利用者 40 万人突破!

(2019年3月21日更新)

オーストラリアのファームステイを成功させたい人必見情報が満載!

オーストラリアのファームステイを成功させたい人必見情報が満載!

日本の約21倍の面積を誇るオーストラリアは、大自然に囲まれたファーム天国!
大規模な農場に貴重な農業体験など、オーストラリアのファームステイでは、日本じゃなかなかできない体験が待っていますよ♪

留学パンフレット
取りよせる

オーストラリアのファームステイの特徴

オーストラリアでは、目的ごとに以下のようなスタイルのファームステイに挑戦できます。

  • 観光型のファームステイ
  • 労働型のファームステイ
  • WWOOF

観光型はファームの仕事を体験するという意味合いが強いです。
一方、労働型やWWOOFの場合は給料をもらったり、食事や宿泊先を提供してもらったりするため、責任をもって仕事に取り組む必要があります。

また、オーストラリアにはセカンドワーキングホリデーという制度があるのも特徴です。
細かな条件はありますが、ワーホリビザで渡航して指定されたファームで3か月以上働くことで、ワーホリを1年間延長できるようになります。

オーストラリアのファームには、世界中から多くの人々が集まります。
さまざまな国の人との交流やオーストラリアの自然を肌で感じることで、きっと大きな発見があることでしょう♪

オーストラリアでファームステイができるおすすめプログラム

オーストラリアの大自然に囲まれながらファームステイをしてみたい!という方は、まずプログラムをチェックしてみましょう♪ パンフレットは無料で取り寄せることができるので、ぜひ参考にしてくださいね!

プログラムをもっと見る

オーストラリアのファームステイに必要な費用について

オーストラリアのファームステイで必要な費用の目安

期間 費用の目安
1か月 30~60万円
3か月 40~80万円
半年 50~100万円
1年間 100~130万円

オーストラリアのファームステイに必要な費用の目安は、1か月で30~60万円、1年間で100~130万円です。
ファームステイは観光型や労働型、WWOOFなど、どのスタイルを選ぶかによって費用が大きく異なってきます。

観光型の場合は短期がほとんど。
長期でファームステイをするとしたら、労働型やWWOOFを選択することが多いため、その分費用は安くなります。

オーストラリアは最低時給が18.29ドル(約1,590円)とかなり高いため、ファームの収入によっては費用を十分に賄える可能性もあります。

エージェントを利用してファームステイをする場合

ファームステイ体験をしてみたい!英語力もアップしたい!という方は、観光型のファームステイがおすすめ。

エージェントを利用してファームステイをする場合は、基本的に渡航前にかかる費用(渡航費+留学保険料+ビザ申請料)+プログラム費が必要。
オーストラリアのプログラムは1週間20万円ほどで体験することができます。

また、ファームステイ前に語学学校に通うプログラムを利用するのであれば、語学学校の学費もプログラム内に含まれることが多いです。

エージェントを利用することでファーム手配などのさまざまなサポートを受けられるので、いろんな情報を集めて自分に合ったファームステイスタイルを見つけてくださいね♪

労働型のファームステイの給料はどのくらい?

労働型のファームステイでは、労働の対価として給料が発生します。

給料システムは基本的にファームごとに決まっており、歩合制もあります。
オーストラリアでは所得税も引かれますが、相場はだいたい時給15~18ドル(約1,300~1,560円)と高めです。

ファームステイは予算を抑えてオーストラリア滞在をしたい人にぴったりですが、労働内容がかなりハードになってくるので体力と心構えの準備はしっかりしておくことをおすすめします!

違法ファームに要注意!

ファームによっては給料を手渡しで、と希望してくることがあります。

この場合は税金をごまかすために手渡しにしている可能性があるので、信頼していいファームなのか知人やネットの口コミなどでしっかり確認するようにしましょう!

オーストラリアにはファームが数多くありますが、なかにはワーホリメーカーをターゲットにした違法ファームがあるのも事実です。
最新の情報をチェックして、より良い環境で働けるように対策を練ってくださいね。

オーストラリアの農場

オーストラリアのファームステイ関するその他詳しい情報

オーストラリアのファームステイについてもっと詳しく知りたい!という方は、こちらをご覧ください。
実際の体験談を読んでみて、オーストラリアのファームステイについて、もっと理解を深めていきましょう!

オーストラリアのファームステイに必要なビザは?

オーストラリアはファームステイが盛んに行われており、ビザも数種類あります。

  • ETAS(観光)ビザ

観光型のファームステイの場合、3か月以内の滞在であれば観光ビザでの入国が可能です。

  • 学生ビザやワーキングホリデービザ

有給であれ無給であれ、「仕事」としてファームステイをするなら労働が許可されている学生ビザやワーキングホリデービザの取得が必要です。

学生ビザの場合はファームステイだけでは許可が下りないので、語学学校などに入学して学生証や在学証明書を提出しなければなりません。

セカンドワーキングホリデーについて

オーストラリアのワーキングホリデービザの特徴として、セカンドワーキングホリデー制度が挙げられます。
オーストラリア政府が指定する地域で農場などの作業を行うと、ワーキングホリデーを1年延長、もしくは2度目のワーキングホリデービザが申請できる制度です。

ファームステイではこの制度を利用している方も多いので、できるだけ長くオーストラリアに滞在したいという方は、ぜひチェックしておきましょう!

オーストラリアのワーキングホリデーについて詳しくはこちら
セカンドワーキングホリデーについて詳しくはこちら

オーストラリアでファームステイするなら知っておきたい!WWOOFとは?

WWOOF(ウーフ)はWilling Workers On Organic Farmsの略で、ファームで働く代わりに宿泊場所や食事が提供されるという制度です。

もともとはイギリス発祥の制度でしたが、オーストラリアは世界有数の受け入れ国でもあるんです♪
給与が発生しないため、セカンドワーキングホリデーの対象とはなりませんが、安い費用で海外に滞在したい方にはおすすめのファームステイスタイル!

WWOOFでは有機農場の知識などが学べますが、知識以外にも得られるものがたくさんあるはずです。
今まで知らなかったという方も、ぜひチェックしてみてくださいね!

WWOOFについて詳しくはこちら

オーストラリアのファームステイに必要な語学力はどのくらい?

観光型のファームステイの場合、英語研修などがセットになっているものもあり、あまり語学力は求められません。

ですが、WWOOFや労働型のファームステイでは、一緒に働く人たちとのコミュニケーションや給与、条件のやりとりが必要となります。
そのため、日常会話ができるくらいの英語力を身につけてからファームステイに臨むことをおすすめします。

もちろん、最初から完璧でなくても構いませんが、交流しようとする意志は大切です!
ファームステイで多くの人々と接することで、英語力もアップしていきますよ♪

オーストラリアのファームでできる仕事内容は?

観光型のファームステイ中の体験内容は、馬や羊といった家畜の世話や野菜・果物の収穫までさまざまです。

ホストファミリーと一緒に食事を作って食べたり、休暇を楽しんだりと、ファームにおける生活を通して、文化や生活習慣、英語を学ぶことができます。
動物・植物などについての理解も必然と深まり、旅行では味わえないような貴重な体験をすることができるでしょう。

また、労働型の場合も、野菜や果物の収穫や梱包、畜産物の加工などいろんな仕事がありますが、通称「ピッキング」と呼ばれる収穫作業を選ぶ人が多いです。

オーストラリアの農場で働く女性

オーストラリアでファームステイをした先輩の体験談も見てみよう♪

ファームステイって実際のところどうなんだろう?体力に自信がないけど大丈夫かな…とオーストラリアのファームステイを調べるうえで不安なことはたくさんありますよね。
留学くらべ~るにある体験談の中から、おすすめファームステイ体験談をピックアップしたので、ぜひこちらも読んでみてくださいね♪

  • 高校時代英語力ゼロだった私が、オーストラリアのワーキングホリデーで完全英語生活♪

(NONAさん / 26歳 / 2015年6月渡航 )

体験談はコチラから

  • オーストラリアでワーキングホリデー!ファームでかけがえのない経験と思い出ができました

(LOVE AUSSIEさん / 26歳 / 2005年1月渡航 )

体験談はコチラから

オーストラリアのファームステイでかけがえのない体験を!

いかがでしたか?

大自然をとことん堪能できるだけでなく、語学習得や費用面でもメリットの多いオーストラリアのファームステイ。
何もかもがビッグスケールで、目からうろこな経験になること間違いなしです!

少しでもオーストラリアのファームステイに興味のある方、ファームを体験したい!と思った方は、ぜひ資料請求をしてみてくださいね♪

留学パンフレット
取りよせる