ファームステイファームステイFarmStay

大自然を体感★ファームステイで農家の生活を味わおう!

海外の農家のスケールはとっても壮大!
そんな大自然の中で、実際に農家の体験ができるのがファームステイです。
ファーム生活を送りながら、語学の研修を受けることもできます。
のんびりとした環境の中で、農業と語学の両方を学んでみませんか?

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

ファームステイのメリット/特徴

田舎暮らしを体験しながら語学を習得!

・ファーム体験しながらゆったり語学を学べる
・雄大な大自然の中で、新しい体験ができる
・アットホームなファームの家族とのふれあい

ファームステイの魅力は何といっても大自然のなかで過ごせること。
日本での生活とは違い、時間に追われることもなく、ゆったりと過ごしながら語学を習得することができます。

またファームならではのよいポイントは、「田舎暮らし体験」。
動物の世話をしてみたり、野菜を収穫するなど、普段味わえないような体験もできます。
もちろん必ずファーム体験をしなくてはならないわけではないので、「今日はちょっと…」という時は事前に申し出ればOKです。

★ファームならではの雰囲気と食事!
ファームステイの場合、実際にファームを営んでいる家に滞在するので、観光で短時間であちらこちらを回るのとは違い、より密着して異文化に触れることができます。
またファームでのアットホームな雰囲気とともに、その土地の家庭料理を味わえることも魅力のひとつ。
ファームで取れた新鮮な材料を使った、ファームのお母さん手作りのメニューが味わえます。

ファームステイが人気の理由

★本物のファーム体験ができる!
実際に農場を営んでいるところやファームがあるご家庭に滞在するので、動物の世話や農作物の収穫など、本物のファーム体験ができます。

★動物とのふれあいが持てる!
滞在するファームによって、ふれあえる動物は異なりますが、そのファームで暮らしている動物とたっぷり接することができます。

★ゆったり時間が流れる異文化体験!
日本での日常生活では考えられないような時間の過ごし方ができ、また異文化に触れながら多くのことを学べます。

ファームステイで日頃のストレスも解消!

ファームステイの魅力はなんといっても、壮大なスケールの大自然の中で生活できるところ。

日本では仕事に、学校にと、忙しい毎日に追われている方がとっても多いですよね。
そんな毎日が嘘のように、ゆったりとした時間を送ることができるのがファームステイの魅力です。

滞在先での交流は現地の言葉になりますが、言語が話せなくても相手のご家族はゆっくりと対応をしてくれます。
その優しさのおかげで、焦らず語学を学ぶことができるので、確実に身につけていくことができますよ♪

また、今まで農家の体験をしたことがなくても大丈夫!
ファームのご家族が言葉だけでなく、農家の仕事についても丁寧に教えてくれます。

日頃のストレスを解消しながら、語学を学べるファームステイ。
忙しい毎日を送る人に、とってもおすすめです!

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】
留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】

*゚*。*゚*高校生や社会人でも可能なファームステイについて*゚*。*゚* ファームステイは、どんな人でも体験することが可能です。日本の高校生なら、中学英語程度の会話が可能な方が多いので、夏休みなどの長期休暇を利用するのもおすすめです。成長期にインターナショナルな環境で、大自然や動物に触れ合えることは、将来とても有意義なものになります。また、社会人の方でも1週間からアレンジできるファームステイがあります。ホリデー型のプログラムなら、農場のお手伝いをするのも自由なので、好きなことだけを満喫でき、リフレッシュできるでしょう。動物もみな人間に馴れているので、そういった触れ合いや現地の方とも温かい交流も、日本に戻ってからの活力になるに違いありません。

タイプ別ファームステイプログラム

ファームステイに興味がある、挑戦したいという方に、ファームステイのプログラムをご紹介します。
おすすめのプログラムをピックアップしているので、ぜひ参考にしてみてください。

エージェントを通すことでその国や土地の情報などについても詳しく知ることができます。
しっかりと調べた上でファームステイに行けば、より楽しいファーム生活を送ることができます。
せっかく行くなら語学も学べてのんびり楽しいファームステイをしたいですよね!
ぜひ一度留学エージェントのパンフレットを取り寄せてみてくださいね♪

短期間でプチ留学!1週間のファームステイ

1週間からファームステイを受け入れている農家もあります。忙しい方でも参加しやすいプログラムなので、気軽に体験してみてはいかがでしょう。

語学レッスンも受けられる☆アイルランドファームステイ

アイルランド/ダブリン、/語学留学/短期留学/ファームステイ/

  • 1週間からOK
  • 人と違うことがしたい
  • 異文化にふれたい
  • 1週間

ゴールドコーストで大自然を満喫できるファームステイ!

オーストラリア/ゴールドコースト/短期留学/長期留学/ファームステイ/

  • 人と違うことがしたい
  • 異文化にふれたい
  • 1週間
  • 2週間
  • 1ヵ月

【ニュージーランド】ファームステイしながら英語学習!

ニュージーランド/オークランド/語学留学/短期留学/ファームステイ/

  • 夏休みに行ける
  • 1週間からOK
  • 初めての留学歓迎
  • 異文化にふれたい
  • 現地日本人スタッフ有
  • 1週間

春休み・夏休み・転職の合間に!1ヵ月のファームステイ

1ヶ月から3ヶ月の期間でファームステイしながら語学も学べるようサポートをしています。短期間でもしっかりファームステイのノウハウを身につけたいという方はぜひ参考にしてみてください。

★ニュージーランドで語学留学+のんびりファームステイ1週間!

ニュージーランド/オークランド/語学留学/ファームステイ/ホームステイ/

  • 2週間
  • 1ヵ月

ゴールドコーストで大自然を満喫できるファームステイ!

オーストラリア/ゴールドコースト/短期留学/長期留学/ファームステイ/

  • 1週間
  • 2週間
  • 1ヵ月
  • 人と違うことがしたい
  • 異文化にふれたい

ファームステイの費用

ファームステイとは、農場主の自宅にホームステイしながら、農場で家畜の世話や農作物の収穫作業などを手伝うプログラムです。 一般的にファームステイは、以下の2種類があります。

・労働力を提供する代わりに滞在費や食費を無料にしてもらえるもの(エクスチェンジ型)
・お客さんとして農場での生活体験をさせてもらう代わりにホームステイ代金を支払うもの(ホリデー型)

ここでは、ファームステイで必要な費用についてお伝えしています。 ファームステイを考えている方はぜひ参考にしてください。

ファームステイにかかる費用はどのくらい?

ファームステイとは、自然いっぱいの海外の農場で、農家の暮らしを体験できるというものです。
ニュージーランドを一例にすると、ホリデー型プログラムは1週間で20万円以上かかりますが、エクスチェンジ型プログラムはそれよりも安く、数ヶ月~1年間の滞在で50万円くらいです。
有給であれば貯金することも可能でしょう。
費用には滞在先の手配、現地での滞在費、24時間の緊急対応などが含まれていますが、行く国や会社によって大きく変わってきますので注意が必要です。

ファームステイの1ヶ月に必要な費用の目安

国名 渡航費 学費 おすすめポイント
アメリカ 7~15万円 5~30万円 ファーム先によって費用が大きく異なる
カナダ 7~20万円 8~12万円 ファームの種類が豊富。ワーホリビザであれば有給も可能
オーストラリア 6~15万円 10~15万円 指定されたファームで働けばセカンドワーホリビザが取得できる
ニュージーランド 8~20万円 8~16万円 プログラムが多く、希望のプランを探しやすい
イギリス 5~15万円 7~22万円 実はWWOOF発祥国!語学留学と並行したプランも人気
ハワイ 6~15万円 7~16万円 ステイは時間がなくて…という方にはツアーもおすすめ

上記の表は渡航費や語学学校の学費(1ヶ月分)の目安です。
渡航費別のプログラムを利用する方は、プログラム費+渡航費だとお考えください。

ファームステイは留学費用があまりかからないこともあり、農業などの体験型留学に興味のある人にとって人気のスタイル!
1日中、農場や牧場のお手伝いをするのもとてもやりがいがあり魅力的ですが、プランによっては並行して語学学校に通うこともできるんですよ♪

ファームステイは人によって過ごし方がさまざまですが、食費と滞在費がもともとプラン内に含まれていることがほとんどです。 また、ファームによってはお給料がもらえる場合もあります。

ファームステイ人気国の費用を比較してみよう!

エージェントを通してファームステイをする人も多くいると思います。

体験型のファームステイをエージェントを手配した場合、どれくらいの費用がかかるのか国別に比べてみましょう。
ファームステイに必要な費用はおもに往復航空チケット代、海外旅行保険料、空港からファームまでの往復送迎費などがあります。

おおまかな目安として、ニュージーランドでは1週間~4週間の滞在で10~25万円、イギリスでは、1週間~3週間で30~60万円が相場です。
食事付の滞在費だけなら、1週間で約10万円ほどと見積もっておくといいでしょう。

短期滞在の費用をご紹介しましたが、ファームステイの場合、他の滞在方法と違って滞在費を抑えることができます。
ワーホリビザなどの就労が許可されているビザであれば、労働の対価にお給料をもらったり長期間滞在することもできますよ♪

費用を抑えたい方はWWOOF(ウーフ)を利用するのもオススメ!

ファームステイにはボランティア型の労働スタイルもあります。
WWOOFという団体を利用すれば、リーズナブルにファームステイをすることができます

WWOOFとは、金銭のやり取りなしで、「食事・宿泊場所」と「労働力」そして「知識・経験」を交換するシステムです。
労働力を提供することで、ホスト先での宿泊費や食費はかからず、日本から現地までの往復交通費、海外旅行保険料などだけが自己負担になります。

WWOOFは、受入れ先も手伝う側も登録制です。 登録には費用がかかり、国によって異なります。
できる限り費用を抑えて海外で農場生活をしてみたいという方に特におすすめです。

自分で手配するときにはステイ先が安全かどうかしっかり見極めましょう!

ホスト先を個人手配する場合には、注意すべきことがあります。
それは、ファームステイ先が信頼できるかどうかです!
メールだけでなく、電話やスカイプなどを利用して直接連絡をとり、 相手がどのようなステイ先なのかしっかり判断する必要があります。

特に、契約を急がされる場合は、要注意!
契約してしまった後でも、やり取りの中で不審点があれば、契約を解除する勇気も持つことも大切です。
トラブルに巻き込まれることなく、有意義なファームステイ生活を送りましょう♪

WWOOF(ウーフ)についてもっと詳しく

ファームステイで支払われるお給料について

ホリデー型の体験目的のファームステイであれば、もちろんこちらが費用を支払わなければなりません。
ですが、ワーホリビザのような就労可能なビザであれば、労働の対価としてお給料をもらえることもあります。
給料が支払われる場合は、「果実1キロあたりの収穫に対していくら」などの歩合制が多く、日払いや週払いでもらえます

ただし、WWOOFを利用してのファームステイだと、食事や宿泊場所に関する費用を支払わないかわりに労働を提供するという形になるため、給料は発生しません。

有給か無給かはそのファームによってさまざまなので、詳しくは各ファームか利用するエージェントに問い合わせてみてくださいね!

ファームステイに関するよくある質問

ファームステイに関するよくある質問をまとめました。
ファームステイの仕事内容や注意点など、あなたの疑問にお答えします。
楽しいファーム生活を送るためにも、不安や問題は解決しておきましょう!

ファームステイの仕事内容は何があるの?

ファームステイの種類には、植物系と動物系の2つがありますが、具体的にはどういった仕事をするのでしょうか?

【植物系ファーム】
・ファーム見学
・農作業手伝い(野菜、果物の栽培および収穫、納品作業)
・植林
・ジュースやジャム作り
・ワイナリー見学
・その他の工場見学
・ファームの修繕、拡張

【動物系ファーム】
・羊や子牛、鳥たちへの餌やりや触れ合いなど
・牛の搾乳
・羊の毛刈り
・牧草刈り
・馬の世話、乗馬や餌やり体験
・近郊の森林や海辺で特有の動植物の観察

家畜を飼っている大規模農場や果樹農園では、季節によって労働力を求めています。

ファームステイは地方の大きな農場や果樹園でのお手伝いですから、農業や牧畜が盛んな国で人気があります。
特に人気のあるオーストラリアやニュージーランドには大規模な農場がたくさんあるので、田舎特有のおおらかで温かい人々に囲まれながら、日本では経験できない貴重な時間を過ごすことができるでしょう♪ ≫ファームステイの仕事内容についてもっと詳しく

ファームステイに必要なビザって何?

出身国や渡航歴などが記され身分証明となるのがパスポートですが、海外で生活するための入国許可証としてビザを取得します。
滞在する国や期間、目的によってビザが必要かどうかが異なるため、まずは渡航先の情報をチェックしましょう。

例えばアメリカは90日以内であればビザが不要ですが、「電子渡航認証システム(ESTA)」に申請しなければなりません。
また、オーストラリアも同様に滞在期間が90日以内であれば観光ビザになりますが、「ETA」という電子渡航許可タイプのビザを取得することになります。オーストラリアで期間を長く滞在したいのであれば、学生ビザやワーキングホリデービザといった選択肢もあります。

≫ファームステイのビザについてもっと詳しく

ファームステイで語学力はどれくらい必要?

仕事としてファームステイに臨むのか、体験としてファームステイに行くのかによって必要な語学力は変わります。
どちらにしても日常会話レベルの語学力があると安心ですが、仕事の場合は細かい指示に対応できるように、その分野に関わる単語を知っておくと良いでしょう。

もちろん分からない単語や仕事があるときには教えてもらえますが、何が分からないのかを伝えられるようにしておかなければなりません。
自分の意志表示ができるように、中学英語を学習しなおしておくようにすると良いですね。 ≫ファームステイで必要な語学力についてもっと詳しく

ファームステイで注意すべき点は?

ファームステイで労働を前提として滞在する場合は、ワーキングホリデービザのように就労許可のあるビザが必要です。
就労許可のないビザで収入を得ると、重大な違反になるため、ビザの条件などをしっかり確認しておきましょう!
労働前提のファームでは、朝5時から仕事が始まることもあります。
労働時間はファームによって異なるので、自分の体力を考慮してファームを選ぶと良いですね!

また、喫煙、病気、アレルギーの有無などは必ず事前に伝えましょう。
国によっては、農家のほとんどで喫煙不可というケースもあります。
動物ともふれあう機会が増えるので、アレルギーがあるかどうかを事前に確認しておくと安心です。 ≫ファームステイで注意することについてもっと詳しく

ファームステイに向いている人ってどんな人?

ゆっくり休みたいという方、癒されたいという方はぜひホリデー型のファームステイを体験してください。海外の大自然は日本と違った良さがあり、日常から開放され気持ちがリラックスできます。
また、できるだけ費用を抑えて滞在したいという方は、WWOOFのような制度を利用しても良いでしょう。

ファーム周辺にはコンビニエンスストアやショッピングモールがほとんどないところもあるので、自分自身で時間を上手に活用できる人にもおすすめです。

また、動物が好きな方や海外の農業などのやり方を勉強をしたい方にもぴったり!
滞在先によっては、日本でも身近な輸入食材がどう作られているのかを間近で学ぶことができますよ。 ≫ファームステイに向いている人についてもっと詳しく

自然と触れ合いながら語学も学べるファームステイ

いかがでしたか?

ファームステイは時間に追われる日本人にとって、とても魅力的なプログラムです。
仕事や学校に通いながらでは、なかなかゆっくりとした時間を過ごすことはできません。
ですが、、ファームステイをしている間は忙しさや時間を忘れ、大自然を満喫しながらゆったりと語学を学ぶことができます。
滞在先のご家族とのファーム生活で現地の文化を学べるのもファームステイの魅力です。

また、労働を目的としたファームでは費用を抑えて海外での生活を経験できるので、自分の目的に合わせてファームステイの計画を立ててみてくださいね♪
ファームステイに関して、何か気になるプログラムがあれば、ぜひパンフレットを取り寄せてください。
夢の海外生活に、一歩近づくことができるはずです。

留学のパンフをまとめてもらえる!資料請求する【無料】