利用者 42 万人突破!

(2019年9月22日更新)

バーミンガム留学するなら!かかる費用やメリット、基本情報など

バーミンガム留学するなら!かかる費用やメリット、基本情報など

運河が多いことから「水の都」とも呼ばれるイギリス第2の都市・バーミンガム。
産業革命で大きく発展した街でもあり、その歴史を感じさせる建造物が数多く残っています。

イギリスではロンドンに次ぐ大都市…と言われてもなかなかピンとこないかもしれませんが、ここではバーミンガム留学の知られざる魅力をご紹介しています!

パンフレットもらう

バーミンガム留学のメリットと特徴

  • 若者が集う大都市!昼も夜も遊びでいっぱい!
  • イギリスの歴史が学べる
  • 国際色豊かな街!いろんな国の文化に触れられる

歴史的建造物と近代建築物が点在するバーミンガムは、イギリスの歴史を感じさせながらも、大都市ならではの遊びにあふれる魅力的な街です。

観光スポットも、18世紀頃のイギリスにタイムスリップできる歴史的建造物、世界レベルの芸術を堪能できる美術館や劇場、イギリス国内で有名な超大規模ショッピングセンターなど見どころ満載です!

イギリスの歴史が学べる

産業革命で大きな発展をとげたバーミンガムには、当時の名残を感じられる歴史的建造物が多く存在します残されています。

特に、19世紀頃産業革命によって急増した労働者のための共同住宅「バーミンガム・バック・トゥ・バックス(Birmingham Back to Backs)」は、当時の生活を垣間見ることができる貴重な建造物です。

建物内部も忠実に再現されており、街の発展を支えた労働階級の人々の暮らしから多くのことを学べます。
ほかには、産業革命時代に開拓された運河巡りや、歴史的価値が高い展示物を見学できる博物館巡りなどが人気です。

英語だけではなく、イギリスの歴史を学びたいという方にぴったりな街ですね。

バーミンガムの美術館

若者が集う大都市!昼も夜も遊びでいっぱい!

バーミンガムは産業革命を支えた工業地帯でしたが、現在はそのなりをひそめ、商業施設開発や留学生の呼び込みに力を入れています。

闘牛のような独特のオブジェが目印のショッピングセンター「ザ・ブルリング」には、160以上もの店が立ち並び、買い物好きならぜひ立ち寄りたい場所!
また、映画『チャーリーとチョコレート工場』のモデルになったとも言われているチョコレート工場「キャドバリーワールド」も押さえておきたい観光スポットです。

夜になれば、街中のいたるところにあるパブやクラブに若者が集い、昼間とは一味違ったひと時を楽しむことができます。

学校で仲良くなったクラスメイトたちと、ショッピングや観光を満喫したり、パブやクラブに繰り出したりとワクワクの留学ライフが待っていることでしょう。

バーミンガムで買い物

国際色豊かな街!いろんな国の文化に触れられる

バーミンガムには、白人系のイギリス人やアイルランド人のほか、インド・パキスタン・バングラディシュ・中国・アフリカ系など多様な人種の人々が暮らしています。
ロンドンに次ぐ大都市ということもあり、国際色豊かな人たちが集っているのですね!

市内には中華街やパキスタン・インド人街などの外国人街もあり、その国ならではの文化イベントや料理を体験できます。

世界中から人が集まり、様々な文化と生活習慣が混在したバーミンガムではいろんな国の人や文化との出会いがありそうです!

バーミンガムが気になったら パンフレットもらう

バーミンガム留学の費用

語学留学した場合の費用目安

期間 費用の目安
1週間 約17~20万円
1ヶ月 約35~40万円
6ヶ月 約140~150万円

※航空券(往復)・語学学校の学費・滞在費・食費込みの金額

含まれない金額
おこづかい、海外旅行保険

語学留学のモデル費用(1ヶ月)

項目 費用
合計 約42万円
航空券(往復) 11万円
語学学校 16万円 ※授業時間数:20レッスン/1週間
滞在費+食費(ホームステイの場合) 9万円
おこづかい 4万円
海外旅行保険 2万円

バーミンガム留学にかかる費用は、1ヶ月で35~40万円ほどです。

大都市でありながら、ロンドンと比べて留学費が安く済ませられます。
ホームステイの料金は、ロンドンであれば1ヶ月あたり10万円を超える場合がほとんどですが、バーミンガムでは10万円以下に抑えることができます。

また、大学で学位取得を目的とした英語コースを受講する場合、年間の授業料は200万円前後かかります。
国内やEU圏の学生と比べると、留学生の授業料は高めに設定されている点に注意しましょう。

  • バーミンガム大学の英語コース(学士号):年間授業料17,640ポンド(約240万円)
  • バーミンガム・シティ大学の英語コース(学士号):年間授業料12,300ポンド(約170万円)

バーミンガムの物価

項目 費用
ペットボトルの水(1.5L) 1.06ポンド(約150円)
マクドナルドのセット 6.0ポンド(約840円)
最低賃金 8.21ポンド(約1,180円)
※2019年5月時点。上記は25歳以上の労働者の場合

参考:NUMBEO

バーミンガムの物価は、イギリス国内の水準では高い方と言ってよいでしょう。

街の中心部で部屋を借りると、1ベッドルームで1ヶ月あたり734ポンド(約10.2万円)ほどと東京の家賃相場よりかなり高くなります。
1ヶ月以内の短期留学の場合でも、ホームステイやシェアハウスの利用を検討するのがおすすめです。

外食に関しては、ランチ1食あたり12ポンド(約1,670円)ほどかかります。
食料品の価格は東京とあまり変わらないので、なるべく自炊して交際費や観光費にまわすと、より充実した留学プランにできるかもしれませんよ!

イギリスの留学費用についてもっと見る

パンフレットもらう

バーミンガムの基本情報

バーミンガムはイングランド中部、ロンドンの北西に位置しています。
バーミンガム近郊まで含むとおよそ230万人もの人々が暮らしており、ロンドンに次ぐイギリス第2の都市として栄えています。

18世紀までは小さな村でしたが、産業革命時代以降は、運河や鉄道が通る重要なポイントとなっていたことから工業都市として発展してきました。

蒸気機関車を発明したジェームズ・ワットや、金属加工の技術をもたらしたマシュー・ボールトンなどの偉人もバーミンガムで活躍したことで知られています。

そんな、イギリス史の中でも重要な位置を担うバーミンガムですが、現在は教育機関や商業施設、パブやクラブなど、若者や留学生が多く集うスポットが増え活気にあふれる街となっているんですよ!

項目 詳細
都市名 バーミンガム/Birmingham
英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)
(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)
ウェスト ミッドランズ州/West Midlands
公用語 英語
※ほか、ウェールズ語とゲール語が使われることもある
面積 267.8km²
人口 1,137,100人
 ※2017年時点。バーミンガム市議会公式サイト発表
通貨 ポンド(£)
日本からのアクセス 成田空港からオランダ・スキポール空港まで約12時間
⇒スキポール空港からバーミンガム空港まで約1時間15分
日本との時差 -9時間 ※サマータイム時は-8時間

エディンバラの日本人比率は?

少ない

バーミンガムは国際色豊かな都市ではありますが、日本での知名度は高くなく、ロンドンに比べると日本人の留学生や観光客も少なめです。
語学学校や街中で日本人をよく見かけたり、日本語が聞こえてきたり…といったことは滅多にないでしょう。

語学学校や大学などの教育機関は充実しており、留学生の受け入れも盛んであるため、学習環境は整っていると言えます。

「留学期間中は英語漬けの日々を送りたい!」という方におすすめの街ですよ。

気になるバーミンガムの治安について

危機意識を持って行動しよう

イギリス全体の治安は比較的良好とされていますが、その中でもバーミンガムに住む場合は注意しておくべきポイントがあります。

工業都市であり労働移民も多いため、夜には酔っ払いに絡まれたり、喧嘩に巻き込まれたりする可能性があります。
特に労働移民が多く住むエリアは犯罪率が高いと言われており、不用意に近寄ってはいけません。

  • 現地人が避ける危険なエリアには近付かない
  • 酔っ払いを見かけたら、目を合わさないよう注意し、すぐに立ち去る
  • 夜はなるべく複数人で行動する

など、警戒心をもって行動するようにしましょう。

バーミンガムの気候

バーミンガムの気温

イギリス中部に位置するバーミンガムは、年間を通して日本より気温が低めです。

渡航のベストシーズンは、5~9月にかけて。
夏は天気が安定している日が多く、最高気温が30℃まで上がる日もありますが、日本のような酷暑にはならないので比較的過ごしやすいでしょう。

冬は日照時間が短く寒いので、コートやダウンなどが必需品となります。
バーミンガムを含めイギリスは日中と夜との気温差が激しいので、上着を脱ぎ着して体温調整を行ってくださいね。

バーミンガム留学のよくある質問

バーミンガム留学はどんな人におすすめ?

アートや芸能など芸術分野に興味がある方、建築に興味がある方、パブやクラブなどを体験してみたい方、いろんな国の人と交流したい方などにおすすめです。特に、歴史的建造物と近代建築物が多いため、イギリスの歴史や建築に興味がある方にとって学びの機会にあふれていることでしょう。

バーミンガムのおすすめのスポットは?

バーミンガムには、アートや建築、バレエなどに興味がある方にとってワクワクするスポットが多くあります。無料展示と思えない素晴らしい作品群を見学できるバーミンガム美術館、ヨーロッパ最大規模のバーミンガム図書館、18世紀に建てられたバロック様式のバーミンガム大聖堂、バーミンガム・ロイヤル・バレエ団の本拠地であるバーミンガム・ヒッポドローム劇場などなど…いずれも人気の観光スポットなので、滞在中に足を運んでイギリスの芸術に触れてみるのもよいでしょう。

パンフレットもらう

イギリスの都市を見る

パンフレットもらう

イギリス留学関連情報