利用者 41 万人突破!

(2019年6月16日更新)

ネルソン留学するなら!かかる費用やメリット、基本情報など

ネルソン留学するなら!かかる費用やメリット、基本情報など

ニュージーランド南島の中でも北部に位置するネルソンは、国内で最も日照時間が長く晴れの日が多いことから「サニーネルソン」とも呼ばれています。

自然とアートに富んだ個性的な街のネルソンは、「アウトドア系アクティビティを満喫したい」「芸中を楽しみたい」という方におすすめの留学先ですよ!

パンフレットもらう

ネルソン留学のメリットと特徴

  • 温暖な気候で治安もよく、とても過ごしやすい
  • 大自然を満喫できるアクティビティが豊富
  • 創作活動が盛んなアーティストの街

「サニーネルソン」の愛称を持つネルソンは、年間を通して温暖で晴れの日が多く、過ごしやすい環境が特徴です。
自然に恵まれた街なので、アクティビティ好きな方におすすめ!

また、ネルソンは「アーティストの街」と言われるほど、市内のいたるところでアート作品を目にすることができます。
ニュージーランドで芸術にも触れてみたい、という方にとって穴場の留学先でもあるんですよ。

温暖な気候で治安もよく、とても過ごしやすい

ネルソンは年間を通じて晴れの日が多いことから、「サニーネルソン」とも呼ばれています。
国内で最も日照時間が長く、気候もおだやかで住みやすい街として知られているんですよ。

寒さや気候の変化が激しいのが苦手…という方にとって、ネルソンの環境はとてもおすすめです。

ニュージーランドは世界でも治安のよい国として有名ですが、中でもネルソンは治安が安定している地域です。
人やビルの多い大都会というよりも、自然豊かで落ち着いた雰囲気の街なので、若い女性でも安心して滞在できるでしょう。

大自然を満喫できるアクティビティが豊富

海も山もあり豊かな自然に囲まれるネルソンでは、大自然を満喫できるアクティビティが盛んに行われています。

たとえばコバルトブルーが美しい海や川では、ヨット、ボート、カヤックなどのマリンレジャーが大変人気で、山ではトレッキングやスキーなどが定番となっています。

ニュージーランドの絶景を満喫しながら楽しめるため、休日にはリフレッシュも兼ねてアクティビティ三昧!という方も少なくありません。
語学だけではなく、その国ならではのことを体験したいならネルソンはとてもおすすめです。

ネルソンのアクティビティ

創作活動が盛んなアーティストの街

ニュージーランドで最も有名な写真家クレイグ・ポットンをはじめ、多くの芸術家や文化人に縁のあるネルソン。
街のいたるところにアートギャラリーが点在し、気軽に芸術に触れることができます。

絵画・彫刻・写真など多彩なジャンルの芸術作品を楽しめますが、実はネルソンはガラス工芸が盛んな街!
市内には個性的なガラス工房もあるので、お土産選びに足を運んでみるのもよいでしょう。

また、土曜日の朝に開催される「ネルソン・マーケット」では、ジャンル問わずいろいろなアート作品がずらりと並び、見ているだけでもワクワクすること間違いなし!
世界にひとつだけの作品との出会いが、留学中の忘れられない思い出になるかもしれませんよ。

ネルソンはアートの街

ネルソンが気になったら パンフレットもらう

ネルソン留学の費用

語学留学した場合の費用目安

期間 費用の目安
1週間 約15~18万円
1ヶ月 約30~33万円
6ヶ月 約130~134万円

※航空券(往復)・語学学校の学費・滞在費・食費込みの金額

含まれない金額
おこづかい、海外旅行保険

語学留学のモデル費用(1ヶ月)

項目 費用
合計 約37.5万円
航空券(往復) 12万円
語学学校 12.5万円 ※授業時間数:23時間/1週間
滞在費+食費(ホームステイの場合) 8万円
おこづかい 3万円
海外旅行保険 2万円

留学生の数が少ないネルソンでは、語学学校の数が少ないのが現状です。
市内に唯一ある語学学校の授業料は、1週間あたり440ドル(約3万円)で、1ヶ月に換算すると1,760ドル(約12.5万円)です。

ホームステイは滞在費と食費込みで1ヶ月8万円程度と良心的な価格なので、生活費を抑えたい方におすすめです。

また、「ネルソンポリテクニック(Nelson Marlborough Institute of Technology)」という教育機関でも英語を学ぶことはできます。
英語レベルによって受けられるコースが変わるので、詳しくは問い合わせて確認してみましょう。

ネルソンの物価

項目 費用
ペットボトルの水(1.5L) 1.91ニュージーランドドル(約137円)
マクドナルドのセット 10.0ニュージーランドドル(約715円)
最低賃金 17.70ニュージーランドドル(約1,220円)  ※2019年5月時点

参考:NUMBEO

ネルソンの物価は、オークランドやウェリントンなどの大都市より比較的安いですが、外食に関しては同等か少し高いくらいです。
軽いランチでも1食1,000円を超えるので、自炊を積極的に取り入れて食費を抑えるとよいでしょう。

ネルソンの家賃は、街の中心地部で1ベッドルーム1ヵ月あたり1,200ニュージーランドドル(約8.6万円)程度。
家賃の高騰が続く主要都市よりは抑え気味ですが、より滞在費の負担を減らしたいならホームステイやシェアハウスなどを利用しましょう。

また、ニュージーランドはワーキングホリデー制度が利用できるので、現地でお小遣いを得たい方におすすめ。
レストランスタッフやファームでの仕事などの求人が出ているようなので、気になる方はチェックしてみましょう!

ニュージーランドのワーキングホリデーについて詳しくはこちら

パンフレットもらう

ネルソンの基本情報

ニュージーランド南島北東部に位置するネルソン。
日本ではあまりなじみのない都市かもしれませんが、現地人には観光や定年後に移住したい都市として人気なんですよ。

温暖な気候に恵まれているためか、ネルソンはワインの産地としても有名です。
ピノ・ノワール、ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネといったワインが特に知られていて、ワイン好きならぜひ訪れたい土地!

海に面しているネルソンでは、海鮮料理をはじめとするグルメも堪能できるので、極上のワインと料理に舌鼓…という楽しみ方も素敵ですね。

また、ネルソンは京都府宮津市と姉妹都市の提携を結んでいて、ネルソン市内には日本庭園や日本食レストランもあります。
遠い海外の地で日本が恋しくなったときは、日本に縁のある場所を訪れてみてはいかがでしょうか。

項目 詳細
都市名 ネルソン/Nelson
ニュージーランド/New Zealand
地域 ネルソン地方/Nelson Region
公用語 英語、マオリ語
面積 445 km²
人口 約51,900人  ※2018年6月時点。ニュージーランド統計局より
通貨 ニュージーランド・ドル(NZ$)
日本からのアクセス 成田空港からオークランド空港を経由して約15時間20分
日本との時差 +3時間 ※サマータイム時は+4時間

ネルソンの日本人比率は?

少ない

外務省の2014年のデータによると、ネルソン地域に在留する日本人はおよそ180人。
1万人近くの日本人がいるオークランドと比べたら、比率としては圧倒的に少ないですね。

日本人に限らず留学生自体が比較的少ないので、語学学校で日本人学生に会う確率も低いでしょう。

集中的に英語を学びたい方にとってはまさに理想の環境!
日本語をシャットアウトした日々を送ることで、スムーズに英語が上達するはずですよ。

ネルソンの治安について

良好だが注意も必要

元々、ニュージーランドは世界的にも治安がよい国ですが、ネルソンはとくに貧困層が少ないことから治安が安定している地域と言われています。

ですが、ニュージーランド全体としては、飲酒にからむ傷害事件、置き引きや車上荒らし、空き巣などの窃盗といった被害が多いため、防犯意識はきちんと持っておきましょう。

ネルソンはナイトクラブなどの店が少ない地域ではありますが、適度な飲酒を心がけトラブルにならないよう気をつけてください。

また、街の中心地やマーケットなどの人混みの中では、貴重品はきちんとしまう、カバンを手放さないといった基本的な注意が必要です。

ネルソンの気候

ネルソンの気温

晴天が多く、日照時間が国内で最も長い地域であることから「サニーネルソン」とも呼ばれるネルソン。

最も暑いときでも最高気温が25度を超えることは滅多になく、また最低気温も5度程度なので、暑すぎず寒すぎない気候で快適にすごすことができますよ。

ネルソンは梅雨にあたる季節がなく、1ヶ月あたりの降雨量も100ミリを超えることは珍しいくらいです。
雨対策は折りたたみ傘があれば十分でしょう。

ネルソン留学のよくある質問

ネルソン留学はどんな人におすすめ?

芸術が好きな方、アウトドア系アクティビティを思う存分満喫したい方、集中して英会話を学びたいという方に向いています。アートと自然が充実しているネルソンでは、ギャラリーを巡って芸術作品に触れたり、大自然の中でマリンスポーツやハイキング、サイクリングを楽しんだり…といった過ごし方ができます。また、ネルソンは比較的留学生が少ない地域で、その分学校では先生の手行き届きやすい環境が整っています。集中して語学を学びたい方にもおすすめですよ。

ネルソンで仕事は見つかる?

ワーキングホリデービザや学生ビザでアルバイトができるニュージーランド。中には「現地で生活費を稼ぎたい」という方もいるかもしれません。ネルソンではレストランのスタッフやファームでの作業などの求人が見られますが、オークランドなどの都市部と比べると数は少なめです。「英語も勉強したいしアルバイトもたくさんしてみたい」という方は、都市部でワーキングホリデーというスタイルもおすすめですよ。

パンフレットもらう

ニュージーランドの都市を見る

パンフレットもらう