利用者 39 万人突破!

(2019年1月24日更新)

英語力+技術が磨ける!オーストラリアで看護留学をしよう

no image

医療や福祉が発展しているオーストラリアでは、看護留学ができるプログラムが数多く揃っています。
オーストラリアなら、短期間で医療英語を学びたい、資格取得まで目指したいなど、あなたの希望を叶えるプランを立てることができますよ♪

パンフレットをまとめてもらえる!資料請求する

オーストラリアの看護留学の特徴

オーストラリアの看護留学は、種類の豊富さが特徴です。
医療現場の体験や医療英語の勉強を目的としたものだけでなく、看護師資格と実務経験のある方には、他の国よりも簡単に資格を取得できるという点も魅力のひとつです。

さらに、看護師の資格を持っていないという場合でも、現地の大学や専門学校に入学して資格を取得することもできます。

英語力を身につけて看護師としてのステップアップに繋げたり、資格を取得して海外永住を目指したりと、オーストラリアの看護留学にはさまざまなメリットがあります。
看護留学をお考えの方は、自分の希望を満たすプログラムがあるかどうか、ぜひ一度チェックしてみてくださいね!

オーストラリアで看護留学ができるおすすめプログラム

オーストラリアの看護留学に関するプログラムはこちらから! 医療英語が学べるものや、インターンシップなどの実践的な技術を取得できるものまで、いろんなプログラムがありますよ♪

プログラムをもっと見る

オーストラリアの看護留学に必要な費用について

オーストラリアの看護留学で必要な費用の目安

期間 費用の目安
1か月 20~40万円
3か月 50~100万円
半年 100~170万円
1年間 200~300万円

オーストラリアでの看護留学に必要な費用の目安は、1か月で20~40万円1年間で200~300万円です。

看護留学はオーストラリアで医療英語を学びたい、看護師の資格取得を目指したいなど、目的によって学ぶ機関が変わってくるため、まずはプランを考えてから予算を組み立てることが大切です。

また、オーストラリアは物価が高い国なので、学校以外にかかる費用は高めに見積もっておくと安心です。

資格取得を目的として大学に通う場合

日本での看護師資格や臨床経験などがあると、オーストラリアの大学に編入することができます。
その際は、通常ならば大学に3年間通わなくてはいけないところを日本での資格や経験を活かせば2年間に短縮することが可能です。

大学2年間に必要な費用としては、350~450万円ほど。
ただし、大学に編入するためには高い英語力が必要となるため、事前に語学学校に通う場合は、さらに費用を用意しておく必要があります。

オーストラリアの看護留学に必要なビザとかかる費用

オーストラリアで看護留学をするためには、基本的に学生ビザワーキングホリデービザの取得が必要です。

大学や大学院に通って資格取得を目指すのであれば学生ビザ、英語を学びながら他のことにも挑戦したいということであればワーキングホリデービザと、目的によって取得すべきビザは異なります。

また、学校に通う期間が90日以内であればETA(Electronic Travel Authority)という電子渡航認証タイプのビザでも渡航することができます。

ビザにかかる費用

ビザの種類 申請料
ETA 20ドル(約1,800円) ※オンライン申請時
学生ビザ 560ドル(約5万円)
ワーキングホリデービザ 440ドル(約3.9万円)

オーストラリアの看護留学はアルバイトできる?

ワーキングホリデービザでアルバイトができるのはもちろんですが、オーストラリアは学生ビザでも週に20時間までのアルバイトが認められています。

オーストラリアは最低時給が18.29ドル(約1,590円)と高めなので、生活費をある程度賄いながら滞在することもできるでしょう。
ですが、あくまでも学業が中心となるため、バランスを取りながらアルバイトをすることが大切です。

また、給料をもらいながら医療現場で看護助手として働くこともできます。
実際に看護や医療の現場を見てみたいという方にオススメです。

看護士

オーストラリアの看護留学関するその他詳しい情報

オーストラリアで看護師として働きたい!医療英語を学びたい!という方は、より詳しい情報をチェックしていきましょう。
いろんな情報を知ることで、留学に向けて具体的なイメージを掴むことができるかもしれません♪

オーストラリアの看護留学はどんなタイプがあるの?

看護留学先として注目を集めているオーストラリアですが、留学スタイルはさまざまなタイプに分かれます。

  • 日本でのキャリアアップを目指して医療英語を学ぶ
  • インターンシップを通して医療の知識や経験を増やす
  • 日本の資格を活かしてオーストラリアで正看護師になるために英語力を上げる
  • オーストラリアの大学に通って正看護師として登録する

インターンシップであれば資格が不要のものもありますが、オーストラリアで看護師として働くためには、オーストラリアで看護師として登録される必要があります。

オーストラリアの看護留学に必要な語学力

英語力アップを目的とした看護留学であれば、コミュニケーションを取れる程度のスキルがあれば問題ありません。

ですが、オーストラリアで正看護師を目指すとなれば、高い英語力が求められ、以下のようなスコアが必要です。

  • Academic IELTS 7.0以上
  • OET(Occupational English Test) B以上

2つの試験はスピーキング、ライティング、リスニング、リーディングの4つに分かれていますが、それぞれのセクションにおいて基準を満たさなければなりません。

また、他にもTOEFL iBTPTE Academicのスコアも認められています。

オーストラリアなら希望に合った看護留学プランが見つかる!

いかがでしたか?

オーストラリアの看護留学で得た経験は、帰国後に役立つものばかりです!
制度や勤務体系など日本とはまったく異なる現場を知ることだけでも、自分の看護の知識を再認識するきっかけにもなることでしょう。

今までと違うキャリアを身につけたい、海外からの患者さんに対応できるように医療英語を身につけておきたいなど、オーストラリアの看護留学はさまざまな目的に対応しています。
看護留学についてもっと知りたいという方は、ぜひ資料請求も試してみてくださいね♪

パンフレットをまとめてもらえる!資料請求する

オーストラリア留学情報

オーストラリア留学トップ

オーストラリア留学費用

オーストラリア留学体験談と最新情報