利用者 70 万人突破!

(2024年7月25日更新)

閉じる

中学生の留学に必要な費用
内訳やパターン別の目安を解説

No image
中学生の留学費用はいくら必要?期間・国別の費用や内訳、奨学金について

中学生の留学には、語学留学やサマースクール、親子留学などさまざまな種類があります。
そのため「どの留学スタイルにいくら費用がかかるの?」と疑問を感じている方もきっと多いことでしょう。

そこでこちらでは、中学生の留学費用の目安を国別・目的別にまとめました!
詳しい内訳やおすすめのプログラムも紹介しているので、興味がある方はぜひ参考にしてくださいね。

中学生の留学に必要な費用目安

中学生の留学に必要な費用の目安は、下記のとおりです。

留学の目的 費用
短期留学(1週間) 約6~40万円
長期留学(1年間) 約150~700万円
語学留学(1週間) 約10~40万円
サマースクール(2週間) 約15~70万円
中学留学(1年間) 約150~700万円
親子留学(1ヶ月) 約40~120万円

※滞在費+食費+授業料の費用目安

上記のとおり、中学生の留学に必要な費用は留学スタイルによってさまざまです。
また、プログラム内容によっても費用は変わり、たとえば同じ語学留学でも授業時間数やアクティビティの充実度が違うだけで数十万円の差になることもあります。

そのため留学プランを練るときは、まず「何のために留学するのか」「どんな留学生活を送りたいのか」を明確にすることが大切です。
そのうえで、いろいろな留学プログラムを比較しながら情報収集を進めていきましょう!

中学生の留学にかかる国別の費用目安

国名 1ヶ月 3ヶ月 半年 1年
アメリカ 30~70万円 70~100万円 150~300万円 200~600万円
カナダ 30~50万円 80~100万円 100~200万円 200~450万円
オーストラリア 30~60万円 80~100万円 120~200万円 200~450万円
ニュージーランド 30~50万円 70~100万円 100~150万円 200~500万円
イギリス 40~70万円 150~200万円 200~400万円 300~600万円
ハワイ 40~70万円 70~100万円 150~300万円 300~500万円

※授業料・食費・滞在費を含めた費用の目安です。

留学費用は、国や期間によっても変わってきます。
上記では留学費用が高い欧米圏を例に挙げていますが、フィリピンやフィジー、マレーシアなど物価の低い国を選べばこれより安く留学することも可能です。

ただ、留学先を決めるときは、予算はもちろん現地の治安や生活面も事前にしっかりと調べることが大切。
中学生の留学では「できるだけ安全な国へ留学させたい」という家庭も多いですが、その場合は生活費が高くてもカナダやニュージーランドなど治安のよい国を選ぶことをおすすめします。

留学費用を詳しくチェック! パンフレットを見てみたい!

中学生の留学に必要な費用の内訳

中学生の留学に必要な費用の内訳は下記のとおりです。

項目 費用の目安
渡航費 約2~20万円
諸手続き費
(ビザ・パスポートなど)
約2~10万円
学費
※1ヶ月あたり
約5~20万円
滞在費
※1ヶ月あたり
約0~15万円
食費
※1ヶ月あたり
約1~5万円
おこづかい
※1ヶ月あたり
約1~10万円
その他の費用
(交通費・通信費・留学エージェントの手数料など)
※1ヶ月あたり
約0~30万円

では、それぞれについて細かく見ていきましょう!

渡航費

往復の渡航費
2~20万円

渡航費は往復で2~20万円が目安です。

渡航シーズンによって費用は変わり、特に夏休みや年末年始は値上がりしやすい傾向にあります。
そのため留学のスケジュールが決まったら、できるだけ早く予約するのがおすすめです!

LCCやセール品など航空券を安く購入する方法はいろいろありますが、条件に合ったものが見つからないときは留学エージェントへぜひ相談してみてくださいね。

諸手続き費(ビザ・パスポート・海外保険など)

諸手続き費
2~10万円

留学するためにはビザ申請やパスポートの取得、海外保険の契約など諸手続きが必要です。

上記にかかる費用の目安は約2~10万円ですが、留学先によっては健康診断やガーディアン(留学中のサポート役)の手配などが必須となるため、必要であればその分の費用も用意しましょう。

また、ビザ申請・パスポート・海外保険の手続き費は、それぞれ下記をご確認ください。

ビザ申請の費用について

ビザ申請の費用は国や目的によって異なり、無料だったり5万円以上だったりと幅広いです。
また、目的が同じでも、留学期間が3ヶ月以内・授業時間数が少ないなど、条件次第でビザが不要になるケースもあります。

ただし、ビザ情報は国の状況などにより変わる可能性も高いため注意が必要!
最新情報を確認したうえで準備を進めることが大切なので、不明な点があれば留学エージェントなどに相談するようにしてくださいね。

留学に必要なビザについて詳しく見る

パスポートの発行手数料について

中学生の留学の場合、パスポートの発行手数料は11,000円です。

パスポートの発行手数料は11,000円(5年間有効)あるいは16,000円(10年間有効)と有効期間によって異なります。
ただし10年間有効なパスポートが申請できるのは20歳以上からなので、中学生であれば5年間のほうを申請することとなるでしょう。

海外保険にかかる費用について

海外保険にかかる費用は、1ヶ月で1~3万円1年間で15~25万円が目安です。

留学先や目的によっては留学中の保険が指定されているケースもあるので、語学学校や現地のスクールなど留学先が決まっている場合は早めに確認しておきましょう。

また、保険の手続きは留学エージェントが対応している場合もあります。
中学生が利用できる海外保険は限られてくるので、何をすべきか相談してみるのもおすすめです。

海外保険について詳しく見る

学費

1ヶ月の学費
5~20万円

中学生の留学に必要な学費の目安は、1ヶ月あたり約5~20万円です。

ただし上記は語学留学をする場合の学費で、留学する目的によって費用は変動します。
・語学留学
 1ヶ月あたり5~20万円
・サマースクール
 2週間あたり15~70万円(滞在費・食費込み)
・長期留学
 1年間あたり180~700万円(滞在費・食費込み)

サマースクールは、滞在先や食事プラン、アクティビティ内容が細かく決められていることが多く、留学費用の節約が難しいです。

そのため費用を抑えたいなら、語学留学のような授業時間数や滞在先を自由に決められる留学スタイルを選ぶことをおすすめします。

長期留学の場合は現地での生活費がトータルの留学費用に大きく影響するので、まずは興味のある国の物価を調べてみるとよいですね!

滞在費

1ヶ月の滞在費
0~15万円

中学生の留学に必要な滞在費の目安は、1ヶ月あたり約0~15万円です。

留学先によっては学費のなかに滞在費が含まれていたり、滞在費と食費がセットになっていたりするので、まずはいくつかの留学プログラムを見比べてみるのがよいでしょう。

中学生の留学では寮やホームステイを利用することが多いですが、親子留学の場合はホテルを滞在先として選べることもあります。
滞在先ごとに費用が異なるのはもちろん、学校までの距離やプライベート空間の有無なども変わってくるので、事前にしっかりと条件を確認するようにしてくださいね。

食費

1ヶ月の食費
1~5万円

中学生の留学に必要な食費の目安は、1ヶ月あたり約1~5万円です。

寮やホームステイ先で食事をする場合は、留学前に学校側へ食事代を支払っておくケースが多く、現地で食費が発生することはほとんどありません。
特にホームステイは、費用が安く済むだけでなくその国の食生活も知れるおすすめの選択肢です!

ただ、ホームステイや寮であっても、クラスメートと外食したり、観光地でグルメを味わったりすることもあります。
実際にどのくらいの出費となるかは、事前に軽く現地の外食費を調べておくのがよいでしょう。

おこづかい

1ヶ月のおこづかい
1~10万円

中学生の留学に必要なおこづかいの目安は、1ヶ月あたり約1~10万円です。

勉強だけでなく観光も思いっきり楽しみたいなら、少し多めに持参しておくくらいがちょうどよいかもしれませんね。

ただ、おこづかいは個人差が大きく、いくら準備するかは家庭によって異なります。
そのため具体的な金額を決めるときは、留学の目的を再確認してから家族でしっかりと話し合うことが大切です!

その他の費用(交通費・通信費・留学エージェントの手数料など)

その他の費用
0~30万円

そのほか、留学に必要な費用として交通費や通信費、留学エージェントに支払う費用などがあります。

中学生の留学では「いつでも親と連絡がとれるように」とWi-Fiルーターを日本でレンタルしたり現地で購入したりする方も多いですが、その場合はレンタル料や通信料を支払わなければいけません。

また、留学エージェントを利用する場合は手数料が発生します。
手数料は留学期間やサポートの充実度によって異なるので、日本国内はもちろん現地も含めていくつかのエージェントを調べてみるのがよいでしょう。

留学の費用は、目的や滞在方法、期間によって大きく変わってきます
留学費用についてより詳しく知りたい方は、留学エージェントのパンフレットなどもぜひ利用してみてくださいね!

留学費用を詳しくチェック! パンフレットを見てみたい!

パターン別!中学生の留学にかかる費用

パターン別!中学生の留学にかかる費用

次に、中学生の留学に必要な費用を下記の3パターンに分けてご紹介します。

  • 冬休みにイギリスで語学留学(1週間)に参加
  • オーストラリアでサマースクール(2週間)に参加
  • アメリカの公立校に半年間の長期留学

こちらでご紹介するのは、中学生の留学先として人気のイギリス、オーストラリア、アメリカで留学をした場合の費用目安です。
国や期間によって費用は変わりますが、興味がある留学スタイルがあればぜひ目安として参考にしてくださいね!

冬休みにイギリスで語学留学(1週間)に参加
中学生がイギリスで1週間の語学留学をした場合、学費・渡航費・滞在費・食費を合わせたトータル費用は約30~60万円です。
ただ、イギリスは世界でもトップクラスで物価が高いので、ほかの国へ留学すればもう少し費用を安く抑えられるでしょう。

中学生の語学留学はアクティビティが充実したものも多く、イギリスの場合は乗馬やゴルフができるプログラムもあります。
通常の語学留学より費用は高くなりますが、せっかくならアクティビティを通して楽しい思い出を作るのもよさそうですね!

オーストラリアでサマースクール(2週間)に参加
オーストラリアで2週間のサマースクールに参加した場合、学費・渡航費・滞在費・食費を合わせたトータルの費用は約40~70万円です。
サマースクールのプログラム費用はさまざまで、同じオーストラリアでも1週間で30万円以上するものもあれば、2週間で15万円以下のものもあります。

オーストラリアやアメリカ、カナダなどサマースクールが盛んな国では格安のプログラムが提供されることもあるので、申し込みのタイミングを逃さないようこまめに情報をチェックしましょう!

イギリスのボーディングスクールに1年間の長期留学
イギリスのボーディングスクールに1年間の長期留学をした場合、学費・滞在費・食費を合わせた費用は400~600万円が目安です。
上記のほかに渡航費(往復5~20万円)や制服代、学校生活をサポートをしてくれるガーディアンへ支払う費用などが発生します。

長期留学は英語力を確実にアップさせられる点が魅力ですが、短期留学より費用の負担が大きい点が気になりますよね。
イギリスには数多くのボーディングスクールがありますが、比較的安めの学校でも学費だけで年間約100万円はかかります。

そのため長期留学の費用を抑えたい方は、フィジーのような物価の低い国、またはニュージーランドのような公立校が多い国を選ぶのがおすすめです!

中学生の留学で奨学金制度は利用できる?

留学に使える奨学金は高校生以上が対象のものが多く、中学生の留学で利用できるものはほとんどありません。
なかには中学3年生であれば応募できる奨学金もありますが、それらはすべて高校入学後の留学または海外の高校への進学を支援するためのものとなっています。

そのため中学在学中の留学では、奨学金を使わずに留学費用をまかなう必要があるでしょう。

そこで、「費用に余裕はないけど中学生のうちに留学したい!」という方は留学ローンを活用するのも1つの方法です。

国や民間の教育ローンを利用するのも1つの方法

留学ローンを利用すれば、留学をするための資金を国や銀行から借りられます。
「なんだかローンって怖い…」と感じる方もいるかもしれませんが、日本政策金融公庫のような公的機関も融資を行っているので、気になる方はぜひ1度調べてみてください。

奨学金と違い留学ローンはいつでも申請でき学費だけでなく生活費などさまざまな用途で利用できるのがポイントです。
自己資金が足りずに中学留学を諦めかけている方は、留学ローンも選択肢の1つとして考えてみてはいかがでしょうか。

留学ローンについて詳しく見る

中学生の格安留学におすすめのプログラムまとめ

留学エージェントのパンフレットをもらおう!

留学エージェント各社のパンフレットは無料で取り寄せることができます。

留学エージェントとは?

留学エージェントとは、留学を手配する代理店です。手配だけではなく、学校選びや留学全般のアドバイス、留学中のサポートまで、留学のプロがあらゆる面でサポートしてくれます。
はじめて留学・ワーホリする方には特におすすめです。

まずは各社の資料をもらおうパンフレットを見てみたい!