利用者 41 万人突破!

(2019年5月25日更新)

ヨーク留学するなら!かかる費用やメリット、基本情報など

ヨーク留学するなら!かかる費用やメリット、基本情報など

イングランドの北部に位置する、歴史ある街・ヨーク。
ゴシック様式の建造物が数多く立ち並び、中世ヨーロッパの世界観に触れられるとして歴史好きから高い人気を得ています。

そんなヨークでの留学に興味を惹かれた方は、ぜひこちらを情報収集にご活用ください!

留学パンフレット
取りよせる

ヨーク留学のメリットと特徴

  • 中世ヨーロッパの世界観あふれる街!イギリスの歴史にも触れられる
  • のどかな雰囲気で治安も良好!都会の喧騒を離れのんびり暮らせる
  • 他の主要都市へのアクセスがよく、観光やショッピングも楽しめる

イギリスの中央部に位置する都市・ヨーク。
中世ヨーロッパの面影が色濃く感じられ、街を歩くだけで中世時代にタイムスリップしたような気分を味わえます。

「都会の賑やかさもよいけど、のんびり落ち着いた環境で勉学に励みたい」という方におすすめの渡航先です。

中世ヨーロッパの世界観あふれる街!イギリスの歴史にも触れられる

中世ヨーロッパにタイムスリップしたような気分を味わえる街・ヨークには、滞在するならぜひ足を運びたい場所がたくさんあります。

ヨークでも特に有名な建造物・ヨーク大聖堂は、250年以上もの歳月をかけ建てられた、北ヨーロッパで最大のゴシック建築。
世界最大級のステンドグラスは圧巻の美しさで、世界中から観光客が押し寄せる名所です。

ほかにも、ヨーク城やシャンブルズの石畳、考古学にまつわる重要な史料が展示しているヨークシャー博物館など、ヨークやイギリスの歴史に触れられるスポットが多くあります。
語学と併せてヨークの歴史も学べば、より奥深い留学体験ができることでしょう。

ヨークの歴史建造物

のどかな雰囲気で治安も良好!都会の喧騒を離れてのんびり暮らせる

人口わずか20万人ほどの小ぢんまりとした街・ヨークは、人気の観光地であると同時に田舎らしいのどかな雰囲気を漂わせています。
おとぎ話に出てくるような街並みや豊かな自然は、都会の喧騒を離れてのんびり過ごすのにぴったり!

ヨークの街並み

「都会の喧噪が苦手」「伸び伸びできる環境で勉強したい」という方におすすめの都市です。

ヨークはイギリスの中でも特に治安が安定している地域であり、犯罪率も低く、基本的には夜でも安心して外出することができます。
女性でも安心して滞在できるのもポイントですよね!

他の主要都市へのアクセスがよく、観光やショッピングも楽しめる

ヨークは、イギリスの主要都市へアクセスしやすい街です。
首都であるロンドンはもちろん、ショッピング街として有名なリーズ、サッカーや音楽の街・マンチェスターなどへ電車で気軽に訪れることができます。

イギリスは都市ごとに多彩な魅力をもっている国なので、留学の合間にいろんな地域を周遊してみるのも楽しいでしょう。
普段はのどかなヨークで勉強に励み、休日はほかの主要都市を周って観光…といった充実のプランを立てられますよ!

ヨークが気になったら 留学パンフレット
取りよせる

ヨーク留学の費用

語学留学した場合の費用目安

期間 費用の目安
1週間 約18~21万円
1ヶ月 約35~40万円
6ヶ月 約140~155万円

※航空券(往復)・語学学校の学費・滞在費・食費込みの金額

含まれない金額
おこづかい、海外旅行保険

語学留学のモデル費用(1ヶ月)

項目 費用
合計 約42万円
航空券(往復) 12万円
語学学校 15.5万円 ※授業時間数:20.8時間/1週間
滞在費+食費(ホームステイの場合) 8.5万円
おこづかい 4万円
海外旅行保険 2万円

ヨークの語学学校の授業料は1週間あたり5万円弱、1ヶ月だと15万円ほどになります。
ヨークは他都市と比べてホームステイ代が安く、ロンドンの例と比較すると5万円以上おトクに利用できますよ!

教育で高い評価を得るヨーク大学では、サマースクールや短期英語コースも開講しています。
サマースクールは2週間で1,995ポンド(約28万円)で受講でき、小旅行などのアクティビティも組み込まれてるので「語学も観光も楽しみたい」という方におすすめです。

ヨーク内のアパートを探してみると、1ヶ月の賃貸料はおよそ700ポンド(約9.6万円)からです。
食事付きのホームステイのほうが安く済む場合もありますが、プライベートを重視したいという方はアパート物件を探してみるのもよいでしょう。

ヨークの物価

項目 費用
ペットボトルの水(1.5L) 1.07ポンド(約150円)
マクドナルドのセット 5.50ポンド(約770円)
最低賃金 8.21ポンド(約1,180円)
 ※2019年5月時点。上記は25歳以上の労働者の場合

参考:NUMBEO

ヨークの物価感覚は、は日本の東京と同じくらいです。

外食はランチ1食で11ポンド(約1,500円)ほどですが、イギリスにはチップの習慣があるので、外食が多いと東京よりも食費はかさみます。
地元のスーパーで食材を購入し、自炊で節約するのがおすすめです。

バスなどの交通機関の料金は、首都のロンドンに比べると安めです。
家賃に関しては、1ベッドルームの賃貸料金が1ヶ月あたり700ポンド(約9.6万円)ほどから。

留学費用を少しでも抑えるなら、学生寮やホームステイ、シェアハウスなどの滞在方法を選ぶとよいでしょう。

イギリスの留学費用についてもっと見る

留学パンフレット
取りよせる

ヨークの基本情報

イングランドの北部、ノース・ヨークシャー州に位置するヨーク。
その起源はローマ時代までさかのぼり、「ヨークの歴史はイングランドの歴史」と称されるほどイギリスの歴史を語る上で欠かせない都市なんですよ。

寺院や城壁など歴史的に重要な建造物がいたるところに立ち並ぶ一方、1万人を超える学生が学ぶヨーク大学やショッピングスポットなど、若者の活気が感じられるエリアも存在します。

またヨーク市内には、あの人気ファンタジー映画『ハリー・ポッターシリーズ』の舞台モデルになった場所もあり、ファンタジックな街並みも随所に見ることができます。
街全体がフォトジェニックな雰囲気にあふれているので、ヨーロッパ好きやファンタジー好きな方にとってワクワクが止まらない街とも言えそうです!

項目 詳細
都市名 ヨーク/York
英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)
(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)
ノースヨークシャー州/North Yorkshire
公用語 英語
面積 271.9 km²
人口 208,163人  ※2017年時点。イギリス統計局のデータ参考
通貨 ポンド(£)
日本からのアクセス 成田空港からリーズ・ブラッドフォード国際空港まで乗り継ぎ便で14時間30分
⇒空港から電車・バスで約30分
日本との時差 -9時間 ※サマータイム時は-8時間

ヨークの日本人比率は?

少ない

ヨークの住民はほとんどがイギリス人のため、さまざまな人種が集まるロンドンと少し印象が異なります。
日本人をはじめ、アジア系の住民を街で見かけることはほとんどありません。

留学生についても、世界各国から多くの学生が集まってはいますが、ロンドンと比べると日本人は極わずかと言えます。
日々が英語漬けの環境なので、「集中的に英語力を鍛えたい」という方にヨークの街はぴったりですよ!

ヨークの治安について

安定しており住みやすい

ヨークは犯罪率が極めて低く、イギリス国内では治安のよい街としてランキング入りしているほどです。
理由の1つに、ヨークの住民のほとんどが白人系イギリス人で、なおかつ中流階級以上の層が多いため、スリや暴行などの犯罪が起こりにくいことが考えられます。

他の都市に比べると住民の年齢層も高めで、街全体に落ち着いた雰囲気が感じられます。
もちろん、どんなに安全な地域であっても基本的な防犯意識はもっておくべきですが、イギリスの中でも安心して暮らせる街と言っても過言ではないでしょう。

ヨークの気候

ヨークの気温

ヨークの夏は最高でも20度を少し超えるくらいで、日本のように猛暑になることなく快適に過ごすことができます。

冬の最低気温は0度をわずかに下回るくらいで、日本の東京と似たような気温です。
コートやマフラーなど、日本と同じような防寒対策をすればよいでしょう。

ヨークの春・秋は朝晩にぐっと冷え込む日もあるため、ジャケットなど羽織れるものや、薄手のマフラーや手袋などを持参しておくと安心です。

ヨーク留学のよくある質問

ヨークに直行便はありますか?

残念ながら直行便はありません。ヨークから最も近い空港として、バスまたは電車で30分ほどのリーズ・ブラッドフォード国際空港があるほか、電車で2時間ほどのマンチェスター国際空港もあります。日本からはヨークへは、イギリスの各都市を経由して目指すとよいでしょう。首都のロンドンを経由する場合は、日本からヒースロー空港まで直行便が出ています。ヒースロー空港から地下鉄でキングス・クロス駅まで移動し、そこからヨークまで特急に乗る方法が一般的です。

ヨークは移動に困りませんか?

ヨークに地下鉄はないものの、電車やバスなどの交通機関は充実しているため移動手段に困ることはないでしょう。リーズやマンチェスターなどの近隣都市へも、電車でスムーズに行くことができます。イギリスで人気の観光都市・エディンバラへも、直便で3時間もあれば到着します。休日のちょっとした観光にも不便することはないですよ。

ヨークは食料や日用品などの買い物に困りませんか?

田舎のような穏やかさが感じられるヨークの街ですが、世界から留学生や観光客が集まる地域でもあるので、ショッピングスポットや飲食店も充実しています。中心部のシティーセンターには日本でも人気のファストファッションの店舗が入っていますし、スーパーも多いので自炊したい方にも便利です。イギリス名物のスコーンや紅茶を堪能できるお店や、夜になればイギリス文化に欠かせないパブを楽しむこともできます。

留学パンフレット
取りよせる

イギリスの都市を見る

留学パンフレット
取りよせる