うヨーロピアンデザインのドイツ
装飾の美しさが自慢のドイツ。
ヨーロピアンデザインがルーツですが、他の国とは違った理論とスタイルを持っているんです!

★進んだデザインのフランス
フラワーアレンジメントの人気アーティストも生み出したフランス。
国立園芸協会もあって、進んだ教育が自慢です♪

フラワーアレンジメントで人気の国ランキング

特に、女性を中心に人気を集める留学スタイル・フラワーアレンジメント留学。
スキルはもちろん、語学も合わせて習得することで、より活躍の場が広がっていきますよ♪

フラワーアレンジメントのおすすめプログラム

フラワーアレンジメントの費用

フラワーアレンジメントの技術を身につけると同時に、留学先の語学も学ぶことができるのは魅力的ですよね!
では、フラワーアレンジメント留学にかかる費用とは、どのくらいなのでしょうか?
フラワーアレンジメント留学は短期のものが多いので、一般的な語学留学よりも費用が抑えられる場合もありますよ。

フラワーアレンジメント留学に必要な費用はどれくらい?

フラワーアレンジメントは、イギリスが発祥の地といわれています。
ここでは、英語圏の国を中心に、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、ハワイのフラワーアレンジメントの費用について見ていきましょう。

フラワーアレンジメント留学の費用目安

国名 渡航費 滞在費 生活費 コース例
アメリカ 7~15万円 3~10万円 3~10万円 3ヶ月:10~15万円
カナダ 7~20万円 4~8万円 4~6万円 6週間:40~50万円
オーストラリア 6~15万円 5~10万円 3~10万円 2ヶ月:35~45万円
ニュージーランド 8~20万円 5~8万円 2~5万円 6週間:30~35万円
イギリス 5~15万円 4~15万円 4~8万円 4週間:30~35万円
ハワイ 6~15万円 10~15万円 4~10万円 1回:6,000円

フラワーアレンジメント留学は、語学留学とセットになったものや1回限りのプチ体験などさまざまな種類から選択することができます。
プログラムのなかには通訳付きのものもありますが、現地で生活するなら語学も一緒に習得するのがオススメです♪
さまざまなプログラムをチェックして、自分にぴったりのものを見つけましょう!

※コース例以外の費用は1ヶ月あたりの目安となっています。

上記の国以外でもフラワーアレンジメント留学はできる?

上記では、英語圏を中心としたフラワーアレンジメント留学の費用の一例をご紹介しましたが、ほかにもさまざまな国でフラワーアレンジメントを学ぶことができます。その例と目安費用をご覧ください。

花の都とも名高いフランス・パリ

フラワーアレンジメントというお洒落な技術にぴったりの都市ですね。
「花留学」という言葉もあるくらい、フランスに花の勉強に飛び立つ人は多いようです。
フランス・パリでフラワーアレンジメント留学する人気のプランなら、3ヶ月約30万円6ヶ月で約50万円1年間なら約80万円です。
世界の花業界をリードするフローリスト(花屋などで花を扱う職に就いている人のこと)の協力のもと、フラワーショップでの実地研修と語学研修を組み合わせたプログラムを開催。
パリスタイルのフラワーアレンジメントをじっくり学べる充実した内容となっています。

都市名の由来は「花の女神」!イタリア・フィレンツェ

かつては文化復興運動の中心地でもあったというイタリア・フィレンツェ。
その都市名の由来は、古代ローマ時代に花の女神であるフローラの町として「フロレンティア」と名づけられていたことから。
そんな街でフラワーアレンジメントが学べるなんて、素敵ですよね♪
フィレンツェでカラフルかつダイナミックなフラワーアレンジメントを学べるコースなら、2週間40万円ほどから選択可能です。
期間もさまざまななので、自分の都合に合わせて選ぶことができます。
また、語学が心配という方には通訳付きのプログラムもあるので、自分にぴったりのものを見つけましょう!

伝統技術を重んじるドイツ

ドイツには、「マイスター制度」という制度が存在します。
伝統的な職業の後継者などを育てるなどの目的で採用されている制度で、花に関するマイスター制度(フローリスト)もあります。
そのような制度の整っているドイツでのフラワーアレンジメントの習得、憧れませんか?
ドイツのフラワーアレンジメントの一例として、観光地めぐりを含めおよそ10日間で20万円ほどというコースもあります。
観光とフラワーアレンジメントを同時に楽しみたい、という方にはぜひおすすめですよ♪

フラワーアレンジメントを学んで、生活空間に独自の感性を表現してみませんか?

いかがでしたか?

フラワーアレンジメントの特色・スタイルは、留学先の国によって本当にさまざま。
その国独自の個性があって、見ているだけでも楽しいものです。
しかし、せっかくならば、語学の勉強とともにフラワーアレンジメントの技術も学ぶことができたらいいですよね。
海外ならではの華やかなフラワーアレンジメントで、あなたの生活空間を彩り豊かなものにしてみてはいかがでしょう?

ここに紹介したのはほんの一例で、フラワーアレンジメント留学にはほかにもプランがあります。
留学をしたいけれど具体的にどうすればいいかわからない…とお悩みの方は、ぜひ留学エージェントに相談してみてくださいね♪
国や期間、予算、プログラム内容など、自分に合ったスタイルのものを選んで、夢のフラワーアレンジメント留学に一歩ずつ近づいていきましょう!

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】