利用者 47 万人突破!

(2020年9月28日更新)

ビジネス留学するには?費用やおすすめの国、準備も紹介!

2020.08.31

留学くらべーる編集部

ビジネス留学したい方へ!費用、おすすめの国、準備など
\ 留学のパンフがまとめて届く /パンフレットを見てみたい!
FreeBook

何部もらっても無料!
パンフレットには留学プランや、留学エージェントの問い合わせ先が載っているので、気軽に質問すれば、留学実現がぐっと近づきます!

将来的に海外で働きたい方は、ビジネス留学に挑戦してみるのもおすすめです!
ビジネスの場で使える英会話や海外でのビジネスマナーなど、ビジネス留学では通常の語学留学では得られないスキルを身につけられます。

こちらでは、ビジネス留学のメリットや留学後のキャリア、おすすめの留学先などをお伝えするので、興味がある方はぜひ参考にしてくださいね。

パンフレットを見てみたい!

ビジネス留学について

一口にビジネス留学と言っても、語学学校のビジネス英会話コースや大学・専門留学、インターンシップなど種類はさまざまです。

ビジネス留学は北米やヨーロッパ、アジアなど世界各地で行われており、留学先では企業で使うビジネス英語やビジネスマナーを学べます。

留学生は現役の学生よりも社会人が多く、「今後の就職・転職に向けてスキルを高めたい!」という方にはぴったりの留学スタイルだと言えるでしょう。

ビジネス留学の種類

  • 語学学校のビジネス英会話コース
  • IT留学
  • 大学・専門留学
  • インターンシップ

ビジネス留学にはさまざまな種類がありますが、将来的に海外就職を考えている方は、語学学校のビジネス英会話コースに参加するのがおすすめです!
ビジネス英会話には、日常英会話と比べて難しい単語や独特のフレーズがよく登場します。
独学では間違った用法を覚えてしまう可能性が高いので、語学学校に通いネイティブ講師の元で勉強するのが最もよい方法だと言えるでしょう。

また、就職や転職を考えるなら英語でPCスキルを学べるIT留学もおすすめです。
IT留学はフィリピンやインド、エストニアで盛んに行われているので、日本人が少ない国で少し変わった留学生活を送りたい方に向いているかもしれませんね。

そのほかにも、専門分野の知識を深めたい方は大学や専門学校へ通ったり、就労体験をしてみたい方はインターンシップへ参加したりするのも1つの方法でしょう。

ビジネス留学のメリット

  • ビジネスの場で役立つ英語力が身につく
  • 専門知識を習得できる
  • 海外での仕事を体験できる

ビジネス留学最大のメリットは、実際のビジネスの場で使う英会話力が身につくことです!
日常英会話は「意思疎通すること」が目的ですが、ビジネス英会話は「仕事をスムーズに進めること」が目的で、日常英会話よりも高い英語力が求められます。

実際のビジネスの場では、独特のフレーズを使ったり、論理的な発言をしたりしなければいけませんが、ビジネス留学では、こういった英語スキルを集中して学べるのが大きなメリットでしょう。

さらに英語力以外にも、海外のビジネスマナーを学べたり、IT留学をする場合はPCスキルを身につけられたりします。
また、インターンシップに参加する場合は、実際に海外の企業で働くことで就職後のイメージがつきやすいのも大きな収穫です。

ビジネス留学後のキャリアについて

こちらでは、ビジネス留学後のキャリアを紹介します。
「ビジネス留学の経験は、本当に就職・転職の役に立つの?」と不安に感じている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

帰国後に転職
ビジネス留学後に、留学経験を活かして日本で転職する方は多くいます。
最近では日本でも英語を使う機会が増えており、特に旅行会社やホテル、外資系企業の受付などは、英語力を発揮できる仕事として人気です。

また、留学中にITスキルやマーケティングの知識を身につけた方は、企業の技術職や営業職に挑戦してみるのもよいかもしれません。

日本で転職をする場合は、「どうして社会人留学をしたのか」を面接で聞かれる確率が高いので、自信を持って答えられるよう準備しておきましょう!

留学先で就職
なかには留学先の国を気に入って、そのまま現地で就職をする方もいます。
留学中に就職活動をする予定の方は、就職のサポートをしてくれる語学学校に通ったり、現地の転職エージェントに登録したりしておくとよいでしょう。

また、インターンシップ先の企業で顔を覚えてもらい、インターンシップ終了後にそのまま内定をもらう方法もあります。
現地企業だけでなく日系企業もインターンシップ生を募集しているので、興味がある業界には積極的に応募するのがおすすめです!

留学先以外の国で就職
ビジネス留学後のキャリアとして、留学先以外の国で就職という選択もあります。
たとえばヨーロッパの国では、イギリスで行われる転職フォーラムにフランスやドイツなどほかの国の企業がよく参加しています。
留学先とは異なる国での転職を考える場合は、こういった転職フォーラムなどに積極的に参加するとよいでしょう。

どの国で転職活動をするにしても、英会話力とビジネススキルは必須の条件なので、まずは留学中にできるだけ能力を高めておくことが大切ですよ!

ビジネス留学のおすすめプログラム

国や目的ごとにプログラムを探す

ビジネス留学に人気の国

こちらでは、ビジネス留学に人気の国を3つ紹介します。
国によってさまざまな違いがあるので、費用や学習環境などを踏まえたうえで自分に合った留学先を決めるようにしましょう!

アメリカ

アメリカには、ビジネス留学向けコースを設置した語学学校がたくさんあります。
日常英会話とビジネス英会話の両方を学べるコースや、MBAの取得を視野にいれたハイレベルなコースなど、初心者から上級者までレベル別に分けられている学校が多いのが特徴です。

1週間の短期から留学できるコースもあるので、仕事や学校と両立して留学したい方はぜひ調べてみてくださいね!

交渉上手な人が多いと言われるアメリカですが、留学中は英会話力だけでなくプレゼンやディベートのスキルを高められるのが魅力でしょう。   アメリカ留学について詳しく  

カナダ

カナダも、ビジネス留学先として人気を集める国の1つです。
カナダのビジネスマナーはアメリカとも似ているので、将来的に北米での就職を考えている方は、アメリカよりも費用の安いカナダ留学を検討してみるのもよいかもしれませんね。

カナダでビジネス留学ができるのは、主に州立大学と専門学校、民間の語学学校の3つで、そのなかでも特に州立大学は教育水準が高いことで知られています。
地域の企業と連携している大学も多いので、ただビジネス英語の知識をつけるだけでなく、カナダの企業についても詳しくなれますよ!   カナダ留学について詳しく  

オーストラリア

オーストラリアにはたくさんの外国人がワーホリで生活しており、ワーホリ期間終了後は現地で就職したいと考えている方が少なくありません。
そのためオーストラリアには、海外就職に向けた英語面接の練習に対応している語学学校が数多くあります。

もちろん英語面接だけでなく、ビジネスメールの文章表現や効果的なプレゼン方法なども学べるので、実践の場で役に立つビジネススキルも身につけられますよ!   オーストラリア留学について詳しく  

ビジネス留学の費用目安

こちらでは、ビジネス留学でかかる費用を国ごとにお伝えします。
費用は学校の種類や期間によって異なるので、これから留学費用を貯めようと考えている方はぜひ参考にしてくださいね!

ビジネス英語を学ぶ場合(1ヶ月)

アメリカ カナダ オーストラリア イギリス フィリピン
合計 32~72万円 29~57万円 26~57万円 27~67万円 22~37万円
渡航費 10~20万円 7~20万円 6~15万円 5~20万円 5~7万円
学費 16~32万円 12~21万円 12~22万円 11~24万円 11~19万円
滞在費 3~10万円 6~10万円 5~10万円 7~15万円 3~5万円
食費 3~10万円 4~6万円 3~10万円 4~8万円 3~5万円

上記は、語学学校で1ヶ月間のビジネス英語コースを受講した場合の金額です。
この5ヶ国のなかではフィリピンが最も安く、節約を心がければ約22万円で留学生活を送れます。

それ以外の4ヶ国は費用があまり変わりませんが、アメリカは留学先の学校によって学費が30万円以上かかることも。
ですが、アメリカやカナダなど北米の国はビジネス留学に特化した語学学校が多く、「費用は高くても質の高い授業を受けたい!」という方にはおすすめの国だと言えるでしょう。

大学や専門学校に通う場合(1年間)

アメリカ カナダ オーストラリア イギリス ドイツ
合計 182~760万円 277~462万円 202~525万円 277~846万円 79~349万円
渡航費 10~20万円 7~20万円 6~15万円 5~20万円 7~25万円
学費 100~500万円 150~250万円 100~270万円 140~550万円 0~120万円
滞在費 36~120万円 72~120万円 60~120万円 84~180万円 36~120万円
食費 36~120万円 48~72万円 36~120万円 48~96万円 36~84万円

大学・専門学校・私立大学では、学費が大幅に変わるので注意が必要です。
特にアメリカやイギリスなどの名門私立大学は、学費だけで年間500万円以上することがあります。

一方、ドイツは国立私立問わず全体的に学費が安く、国公立大学のなかには学費が無料のところも少なくありません。
そのほかにもドイツのフォルクスホッホシューレという市民大学にはPCや会計のスキルを学べるコースがあるので、興味がある方はぜひ調べてみてくださいね!

ビジネス留学に必要な準備

ビジネス留学を成功させるためには、出発前の入念な準備が大切です。
現地到着後に慌てることのないよう、事前にすべきことをよく確認し、余裕を持って留学準備を進めるようにしましょう!

目的を明確にしよう
留学中は、現地で友達に遊びに誘われたり、日本にはない魅力的なお店が目に入ったり、勉強を邪魔する誘惑がたくさんあります。
そのため、せっかく英語やビジネスの勉強をしにきたにもかかわらず、遊んでばかりで留学期間を終えてしまう方も少なくありません。

本来の留学の目的を見失わないためには、出発前に「何のためにビジネス留学をするのか」を明確にしておくことが大切です。
そして留学中にその目的を忘れないように、紙に書いて目に入る場所に置いておくのもおすすめですよ!

ビザが必要かどうか確認しよう
国によっては、留学前にビザを取得する必要があります。
ビザの発行には時間がかかるので、留学を決めたら早めに手続きしておくようにしましょう。

また、留学中にインターンシップをする予定の方は、学生ビザとは別のビザを取得しなければいけないケースがあります。
たとえばアメリカで有給インターンシップをする場合は、「J-1ビザ・インターンシッププログラム」の取得が必要です。

留学の期間や目的によって必要なビザは変わるので、どのビザを取得すべきかよくわからない場合は大使館・領事館に確認してみてくださいね!

英語力など必須の条件があるか必ずチェック!
留学先の学校によっては、最低限の英語力がないと入学できないケースがあります。
特に大学留学の場合は、TOEFL(トーフル)やIELTS(アイエルツ)のスコア提出が義務づけられていることが多いので、事前に応募条件をよく確認するようにしましょう。

また、インターンシップへの参加を考えている場合も、企業によっては一定レベルの英会話力を求められることがあります。
ただし、日系企業のインターンシップであれば高い英語力を求めていないことが多いので、まずはいろいろな募集を探してみるところから始めてみてくださいね!

ビジネス留学に関するよくある質問

ビジネス留学が活かせる仕事は?

ビジネス留学の経験を活かせる仕事は豊富にあります。特にツアーコンダクターやホテルスタッフなど、外国人客を相手にした仕事はビジネス留学の成果を発揮するのにぴったりでしょう。また、留学中にITスキルを身につけた方はエンジニアなどの技術職、マーケティングの知識をつけた方は営業職などでも活躍の場があります。もちろん日本での就職だけでなく、身につけたスキルを活かして海外就職をするのも1つの選択肢ですよ!

ビジネス留学におすすめの期間は?

ビジネス留学におすすめの期間は人それぞれですが、最低でも1ヶ月程度は現地に滞在したほうが英語力の向上が期待できます。1ヶ月未満のコースもありますが、その場合は英語力の向上が実感できないまま留学期間を終えてしまう可能性があるので要注意です。大学や専門学校での留学を考えている方は、数ヶ月~数年の長期留学をするのもよいでしょう。ベストな留学期間は人によって異なるので、迷ったときは留学エージェントに相談してみてくださいね!

ビジネス留学の体験談

2018.08.24

【体験談】アメリカへ語学留学!語学だけでなく会計や国際ビジネスまで学ぶことに!

2018.08.28

【体験談】アラサーで決めた、カナダのカレッジ留学…原動力は「海外で働いてみたい!」

2018.08.24

【体験談】通訳・翻訳家になりたい!イギリス・ロンドンで夢をかなえる大学院留学