利用者 42 万人突破!

(2019年9月22日更新)

エディンバラ留学するなら!かかる費用やメリット、基本情報など

エディンバラ留学するなら!かかる費用やメリット、基本情報など

エディンバラは、イギリス最北端の地・スコットランドの観光都市として有名です。
エディンバラ城をはじめとする多くの歴史的建造物が今なお残っており、エディンバラの旧市街・新市街はユネスコ世界遺産に登録されています。

そんなエディンバラは、シーフードが美味しいことでも有名で「イギリスでグルメも楽しみたい」という方にもピッタリですよ!

パンフレットもらう

エディンバラ留学のメリットと特徴

  • 語学だけでなく、スコットランドの歴史も学べる
  • アート・演劇などの芸術好きにはたまらない!
  • 生の食材も入手できるため自炊のレパートリーが広がる

エディンバラはスコットランドのフォース湾に面した有名な観光都市で、スコットランドの首都でもあります。
エディンバラは独自の食文化や産業が栄えており、観光名所も豊富で見る場所に困りません。

こちらでは、そんなエディンバラで留学するうえでの魅力を3つに分けてお伝えします!

語学だけでなく、スコットランドの歴史も学べる

スコットランドは、推理小説家のコナン・ドイルや経済学者アダム・スミスの出身地としても知られ、産業革命以前から技術や研究の中心地として栄えてきました。
それゆえ、エディンバラはスコットランドの歴史が凝縮された街と言ってもよいでしょう。

エディンバラは、旧市街を残しつつ新市街を構成していったことによって非常に美しい街並みを作り出し、ユネスコの世界遺産に登録されているのも特徴です。

史跡も多いことから、語学だけでなくエディンバラを中心としたスコットランドの歴史を学ぶこともできます。
英語学習の合間にエディンバラの史跡を巡れば、濃密な留学生活になること間違いなしですよ!

エディンバラの風景

アート・演劇などの芸術好きにはたまらない!

エディンバラは、スコットランドでも芸術の発展が特にめざましい都市として知られています。
市内にはアートギャラリーや美術館が多数あり、巡り歩くだけでインスピレーションが刺激されそう!

また、世界最古の国際映画祭として有名な「エディンバラ国際映画祭」や、毎年8月に開催される芸術の祭典「エディンバラ・フェスティバル」も見逃せません。
エディンバラ・フェスティバルでは、演劇やダンスなどのパフォーマンス街町中で行われ、ストリートパフォーマーや観光客でとっても賑やかになるんです!

生の食材も入手できるため自炊のレパートリーが広がる

一昔前までは、「イギリスは料理がイマイチ」というイメージがありましたが、現在はイギリスの各所でグルメを楽しむことができます。
その中でも、スコットランドの料理はグルメ好きにも定評があるのをご存知でしょうか。

特に、エディンバラはシーフードが美味しいことで有名!
野菜やお肉だけでなく海の幸も豊富なので、食材を手に入れれば自炊もはかどります。

イギリスは外食費が特に高いことで知られているので、食費を節約したい方にとってスコットランドの食事情はとってもありがたいですね。

エディンバラはシーフードが美味しい

エディンバラが気になったら パンフレットもらう

エディンバラ留学の費用

語学留学した場合の費用目安

期間 費用の目安
2週間 約25~33万円
1ヶ月 約35~45万円
6ヶ月 約140~210万円

※航空券(往復)・語学学校の学費・滞在費・食費込みの金額

含まれない金額
おこづかい、海外旅行保険

語学留学のモデル費用(1ヶ月)

項目 費用
合計 約48万円
航空券(往復) 13万円
語学学校 17万円 ※授業時間数:20時間/1週間
滞在費+食費(ホームステイの場合) 11万円
おこづかい 5万円
海外旅行保険 2万円

エディンバラにある語学学校は、最低2週間から通えるコースが多いです。
授業料の目安は、一般英語コースで1ヶ月あたり800~1,270ポンド(約11~18万円)です。

一般英語コースのほか、IELTSやケンブリッジ検定などの試験対策コース、ビジネス英語コースなどがあります。
また、「エディンバラ・フェスティバル」の見学ができる特別コースがあるのはエディンバラの学校ならでは!

「語学もアクティビティも楽しみたい」という方は、ぜひエディンバラ・フェスティバルに参加できるプログラムを探してみてくださいね。

エディンバラの物価

項目 費用
ペットボトルの水(1.5L) 0.99ポンド(約140円)
マクドナルドのセット 5.01ポンド(約705円)
最低賃金 8.21ポンド(約1,180円)
※2019年4月時点。上記は25歳以上の労働者の場合

参考:NUMBEO

イギリスではロンドンが特に物価の高い都市として知られていますが、エディンバラもイギリスの中では物価は高めです。

たとえば、ロンドンとエディンバラで同じような食事をしたときにかかる外食費を比べてみると、以下のようになり2都市ともさほど差がないことが分かります。

  • ロンドンの場合:15.00ポンド(約2,175円)
  • エディンバラの場合:14.25ポンド(約2,065円)

エディンバラは豊富な食材をそろえられるという嬉しいメリットがあるため、積極的に自炊を行い食費を節約していくことがおすすめですよ!

イギリスの留学費用についてもっと見る

パンフレットもらう

エディンバラの基本情報

イギリス最北端に位置するスコットランドの首都・エディンバラは、スコットランドで2番目に大きな都市。
旧市街と新市街がバランスよく共存し、都会の便利さと田舎らしいのどかさが絶妙にマッチしています。
歴史のおもむきを感じられる街は、散策するだけでもワクワクしてきそう!

実は、エディンバラはあの有名ファンタジー「ハリー・ポッター」が生まれた地でもあり、街のあちらこちらに映画の場面をほうふつとさせる光景が見られます。

イギリスでも人気の観光スポットであるエディンバラ城は、「ハリー・ポッター」の象徴でもあるあの魔法学校のモデルになったとも言われているんですよ!
世界的名作を生み出した街と考えると、エディンバラがより一層魅力的に感じられますね。

項目 詳細
都市名 エディンバラ/Edinburgh
英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)
(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)
ロージアン州/Lothian
公用語 英語
※ほか、スコットランド語とゲール語が使われることもある
面積 264km²
人口 513,210人 ※2017年時点。スコットランド政府のデータより
通貨 ポンド(£)
日本からのアクセス 成田空港からヒースロー空港を経由し15時間前後
日本との時差 -9時間 ※サマータイム時は-8時間

エディンバラの日本人比率は?

少ない

エディンバラ総領事館が把握している在留邦人の数はおよそ2,000人弱。
エディンバラの総人口がおよそ50万人であることを考えると、日本人比率はほんのわずかですす。

エディンバラでは観光旅行に来た日本人に観光地で会うことはあっても、エディンバラで暮らしている日本人と会う機会はほとんどないといっても過言ではありません。

その分、英語環境は整っているので「集中的に語学力アップを目指したい」という方にはエディンバラ滞在はおすすめです。

エディンバラの治安について

良好だが防犯意識はしっかりと

外務省によると、エディンバラを含むスコットランド全体の治安はおおむね良好です。
エディンバラ市内では、エディンバラ大学があるニューイントン近辺りは富裕層が多いため治安も安定しており、女性も安心して暮らせるのでおすすめです。

ただし、中には不審者が多発するエリアがあったり、現地に慣れている長期滞在者であっても空き巣や窃盗の被害に遭うケースも報告されています。

  • 現地の人が避ける場所には近づかない
  • 知らない人から声をかけられても付いていかない
  • 居住先の防犯対策は手を抜かずチェックする

など、自衛意識はしっかりもちましょう。

エディンバラの気候

エディンバラの気温

エディンバラは「海洋性気候」という気候に属しており、緯度のわりに比較的温暖で真冬でも零下にまで気温が下がることはほとんどありません。

夏の最高気温も20度前半くらいで、40度の猛暑を記録した日本と比べると快適に過ごすことができるでしょう。

ただし、メキシコ湾流から吹き込む南西風が強いことと、年間を通じて雨が多いのが特徴です。
特に、10月から5月は北海から冷たく乾いた北風が吹き込み、体感温度がぐっと下がることも予想されます。
冬場の寒さ対策、雨具の用意は忘れないようにしましょう!

エディンバラ留学のよくある質問

エディンバラ留学はどんな人におすすめ?

「歴史が好き」「ヨーロッパの文化や街並みが好き」という方におすすめです。エディンバラの魅力はなんといっても、そのロマンあふれる街並み!街のそこかしこで歴史を感じることができ、どこを見ても日本とは異なったおもむきある景色が広がっています。通学やちょとした外出のときでも、ヨーロッパ特有の美しい光景を満喫できること間違いナシです。

エディンバラの主な移動手段は?

エディンバラの主な移動手段はバスです。本数が多く、街のほとんどのエリアを網羅しているため、交通の便において不自由を感じることはあまりありません。また、空港から街の中心部へのアクセスは、バスの他にトラム(路面電車)があります。バスより少し値段が高いものの、乗り心地がよく、荷物が多い到着時や帰国時には重宝されます。

パンフレットもらう

イギリスの都市を見る

パンフレットもらう

イギリス留学関連情報