利用者 41 万人突破!

(2019年6月17日更新)

オーストラリア中学留学の費用、成功させたい人必見!

オーストラリア中学留学の費用、成功させたい人必見!

オーストラリアは治安の良さや留学生の受け入れなど、さまざまな点で中学留学に向いている国です。
こちらでは、オーストラリアの中学留学について情報をまとめているので、ぜひご覧ください。

パンフレットもらう

オーストラリアの中学留学の特徴

他の英語圏の国と比べて治安が良く、政府が留学生の保護に関する制度を定めているオーストラリアは、安心して中学留学できる環境が整っています。

さらに、長い間さまざまな国からの移民を受け入れているので、海外が初めてだというお子さんでも馴染みやすいでしょう。

オーストラリアの中学留学には、夏休みなどを利用した短期留学や現地の公立・私立中学、ボーディングスクール(全寮制の学校)に通うスタイルがあります。

「海外に行ってみたい」「オーストラリアの文化に触れてみたい」という方であれば、まずは短期間で気軽に参加できるサマースクールやサマーキャンプなどにチャレンジしてみましょう。

「オーストラリアの学校に進学したい」「将来は海外で働きたい」など明確な目標がある方は、公立や私立の学校や国際感覚も身につけることができるボーディングスクールへの留学がオススメです。

どのスタイルでもオーストラリアのレベルの高い教育や教育熱心な教師の指導を受けることができるので、目的や目標に合った留学スタイルを選び、有意義な中学留学を実現してくださいね♪

オーストラリアで中学留学ができるおすすめプログラム

オーストラリアで中学留学をしてみたいという方は、まずプログラムをご覧ください。
短期から長期まで、さまざまな期間に対応した留学プログラムが揃っていますよ♪

プログラムをもっと見る

オーストラリアの中学留学に必要な費用について

オーストラリアの中学留学で必要な費用の目安

期間 費用の目安
1週間 30~40万円
2週間 40~60万円
1年間 300~600万円

オーストラリアの中学留学にかかる費用は、1年間で300~600万円ほどです。
短期間だけオーストラリアの生活を体験してみたい!という場合は、1週間で30~40万円ほど必要になるでしょう。

中学生向けに人気の現地校入学プログラムは、早めの申し込みが肝心です。
シドニーやメルボルン・ブリスベンなどにある人気の学校は、すぐに定員に達してしまうこともあります。

中学で留学を検討している方は、各学校の情報を早めに確認し、綿密に計画を立てていきましょう。

オーストラリアの中学校の学費について

オーストラリアでは、公立・私立どちらの中学校にも留学することができます。
それぞれ学費はどのくらいなのかチェックしていきましょう。

オーストラリアの公立中学校の学費例

中学生がオーストラリアの公立中学校に留学する場合、1年間で300~400万円程度必要で、学費は州によって異なります。

例えば南オーストラリア州の公立中学校は1年間で11,200ドル(約95万円)、ビクトリア州は14,637ドル(約120万円)です。

オーストラリアの私立中学校の学費例

学校名 地域 2017年度の年間学費
セント・スティーブンズ・カレッジ ゴールドコースト 20,970ドル(約180万円)
カテドラル・スクール タウンズビル 23,150ドル(約200万円)
クレイフィールド・カレッジ ブリスベン 31,188ドル(約260万円)

オーストラリアの私立中学校の学費は、公立の1.5~2倍ほどだと言われています。
上記の表以外にも私立の中学校は多くあり、学費もさまざまです。
滞在方法は寮やホームステイから選択でき、それぞれにかかる費用も異なります。

オーストラリアのサマースクールにかかる費用について

留学先として人気の高いオーストラリアは、サマースクールなどの短期留学のプログラムも豊富です。
ホエールウォッチングやサーフィンなどのアクティビティが体験できるコースもあり、オーストラリアの自然を体感したいという方にぴったりです。

期間は1~4週間から選べ、費用は食費・滞在費込みで15~50万円ほど。
中学時代の長期休暇を何かに生かしたいという方は、ぜひチェックしてくださいね♪

オーストラリアの中学校

オーストラリアの中学留学関するその他詳しい情報

最後に、オーストラリアの中学留学についてもっと詳しい情報をお伝えします。
そもそもの教育制度やビザなど、中学留学するためにはかかせない情報ばかりなので、ぜひご覧ください。

オーストラリアの中学校の教育制度について

オーストラリアの教育制度は州によって異なります。
イギリス型の教育制度を採用しているので、日本のように6-3-3制度ではなく、Year1(1年生)~Year12(12年生)までの学年制です。

日本の中学から高校までを合わせたものをSecondary School(セカンダリースクール)と呼び、セカンダリースクールの中でも、日本の中学生に当たるYear7/8~10をJunior Secondary(ジュニアセカンダリー)と言います。

オーストラリアは4学期制が主流!

オーストラリアの学校は、タスマニアを除き、1月から始まる4学期制で進んでいきます。
各学期をTerm(ターム)と言い、Term1~2をSemester(セメスター)1、Term3~4をSemester2として区切っています。

それぞれの学期の間に2週間ほどの休暇があり、Termの開始に合わせて留学することができます。
例えば、日本で3月に1学年修了し、オーストラリアの中学校のTerm2から入学するという形があります。

オーストラリアの中学留学に必要なビザについて

オーストラリアに中学留学するためには、学生ビザ(subclass 500)を取得しなければなりません。
学生ビザの申請には550ドル(約46,000円)かかります。

ただし、学生ビザは3か月以上留学する人を対象としたものなので、サマースクールや短期留学の場合はETA(Electronic Travel Authority)と呼ばれる電子渡航許可タイプのビザを申請しておく必要があります。
申請方法は以下の2通りです。

●航空会社や旅行代理店を通じて行う(会社によって料金が異なる)
●オンラインで個人で行う(システム利用料として20ドル:約1,700円必要)

中学留学する子を持つ親を対象に、学生ガーディアンビザもある

オーストラリアの多くの州では、13歳以上の中学生であれば子どもだけで留学することが可能です。
ただし、保護者が同伴しない中学生の単身留学の場合は、現地での保証人(ガーディアン)の登録が必要となります。

もし保護者も一緒にオーストラリアに渡航するのであれば、学生ガーディアンビザ(subclass 590)を申請することができます。
学生ガーディアンビザは、18歳未満の学生ビザ申請者の親や親族がオーストラリアで保護者として滞在することを認めるビザです。
子どもだけでの留学に不安が…という方は、学生ガーディアンビザの取得も考えてみてはいかがでしょうか。

オーストラリアの中学留学で、夢への一歩を踏み出そう!

いかがでしたか?

オーストラリアの中学留学は、短期から長期まで、さまざまな方法があります。
英語力が不足しているという場合でも、留学生の受け入れを行っている中学校には英語の集中コースが学校内外にあるので、そこで勉強をスムーズに行うための知識を学ぶことができます。

オーストラリアの中学留学に少しでも興味があるという方は、ぜひパンフレットを取り寄せてみてくださいね。
中学生のオーストラリア留学は、英語の勉強になるだけでなく、将来の夢が見つかるかもしれません!

パンフレットもらう