利用者 41 万人突破!

(2019年6月17日更新)

オーストラリア親子留学の費用、成功させたい人必見!

オーストラリア親子留学の費用、成功させたい人必見!

広大な自然広がるオーストラリアは、オージーたちの気質も陽気で朗らか。犯罪率も低く治安も安定しているので、親子留学先としても人気です。
こちらのページでは、世界的にも暮らしやすい国として評価の高いオーストラリアでの親子留学について紹介していますので、ぜひこの機会にチェックしてみてください♪

パンフレットもらう

オーストラリアの親子留学の特徴

大自然の中、陽気なオージーたちが暮らすオーストラリアは、犯罪が少なく銃の所持が禁止されている他、人種差別の意識も低く、比較的滞在しやすいという特長があります。

そのため、親子留学の滞在先としても人気があり、親御さんの勉強だけでなく、お子さんの人間形成という点でも良い影響を与えるという考えから、最近では母子のみならず両親揃っての親子留学も増えています。

親子留学は一般的に、お子さんは地元の小学校やチャイルドケアセンターに通い、親御さんはその間に語学学校に通うという留学スタイルです。

英語も何も分からないお子さんを海外に連れて行くことに対して不安になる親御さんもいらっしゃるかと思いますが、子どもの吸収力はすごいもので、子ども同士で遊ぶことによって自然と英語が身につきます。単に英語力を身につけるだけではなく、英語でコミュニケーションがとれる楽しさやお友達ができたことの嬉しさなどを感じることで、精神面での成長にもつながるのです。

オーストラリアで親子留学ができるおすすめプログラム

ここでは、オーストラリアの親子留学でおすすめのプログラムをご紹介します。親御さんやお子さんの留学目的にぴったりのプログラムを見つけてみてくださいね☆

プログラムをもっと見る

オーストラリアの親子留学に必要な費用について

オーストラリアへの親子留学では、ビザ代や海外保険、スクールへの入学金・学費、滞在費などがかかります。お子さんのスクール代や送迎などがオプションとなる場合もあるので、プログラムの内容はしっかり確認しておきましょう。

ここからは、オーストラリアの親子留学で必要な費用の目安や主な費用、節約のコツなどをご紹介していきます。

オーストラリア×親子留学で必要な費用の目安

期間 費用の目安
1ヶ月 40~70万円
3ヶ月 120~210万円
半年 240~420万円
1年 300~500万円

オーストラリア×親子留学の主な費用と節約のコツ

オーストラリアは物価が高めなので、その分、親子留学の費用もかかります。ビザや海外保険、学校の入学金・学費は削ることがなかなか難しいですが、現地での生活次第では、費用を節約することができます。
ここでは、主な費用と節約のコツについて紹介します。

滞在費

滞在費は、滞在する地域や宿泊スタイルによって異なりまが、現地の家族宅にステイするホームステイや、キッチンなどが完備されたコンドミニアム、語学学校などのドーミトリー(寮)などから選択します。

短期間の親子留学の場合は、せっかくなのでホームステイやファームステイなどで、現地の生活を体験することをお勧めします。食事付きのプログラムが多く、ホームステイの場合は1ヶ月で30万円~が費用の目安となっています。

実は、ここ数年オーストラリアの都市部では記録的な不動産高で家賃は決して安いとは言えず、むしろ東京並に高いです。滞在先の地域としては、シドニーやメルボルンの都市部よりは、郊外寄りに住む方が滞在費の節約になります。

食費

オーストラリアで外食をすると、ランチ1回で1,400円は最低でも必要です。決して安くはないので、長期滞在の場合はできるだけ食費を抑えるために自炊を心がけましょう。

日本の食材も購入できますが、日本からの輸入品はとても高いので要注意。韓国系や中国系の食品店でも、「なんちゃって」な日本食材が購入できるので、親子で楽しみながら自炊してみるのもいいでしょう♪

交通費

オーストラリアは、自然環境が豊かな点が最大の魅力です。 ただの観光とは一味違った、地元の人が行く近場の公園や、ビーチ、マリンリゾートなどにぜひ出かけてみてください。バスや電車、フェリーなどの公共の交通機関を使って行けるところも多く、子連れでも気軽に観光することができますよ☆

交通費の目安は、1ヶ月1万円ほど。交通費節約のためには、1日無制限でバスや電車、フェリーが乗り放題になるMyMulti DayPass(マイマルチデイパス)などのお得なチケットや旅行会社が販売する周遊券などもチェックしましょう。

また、州によっては、留学生も学生割引が適用される場合があるので、長期留学を考える場合は滞在先に学生割引きがあるかも確認しておくと良いでしょう。

食費

オーストラリアで外食をすると、ランチ1回で1,400円は最低でも必要です。決して安くはないので、長期滞在の場合はできるだけ食費を抑えるために自炊を心がけましょう。

日本の食材も購入できますが、日本からの輸入品はとても高いので要注意。韓国系や中国系の食品店でも、「なんちゃって」な日本食材が購入できるので、親子で楽しみながら自炊してみるのもいいでしょう♪

交通費

オーストラリアは、自然環境が豊かな点が最大の魅力です。
ただの観光とは一味違った、地元の人が行く近場の公園や、ビーチ、マリンリゾートなどにぜひ出かけてみてください。バスや電車、フェリーなどの公共の交通機関を使って行けるところも多く、子連れでも気軽に観光することができますよ☆

交通費の目安は、1ヶ月1万円ほど。交通費節約のためには、1日無制限でバスや電車、フェリーが乗り放題になるMyMulti DayPass(マイマルチデイパス)などのお得なチケットや旅行会社が販売する周遊券などもチェックしましょう。

また、州によっては、留学生も学生割引が適用される場合があるので、長期留学を考える場合は滞在先に学生割引きがあるかも確認しておくと良いでしょう。

節約

オーストラリアの親子留学関するその他詳しい情報

ここからは、オーストラリアの親子留学について詳しい情報をご紹介します。親子留学前に疑問や不安を解消するチャンスですので、ぜひ参考にしてみてください!

オーストラリアの親子留学で必要なビザは?

オーストラリアの親子留学で必要なビザには、観光ビザや学生ビザ、保護者ビザが挙げられます。目的や期間、お子さんの年齢によって必要なビザが変わってくるので、間違いのないように申請を行いましょう。

基本的に、親の留学に子どもが同伴する場合は、就学条件などのビザの規定を確認した上で、学校と相談する必要があるので注意が必要です。

お子さんのみが学校に通う場合

お子さんの留学に親御さんが保護者として同伴するタイプの親子留学。お子さんがオーストラリアの学校へ通っている間、親御さんは観光やショッピングなどを楽しむことができます♪

【必要なビザ】
●期間が3ヶ月未満…親子とも観光ビザ
●期間が3ヶ月以上…お子さんが6歳以上の場合は学生ビザ、親は保護者ビザ(ガーディアンビザ)

親のみが学校に通う場合

親御さんの留学にお子さんが扶養家族として一緒に渡航するタイプの親子留学。お子さんを地域のチャイルドケアセンター(託児施設)などで預かってもらいながら、オーストラリアの学校に通います。大学や専門学校の場合、キャンパス内に託児施設を設置しているところもあるようです。

【必要なビザ】
●期間が3ヶ月未満…親子とも観光ビザ
●期間が3ヶ月以上…親のみ学生ビザ

親子で学校に通う場合

親子それぞれがオーストラリアの教育機関で学ぶタイプの親子留学。お子さんは地域の小学校などで学び、親御さんは語学学校や大学などで勉強します。

【必要なビザ】
●期間が3ヶ月未満…親子とも観光ビザ
●期間が3ヶ月以上…親が学生ビザ(お子さんは扶養家族扱い)、またはお子さんが学生ビザで親は親は保護者ビザ(ガーディアンビザ)

オーストラリアの幼児教育について知りたい!

オーストラリアの親子留学でお子さんも教育機関で学ぶとなった場合、プリスクール(3歳~)や幼稚園、・小学校・インター(5、6歳~)、中学・高校インター、サマーキャンプなどに通うことになります。お子さんの英語力によっては、語学スクールを勧められるというケースもあるそうです。

やはりそこで知っておきたいのがオーストラリアの幼児教育。どんな教育が行われているのか知ることで、安心して親子留学に臨めますよ。

保育園・幼稚園

オーストラリアの保育園や幼稚園では、施設の設備や人員の数だけではなく、教員の指導力や園児との接し方などとても細かい部分まで厳しいチェックが行われています。担当する保育士は資格を持っており、経験豊富なベテランの保育士も在籍しているので安心してお子さんを通わせることができるでしょう。

保育園や幼稚園に通っている子どもたちはオーストラリア人か移民なので、全員英語を学んで英語でコミュニケーションをとっています。異文化交流のために日本語の練習をしているところもあるようです。お子さんにとって初めての国際交流の場として、文句なしの環境でしょう。

初等教育・中等教育

オーストラリアの初等教育はイヤー1からイヤー6、日本で言う中学1年生のイヤー7からが中等教育になります。

そして、日本の高校1年生に当てはまるイヤー10(15歳)までがJunior Secondaryで、この年齢までが義務教育となっています。以降は、イヤー11・12のSenior Secondaryか、TAFE(州立専門学校)などへの進学が挙げられます。

州立と私立の学校があり、初等と中等教育に関しては各州の教育省の管轄となっています。また、州によって初等教育の範囲が違います。4学期制で学年は1月末にスタートし、12月中旬に修了します。各学期の始めであればいつでも入学が可能なので、日本の教育制度とのズレを気にすることなく留学にチャレンジできます。

オーストラリアの初等・中等教育では個性や能力が尊重されていて、将来の目的に適したカリキュラムで勉強ができるのが特徴です。留学生に対しても現地の人たちと同じように扱ってくれるのも嬉しいですね。

親はどんなところで勉強ができる?

親御さんの場合は、語学スクールや趣味のスクール(ヨガやダンス、乗馬など)、教師宅でのマンツーマンレッスン(教師宅ホームステイの場合)などに通うことができます。

オーストラリアの親子留学では、語学力やスキルアップのためにチャレンジするという方が多く、普段は語学スクールに通って、休日にはお子さんと一緒にオーストラリアのアクティビティや観光を満喫するという方がたくさんいらっしゃるようです。

親子留学中の楽しい過ごし方は?

お休みの日は、お子さんと動物園や水族館で思いっきり楽しんじゃいましょう!

オーストラリアにはコアラやカンガルー、ウォンバットなどオーストラリア特有の動物たちがたくさんいます。オーストラリアでしか味わえない感動を親子留学で感じてみてください♪

また、オーストラリアの水族館もおもしろそう。メルボルン水族館では、オーストラリア固有の魚を見ることができます。大きな水槽では巨大エイやサメが悠々と泳ぐ姿を見ることができますよ。

オーストラリアのカンガルー

オーストラリアの親子留学で、親子一緒にスキルアップ!

いかがでしたか?

オーストラリアの親子留学ではお子さんはもちろんのこと、親御さんも語学学校アクティビティに参加することで語学力やスキルを身につけることができます。語学学校にプラスして、アロマセラピーの体験をしたり、ボランティアに参加したり、オーストラリアでは色々なオプションがあるのも魅力的♪
お子さんとの貴重な体験は、一生の宝物になるはずです!

少しでも気になるプログラムやエージェントがあれば、この機会にパンフレットを取り寄せてみてください。お子さんとの夢のような時間を実現させる第一歩を踏み出しましょう!

パンフレットもらう