利用者 39 万人突破!

(2019年1月22日更新)

カナダ留学のための基本情報

カナダへ留学するなら必見!
「知っておきたいカナダの基本情報」をご紹介します。
カナダの歴史や文化、気候や生活、留学の受け入れ体制や、留学注意点まで、留学前にチェックしておきたい情報をまとめています。

パンフレットをまとめてもらえる!資料請求する

カナダについて

項目 詳細
正式国名 カナダ(Canada)
公用語 英語、フランス語
国歌 オー・カナダ(英:O Canada / 仏:Ô Canada)
面積 9,985,000km²
人口 3,515万人(2016年)
首都 オタワ
通貨 カナダドル(C$)、セント(¢)

カナダの歴史・文化・宗教

項目 詳細
歴史的なできごと 1982年のカナダ憲法制定・イギリスから憲法改廃権を完全移管したことにより、独立を果たします。
独立以前はフランスやイギリスによる植民地支配を受けており、現在でもカナダの一部の地域ではフランス語が公用語として話されています。
文化 ・異文化に対して寛容
・標準時間帯が6つある
・(プレゼントされたものでも)返品や換金は当たり前
宗教 カナダ国民の約70%近くがキリスト教を信仰しています。
また、約25%の国民は無宗教者です。

カナダの留学体制

留学の受け入れ体制

カナダでは語学教育が進んでおり、多くの語学学校が存在します。
大きくは、私立の学校と大学付属の語学学校にわかれており、選択できるコースも豊富です。

大学の教育水準も高く、多くの大学でレベルの高い授業を受けることができます。
留学先として人気が高い分、高校や大学、語学学校などの教育機関で留学生を受け入れる環境も整っています。

進学

カナダの高校では、入学前に留学生を対象とした英語コースを設けているなど、留学生を受け入れる環境が整えられています。
また、カナダでは州ごとに教育機関が設置されているので、州によって教育体制が異なっている点が特徴です。

大学留学では、入学するにあたって一定水準の英語力が求められます。
英語力に自信がない場合は、あらかじめ語学学校やカレッジなどで英語を学んでおくようにしましょう。

インターンシップ

カナダでインターンシップを行うには、ワーキングホリデービザかCo-opビザを取得するようにしましょう。
Co-opビザの場合、カナダ政府の指定する教育機関に通うことが条件となります。

また、語学学校で英語学習+インターンシップのプログラムを用意しているところもありますが、語学学校の場合は上記のCo-opビザ取得の対象外となる点に注意しましょう。

パンフレットをまとめてもらえる!資料請求する

カナダの生活情報

カナダと日本の時差

日本とカナダとの時差は、地域によって異なります。
たとえば、日本が夜9時のとき、トロントでは同日の朝7時、バンクーバーでは同日の明け方4時になります。

カナダは面積が広いため、国内でも時差が存在します。
大きく6つのタイムゾーンに分かれているため、自分が留学する地域の時差をチェックするときは間違えないように注意してください。

また、カナダの複数の地域では、一定期間に時刻を通常より1時間早めるサマータイムの制度が導入されています。
2018年のカナダのサマータイムは、3月11日(日)から11月4日(日)までの期間です。

上記の期間に留学を予定している方は、時計の時間設定などにも気をつけておきましょう!

地域 日本との時差 サマータイム導入時
トロント -14時間 -13時間
バンクーバー -17時間 -16時間

カナダの通貨と為替レート

カナダの通貨単位にはカナダドル(C$)とセント(¢)があります。
2013年には、1セントの硬貨が廃止され、一番小さい硬貨は5セントとなっています。
1ドルは100セントに値し、5ドルからは紙幣が存在します。

カナダの通貨単位 日本円
1ドル(C$) 約83円
5セント(C¢) 約4円

※2018年3月現在

カナダの気候と地形

カナダは国土が広いため、地域によって複数の気候区分があります。
広大な自然が魅力のカナダですが、カナディアンロッキーという山脈付近では、冬の寒さが特に厳しくなります。
地域や都市によって気候はさまざまなので、留学前にはしっかり確認して服装などの準備をするようにしましょう!

エリア 気候
西海沿岸部
バンクーバーやビクトリアなど
カナダの中でも比較的温暖な気候。冬には雨の日が多くなります。
内陸部
カルガリーやサスカトゥーンなど
カナダ国内でも、冬の期間が長く寒さも非常に厳しいです。夏でも気温差が激しいこともあります。
東部
トロントやモントリオールなど
夏は他の都市と比べても暑く、冬は最高気温でも氷点下という厳しい寒さが訪れます。
大西洋沿岸部
ニューファンドランド島やプリンスエドワード島など
夏は涼しいですが、冬は豪雪に見舞われることもある、雪国らしい気候です。
北極海沿岸部
イカルイトなど
夏でも他の都市ほど気温が上がらず、冬は氷点下40度を記録することもある寒さが特徴の地帯です。

カナダの気候・気温について詳しくはこちら

カナダ(バンクーバー)の1年間の気温

カナダ(バンクーバー)の1年間の気温

カナダの服装

カナダは地域によって気候が大きく変わるため、留学するエリアの気候に適した服装をする必要があります。
たとえば、雨が多いバンクーバーなどの地域では雨対策、寒さが厳しいトロントやプリンスエドワード島では防寒対策をしっかり行いましょう。
また、カルガリーなどでは夏でも気温差があるため、体温調節ができる服を持っておくと安心です。

カナダの言語

カナダでは、英語とフランス語が主に使われています。
カナダはなまりの少ないきれいな英語を話すことでも知られているので、初めて語学留学には特におすすめの国です。

また、モントリオールなどを主要都市に含むケベック州ではフランス語を公用語としています。
語学学校でも英語とフランス語を学ぶことができるところがあるのもカナダの魅力の1つです♪

カナダの交通

国土が広いカナダは、飛行機や鉄道、バスなどの長距離を移動するための交通網が発達しています。
特に、飛行機は国内すべての州・準州に空港があるため、州間の往復にも便利!
主要都市ではバスや電車の路線も充実しており、都市によっては複数の交通機関の運賃が同一料金で乗り換えすることができる場合もあります。

カナダの日常生活

現地で生活を送る際に参考になりそうな情報を簡単にまとめてみました。

項目 詳細
チップ 税抜き総額の10~20%
電圧 110~120V、60Hz(日本は100V、50Hz ※西日本は60Hz)
プラグ Aタイプ(日本と同じ)
日本からのフライト時間 トロント約12時間/バンクーバー約9時間
飲料水 多くの都市では、水道水を飲んでも大丈夫です。ミネラルウォーターも多く販売されています。

パンフレットをまとめてもらえる!資料請求する

カナダ留学の注意事項

気をつけること

・カナダではチップの文化があります。受けたサービスへの感謝として渡す習慣が一般的です。
・公共の場での飲酒は、法律により禁止されているので注意しましょう。
・飲酒同様、公共の場での喫煙も固く禁じられています。
・カナダでは「貨幣法」によって、大量の小銭で支払いをすることが禁止されています。
・カナダでは、あいさつはマナーです。進んであいさつをするようにしましょう。
・人からもらったプレゼントであっても、返品や換金などをすることはカナダでは珍しくありません。

困ったときの連絡先

■緊急時(警察・救急車・消防)
TEL:911(カナダ国内共通)

在日カナダ大使館
住所:東京都港区赤坂 7-3-38
TEL: 03-5412-6200

在カナダ日本国大使館
住所:255 Sussex Drive, Ottawa, Ontario, K1N 9E6 CANADA
TEL:613-241-8541

在トロント総領事館
住所:Suite 3300, TD North Tower 77 King Street West Toronto, ON M5K 2A1
TEL:416-363-7038

在バンクーバー総領事館
住所:900-1177 West Hastings Street、Vancouver、BC、V6E 2K9
TEL:604-684-5868

カナダで人気の目的ランキング

留学先として断トツの人気を誇るカナダ留学。 その中でも、特に人気の目的は? ランキング形式でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

パンフレットをまとめてもらえる!資料請求する

カナダの留学プログラムを見る

留学プログラムを選ぶポイント

留学プログラムを選ぶ際に重要となるポイントは、留学プログラムに含まれる費用内訳と、留学エージェントのサポート内容です。お金だけでなく総合的な視点で自分に合ったものを探していきましょう。

留学プログラムに含まれる費用内訳を確認

プログラムによっては食費や宿泊費などが含まれているものがあります。そのほうが楽でお得♪という人もいれば、せっかくだから自分の思うように滞在したい!という人もいるでしょう。お金だけでなく、内容の面でも満足できる留学にするために、プログラムに含まれる費用内訳を確認し、具体的にイメージして選びましょう。

留学エージェントのサポート内容を確認

留学プログラムを提供している「留学のエージェント」は、留学先の手配や留学中のサポートなどを行う代理店のことです。 現地の情報に精通していたりサポートが充実していたりといろんなメリットも♪複数のエージェントを比較するのがおすすめです!

カナダの留学プログラム

プログラムをもっと見る

パンフレットをまとめてもらえる!資料請求する

カナダ留学の新着記事

no image

2019年のカナダワーキングホリデービザの応募受付が開始!【ワーホリ協定国ニュース】

2018.12.12

北アメリカ

カナダ

ワーキングホリデー

ビザ

英語圏

no image

カナダ編第13弾!Webマンガ「初海外を女ひとり旅してみたら」アレックスくんの意外性に魅了されるお話♡

2018.10.16

北アメリカ

カナダ

ワーキングホリデー

Webマンガ「初海外を女ひとり旅してみたら」

英語圏

no image

カナダ編第14弾!Webマンガ「初海外を女ひとり旅してみたら」人生初のホームシック編

2018.10.16

北アメリカ

カナダ

ワーキングホリデー

Webマンガ「初海外を女ひとり旅してみたら」

英語圏

カナダ留学の体験談

no image

【体験談】国際カップル、ワーホリで稼ぎながら、テントを担いで世界1周中!

2018.12.26

体験談

フランス

オセアニア

ヨーロッパ

オーストラリア

ニュージーランド

カナダ

ワーキングホリデー

ビザ

20代

no image

【体験談】海外に憧れるダンサー必見!ダンス留学成功の秘訣とは

2018.10.18

体験談

カナダ

語学留学

ワーキングホリデー

バレエ&ダンス

20代

長期留学

no image

【体験談】海外での仕事経験を活かす、ワーホリ後は飲食コンサルタントとして活躍中!

2018.09.06

体験談

カナダ

ワーキングホリデー

仕事・アルバイト

20代